CX

スポンサーリンク
フレームワーク

超進化経営 勝ち続ける企業の5つの型 (名和高司)の書評

伝統の中には革新の萌芽が内包されています。それを読み解き、開花させ、企業自らが変態することが進化企業の腕の見せ所です。伝統だけにしがみつかず、新しい波にも飛びつかず、自社の強みから異結合を生み出すことで、自社独自のイノベーションを起こせるようになります。
チームワーク

Z世代化する社会―お客様になっていく若者たち(舟津昌平)の書評

Z世代は社会の変化を敏感に察知し、現代のトレンドや問題を体現しています。著者は、若者たちが経験する悩みが上の世代の影響を強く反映していると指摘しています。そのため、大人たちは彼らにプレッシャーをかけるのではなく、良い手本を示し、彼らを育てる役割を担うべきです。
戦略

レスポンシブル・カンパニーの未来――パタゴニアが50年かけて学んだこと(ヴィンセント・スタンリー, イヴォン・シュイナード)の書評

パタゴニアは地球を救うというミッションを掲げ、そのための具体的な行動に取り組んでいます。責任ある企業は、パタゴニアのように現実の課題をストーリーにし、戦略を展開すべきです。信頼を得るためには、自社の強みと弱みを率直に語ることが不可欠であり、理想と現実のギャップを埋める努力が求められます。
戦略

創造的破壊者とは大企業に笑われても、あきらめない存在。Love the Problemの書評

創造的破壊者は、大企業からの疑念や嘲笑にも屈せず、自らの信念とイノベーションを追求し続ける人々です。彼らは、既存のビジネスモデルや技術が持つ限界を超える新たな価値を創造しようと努力します。この過程で直面する挑戦や反対意見は、彼らの決意をさらに固くし、革新的なアイデアを実現するための糧となります。
イノベーション

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる(ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー)の書評

発達指向型組織(DDO)は、メンバーが自らの弱さや課題をオープンに共有し、お互いに助け合いながら成長していきます。この組織文化では、個々のメンバーが自分自身と組織全体の成長と発達に焦点を当て、他者と共に学び合うことが重要視されています。彼らは弱さや課題を隠すのではなく、表に出すことをよしとしています。
SX

ファンを集められる会社だけが知っている 「ブランド人格」 (鬼木美和)の書評

「ブランド人格」の構築により、企業や個人は独自の価値観や特徴を強調し、競合との差別化ができるようになります。これは共感を得やすくし、理解されやすい関係性を築き、長期的な信頼と協力を生み出します。また、これにより新しい提案やアイデアが受け入れられやすくなります。
リーダー

DBSのDX戦略、なぜ面白い銀行は生まれたのか?REWIREDの書評

マッキンゼー REWIRED―デジタルとAI時代を勝ち抜く企業変革の実践書 エリック・ラマール, ケイト・スマージュ 東洋経済新報社 マッキンゼー REWIRED(エリック・ラマール)の要約 DBSは、データ主導型の組織への移行を進めるため...
リーダー

マッキンゼー REWIRED―デジタルとAI時代を勝ち抜く企業変革の実践書 (エリック・ラマール, ケイト・スマージュ)の書評

デジタルとAIの進化により、ビジネス環境は急速に変化しています。企業がこの変化に適応し、競争力を維持するためには、ビジネスの配線をし直すこと、「REWIRED」が必要です。DXによる企業価値の向上を達成することができます。経営者は、将来の成功に向けて積極的に行動し、変革をリードする覚悟が求められます。
パーパス

AIファースト・カンパニー――アルゴリズムとネットワークが経済を支配する新時代の経営戦略(マルコ・イアンシティ, カリム・R・ラカーニ)の書評

AIファースト・カンパニーになることで、企業は効率化、生産性向上、顧客ニーズの深い理解など多くのメリットを享受できます。そのために企業は経営戦略を見直し、組織文化を改革する必要があります。デジタル化、アナリティクス、AI、機械学習の発展は、ビジネスの拡張性を大幅に強化し、事業価値を一気に高めてくれます。
イノベーション

マーケティング「つながる」思考術 「こんなはずじゃなかった」と決別するために知っておくべき売上に至るまでの「点と線と面」(池田紀行)の書評

売上はさまざまな要素が組み合わさって形成されるため、マーケティング戦略もそれに合わせて構造的に考える必要があります。戦略は単純な一直線の道のりではなく、多面的な構造を持つべきです。このように全体を見渡し、細部にも目を配ることで、短期的な成功と長期的なビジョンの両方を達成することができるのです。
スポンサーリンク