本多静六

スポンサーリンク
名言

本多静六の寄付と投資という生き方

本多静六氏は倹約を旨とし、給料の4分の1を貯蓄し、投資をしながら現在の100億円という資産を手に入れます。そしてほぼその全額を教育機関に寄付します。未来の若者のために投資し、それを寄付することで、本多氏は幸せを手に入れました。寄付を習慣にし、世の中とつながることで幸福度はアップします。
習慣化

本多静六氏の人生計画の立て方の書評

人間は活動するところ、そこに必ず新しい希望が生まれてくる。希望こそは、人生の生命であり、それを失わぬ間は、人間はムダには老いない。(本多静六) photo credit: Informedmag writing diary ...
習慣化

本多静六とブライアン・トレーシーの共通点はカエルを食べることだった。

行き詰った時は、自分が変わる時(福島正伸) 仕事で行き詰まったり、人間関係での悩みなど 人生にはいろいろなことがありますね。 辛いことが起こるとネガティブなことを考えがちですが 悲観的なことを考えすぎると、よりマイナスなことが起こってしまい...
習慣化

本多静六に学ぶ、病気にならない方法

事実、私どもが毎日忙しくそれからそれへと努力していると、なかなかもって病気をしたり、不平をいつたり、怒ったりするひまなんかない。病気や憤怒や不平や苦痛は意気地なしの怠け者の負うべき荷物だというべきである。ここに忙しくて病気などしているひまが...
習慣化

本多静六の生き方がすごすぎる!

人は気の持ち方一つで、陽気にも陰気にもなり、愉快にも悲しくもなるものである。(本多静六) 人は気持ちの持ち方次第で、ハッピーにもなれますし、アンハッピーにもなれます。 このルールを私たちはついつい忘れがちです。 特に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました