変わるためには、朝活という選択肢がありますよね。

前にも書きましたが
人間が変わるためにはいくつかの方法があります。

人がらみであれば
積極的に人に会う。
付き合う人やグループを変える。

場所がらみで言えば
引っ越す。

ビジネスがらみで言えば
転職する。
ビジネスコンセプトを考えて起業する。

あとは
読書をする。
旅に出る。
外国語を習う。
新しい勉強をスタートする。

などなどが考えられます。

でも、変わるための共通点は
過去の自分を起点にして
新たなるアクションを通じて、
自分に足りない何かを発見をして
自分を変えるということだと思います。

転職してソーシャルおじさんの活動を始めてから
半年近く経ちました。
ちょっと活動に慣れが生じて
いつの間にか
昨日と同じ今日になってきました。

最近、やれていない事を整理してみると
新しい発見が足りていません。
時間軸を考えると
今は朝活が良い気がします。
新しい出会いと勉強が可能な朝活!
最近、それがやれていません。
以前出来た事がやれていないのは
退化かもしれないと思い
ちょっと悲しくなりました。

今週は池田千恵さんの朝食会に参加しますが
参加だけではなく
自分が幹事になって
汗をかいて新しい出会いを設計したいなと
無性に思い始めています。

唐突ですが
ソーシャルおじさんと朝活したいという
首都圏の皆様
よろしければtwitter Facebookで
ご連絡ください。
折角ですからご一緒して
一緒に読書などいたしませんか!

ソーシャルおじさんのページ クリックしてご支援ください。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました