「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」を出版したことで改めて応援と感謝のパワーに気付く。

TwitterやFaceboookを使ったことがある人なら実感していると思いますが
自分の投稿をRTしてくれたり、「いいね!」してもらうのはとてもうれしいことです。
応援してくれた相手に対しての好感度もアップしますし
その方の投稿が気になったり、応援をしたくなるものです。

ソーシャルメディアをビジネスに活用する一歩は
自分で本当に伝えたいことを投稿することと
仲間の投稿を応援をすることだと私たちは考えています。
まずは自分から、ソーシャルグラフの仲間の投稿に「いいね!」を押したり
シェアするなどの「応援」をし始めると
リアルの人間関係と同じようによいことが起こるようになります。

この応援を積極的に幅広く行うことで
多くの仲間から応援してもらえるようになっていきます。
この法則を私たちは「応援と感謝」と呼んでいます。

今回Twitterの伝道師として有名なノブ横地さんとの共著の
ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
扶桑社から出版させていただきました。
その中でもこの「応援と感謝の法則」について書かせていただいています。
ノブ横地さんは以前からソーシャルメディアは応援のメディアだと喝破し
日本全国で応援することを多くの方々にセミナーで伝えてきました。

私も2年前にそのセミナーを聞いて、「応援と感謝の法則」に共感し
ソーシャルメディアの活用法を変えてみました。
一方通行のメディア型の情報発信ではなく、仲間との交流を意識し
よいと思った投稿にはコメントを付けたり、積極的なシェアを心がけました。
その結果かもしれんませんが、今回の出版でも日本全国の多くの仲間から
ソーシャルメディアでの書籍のシェアや書評ブログをアップいただいています。
みささんの応援に感謝申し上げます。ありがとうございます!

今回、みなさんから応援されることで私はとてもハッピーになれたのです。
応援と感謝でこれほど精神的な満足を得られるとは思いませんでした。
ソーシャルメディアの人のつながりからこんなに幸せが実感できるとは
数年前には思ってもいませんでした。
応援と感謝でハッピーになれ、脳を満足させることができるのです。
ソーシャルの仲間の応援はそれほどパワフルだったのです。

ノブ横地さんとの偶然の出会いとその後の交流で意気投合し
今回ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
出版するチャンスをいただきました。
また、この出会いから多くのソーシャルメディアの仲間も作れました。

友達の友達が幸せを運んでくると私はセミナーでよくお話をしますが
ノブ横地さんとの交流がきっかけで仲良くなった多くの友達が
私を日々応援してくれることで、私の人生は日々楽しくなっています。
今回の出版でソーシャルメディアの応援と感謝のパワーを改めて実感した次第です。
ネットワークが大きくなればなるほど
応援と感謝のパワーはアップしていくのです。

ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣には
多くの成功者の活用事例が書かれています。
Facebookを活用してビジネスを変えるためのヒントが満載です。
この本で紹介させていただいた有名人ではない普通の方々の事例を
真似することが成功への第一歩です。
応援と感謝のソーシャルメディア活用でみんさんの売り上げアップを
狙えると私たちは確信しています。

彼氏なしでも絶対うまくいく! 1%自分を変えれば、100%理想の彼と出会える
リリースした澤口珠子さんとソーシャルメディアを使って
出会いをデザインする方法についてお話しするセミナーを10月18日に開催します。
詳細はこちらからお願いします。
※女性は閉め切りましたので男性限定で参加者を募集しています。


アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント