CX

スポンサーリンク
イノベーション

そのビジネス経済学でスケールできます。(ジョン・A・リスト)の書評

シカゴ大学経済学部教授のジョン・A・リストは、スケーラブルなアイデアに備わっている5つの特徴を明らかにしています。①偽陽性 ②人口の代表性 ③状況の代表性 ④スピルオーバー ⑤コスト この5つのバイタルサインをすべてクリアできれば、その事業はスケールできるのです。
DX

売れない問題 解決の公式(理央周)の書評

Product、Target、Communication頭文字をとった「PTCモデル」とPDCAサイクルを組み合わせることで、顧客理解が進み、売上がアップします。「売れる仕組み」は「何を=差異化されたプロダクト」「誰に=的確なターゲット設定」「どうやって=顧客とのコミュニケーション」の戦略を立てただけではなく、計画を実践しましょう。
イノベーション

Hit Refresh(サティア・ナデラ)の書評

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOのCは「culture(文化)」のCで、自分を文化の管理人だと捉えています。彼の仕事は社員がマイクロソフトと取り決めたそれぞれのミッションを達成するのを手助けすることなのです。文化とは社員の間に広まるものであり、何千、何万もの社員が毎日下す数え切れないほどの判断の総体なのです。
イノベーション

文化を築くためにCEOが実践している4つのこと。CEOエクセレンス 一流経営者の要件の書評

リーダーは企業文化を変えることで、従業員の職場環境を徹底的につくり変え、進捗状況を規律をもって測ることができるようになります。ベストなCEOは、自分自身も変われることを言葉や行動を通じて示すことで、変革への取り組みをより一層強化できるようになるのです。
AI

CEOエクセレンス 一流経営者の要件(キャロリン・デュワー, スコット・ケラー)の書評

顧客体験を高め、社会的な意義がある会社をつくるために、ベストなCEOは大胆なマインドセットによって、勝負に勝つことの先まで見据えた、ゲームを再定義するビジョンを描いています。そのために彼らは早く、頻繁に大胆に動いているのです。彼らはM&A、事業投資、生産性改善、差別化、リソース配分などの施策をスピーディに行っていたのです。
イノベーション

マッキンゼー 勝ち続ける組織の10の法則 (スコット・ケラー, メアリー・ミーニー)の書評

マッキンゼーの著者たちが明らかにした10の法則を実践することで、勝ち続ける組織をつくれます。①優れた人材を獲得し、定着させる ②勝つために必要な人材を育成する ③潜在能力をフルに発揮させるためのパフォーマンス管理 ④パフォーマンスを上げるトップチーム ⑤意思決定の質と量を高める ⑥最大の価値をより速く創出するための組織再編の方法 ⑦間接費を持続的に削減する ⑧組織文化を競争力にする ⑨組織全体の変革を行う ⑩リーダーの移行を成功させる
イノベーション

事業開発一気通貫 成功への3×3ステップ(秦充洋)の書評

事業開発は以下の「3サイクル×3ステップ」を一気通貫で行うべきです。[1]発想のサイクル ①事業コンセプト②顧客への提供価値③顧客検証[2]モデル化のサイクル ④バリューチェーン⑤マネタイズモデル⑥キャッシュフローモデル[3]実行と巻き込みのサイクル ⑦チームとアライアンスを育てる⑧事業とオペレーションを絶えず見直す⑨事業開発を組織で支える
SX

絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?〜 (清水康一朗)の書評

絆徳(ばんとく)企業の最大の特徴は、働く幸せを実感する社員がいて、理念と経済合理性の両方を高いレベルで矛盾なく実現していることです。従業員と共に環境など社会をよくする経営を行なっていれば、リピーターが増加します。また、SNSやリアルでの口コミ効果で新規顧客も獲得できるようになります。
イノベーション

FLAMIN’HOT 逆境に打ち勝つ「弱き者」の成功法則(リチャード・モンタニェス)の書評

エグゼクティブのように考え、オーナーのように行動すれば、アイデアが浮かび、チャンスの扉が開かれます。リチャード・モンタニェスは10のスキルを身につけることで工場の用務員から、ペプシコの副社長までに上り詰めます。彼の思考と行動をまねることで、逆境を乗り越え、成功を手に入れられます。
DX

EX(Employee Experience)をまず、高めよう!感動CX: 日本企業に向けた「10の新戦略」と「7つの道標」の書評

経営者と社員があらゆるタッチポイントで、ビジョン・ミッションをパションを持って顧客に伝えることで、感動する顧客が増加します。ファンになった顧客が自らの感動CXをナラティブとして発信することで、共感の輪が広がります。感動CXは実は計画的に生み出すことができるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました