一日2時間の睡眠時間が40年間で10年間の違いを生み出す。 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5時に起きる人と、7時に起きる人が、もし同じ時刻に寝るとすれば、40年間に10年分の違いが生まれる。(ドッドリッジ)

早起きをする理由を質問されると、この言葉を思い出すようにしています。
以前の私はお酒が大好きで、時間を浪費していました。
一日2時間の早起きすれば、10年間の時間を手に入れられるのです。
今は朝型の生活にシフトしているので
朝から自分をコントロールすることで有意義な時間を過ごせるようになりました。

早起きして、ブログを朝一から自宅で書くのですが
これが私をワクワクさせてくれます。
書くことを習慣化したことで、書くことが好きになったのです。
朝から文章を書き、集中することで、一日を気持ちよくスタートできます。
その後ウオーキング、電車での読書、二本目のブログを書くことなどを
朝の通勤前の習慣にしています。

この二時間でインプット&アウトプットを徹底することで、朝の良い時間を過ごせます。
多くのタスクを一日の早い時間でこなせているので
気分がすっきりした状態で、出社後の時間を使えるのです。

朝早起きするだけでなく、一日のスタート時の時間を上手に使うことは
他の時間を使うより、遥かに価値があります。
やるべきことが決まっていれば朝はスムーズに起きられます。
それがワクワクすることだと余計に楽しく起きられます。
自分がやりたいことを朝一からできると思えば
スッキリ気持ちよく起きられますから、この習慣はお薦めです。

2007年に断酒して以来、朝型の生活にシフトできましたが
最近は朝の早起きがつらくなくなりました。
ブログと読書をセットで習慣化することで、朝の1時間が
他の時間の2、3倍の価値を持つようになりました。

朝の早起きのためには、自分を追い込むこともキッカケになります。
仕事を夜残業して終わらせるのではなく
朝早起きして、タスクをこなすようにするのです。
夜なら2時間位かかるようなタスクが、朝の一時間で終わるなど
朝の終業前にデッドラインを決めると
自分が見積もった時間より、早くタスクを終わらせられるのです。
脳を朝から動かした方が、間違いなくタスクが早く終わる気がしています。

早寝早起きは、人を健康に、富裕に、そして賢明にする。(ベンジャミン・フランクリン) 

私は早寝早起き、断酒を習慣にすることで、驚くほど人生が変わりました!

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る