ちきりん

スポンサーリンク
習慣化

生産性を高めることで得られる3つのご褒美。

生産性を意識すると、人生の希少資源である時間やお金を、自分が本当に手に入れたいモノだけのために使えるようになります。(中略)「みんなと同じ」をやっていては、自分がやりたいことをやるための時間もお金も足りなくなるからです。私の場合そうでなくと...
習慣化

無駄な時間を減らすための4つの方法

1、「すべてをやる必要はない!」と自分に断言する 2 まず、「やめる」 3、「最後まで頑張る場所」は厳選する 4、時間の家計簿をつける(ちきりん) photo credit: Martin Lopatka shadow ...
習慣化

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」の書評②

生産性が高い生活とは、「時間やお金など人生の希少資源を最大限有効に活用し、自分が欲しいモノを手に入れる生活」です。(ちきりん) photo credit: Alexander Rentsch Haus der Kulturen de...
習慣化

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」の書評

お金と時間は個人にとってもっとも貴重な資源です。だからそのいずれについても、できる限り大切にすべきです。そして時間を大切にするためにもっとも気をつけるべきことは、自分の時間を簡単に売らないことです。残業代を得るために時間を売るのがよくないの...
書評

中学校から未来を見据えた授業が必要かも?

中学校で学ぶ科目を選択制にするのは、中学生に将来の職業を今すぐ選べってコトじゃなく、自分の人生を自分で決める練習をさせようという話なんです。(ちきりん)ちきりん氏と梅原大吾氏の悩みどころと逃げどころの教育論には共感します。 日本人は自分の夢...
習慣化

おじさんでも、みらいにチャレンジできるのか?

早く行きたいなら一人で、遠くへ行きたいならみんなで行け。 If You Want To Go Fast, Go Alone. If You Want To Go Far, Go Together (アフリカのことわざ) 自分一人で動いている...
書評

学校の授業はなぜ、面白くないのか?悩みどころと逃げどころの書評

だって授業っていうのは、子ども40人を前に先生という役者が劇を演じてるようなものでしょ。もし劇場でお客さんが寝ちゃったら、おもしろくない芝居をした脚本家や役者のせいになる。なのに学校だと、寝てる子どものほうが悪いって話になる。おかしいと思い...
習慣化

悩みどころと逃げどころ(ちきりん&梅原大吾著)の書評

悩まずに何かがつかめる人など、ひとりもいないのです。ラクな人生なんてどこにもない。でも、もがいてあがいてトコトン自分と向き合ってこそ、それぞれの人がそれぞれの 「いい人生」と巡りあうことができる。(ちきりん) ちきりん氏と梅原大吾氏の悩みど...
習慣化

シリコンバレーの失敗で許されない経営者とチャレンジマインドの鍛え方

サイボウズの創業者で 現在はSevenDays代表として活躍している高須賀宣氏と 先日のミーティグの際に、シリコンバレーで失敗した場合に 許されないタイプの経営者を教えていただきました。 シリコンバレーは失敗しても許される社...
習慣化

人脈はただやみくもに名刺を集めるだけでできるわけではない。

人脈づくりとは、名刺を集めることではないという ちきりん氏の考え方に共感します。 ちきりん氏のゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法の中の 人脈についての言葉が響きます。 本当は人脈が多いことより、本人が魅力的であるほうがよ...
スポンサーリンク