神田昌典

スポンサーリンク
サブスクリプションモデル

マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリシのおもてなし幻想の書評

顧客のロイヤルティを高めるために重要なことは、顧客の努力の軽減、すなわち顧客に手間をかけさせないことです。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、喜びを与えるサービスではなくより手間のかからないサービスに注力すべきです。
イノベーション

神田昌典氏、池田篤史氏の人間学×マーケティング (未来につづく会社になるための論語と算盤)の書評

中小企業の飛躍には、人間力とマーケティング力を組み合わせることが欠かせません。「論語」(人間学)を深耕しながら、「算盤」(マーケティング)を活用することで、会社は成長します。未来の顧客を喜ばすことをイメージし、そこから逆算し、強い新規事業を立ち上げましょう。
習慣化

PASONAの法則で、顧客の問題を解決する7つのテクニック

コピーを書く際に多くの人が美しく、流麗な文章を書こうとしますが、それはあまり意味がありません。売れるコピーを書くためには、「文章力」よりも「構成力」が重要です。 PASONAの法則を活用し、顧客の問題点を炙り出し、読み手に解決策を提示するようにしましょう。
セレクト

神田昌典氏、衣田順一氏の売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000の書評

PASONAの法則を活用し、言葉と構成を意識することで、読者に届くコンテンツが書けるようになります。読者に寄り添う文章を書くことで、共感が生まれ、ものやサービスが売れるようになるのです。本書の667の単語と2000のフレーズを活用することで、文章のレベルを一気に引き上げられます。
習慣化

経営者が若い世代を活用した方が良い理由 神田昌典氏のマーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤の書評

会社を成長させたければ、経営者は時代の変化に適合すべきです。新しいテクノロジーを試すことで、若者世代との会話が進みます。若者のアイデアを取り入れ、ソーシャルメディアやコミュニティを活用することで、熱狂的な顧客を作れるようになります。
アマゾン

神田昌典氏のマーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤の書評

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤 著者:神田昌典 出版社:日本経済新聞出版社 本...
AI

神田昌典氏のインパクトカンパニーの書評

神田昌典氏は「経済的に成長しながら、同時に、事業を通じて社会問題の解決を目指す中小企業」をインパクトカンパニーと定義します。AIやロボティックスなどのゲーマ経営者と手を組み、成熟企業を再成長させる「ビジネスモデル」を構築しましょう。
習慣化

習慣を変えたい人に朗報!コボリジュンコ氏の習慣デザインシートを活用すれば、理想の自分に近づける!

人間の行動には、大前提がある。それは、現在と未来のギャップが大きく広がるほどに、そのギャップを埋めるために、人はアクション(行動)を起こす、ということだ。(神田昌典)しかし、未来に、自分は満足になれると期待できる。しかも、その可能性が極めて...
書評

挑戦する会社(神田昌典著)の書評

神田昌典氏の新作挑戦する会社を読んでいます。 いつもながらの視点で未来の私たちの生き方をサジェストしてくれています。 今回は冒頭のコミュニティ論に共感しました! ダントツの結果を出したいなら、ダントツの結果を出す人の多い環境に身を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました