ワイハ情報局というUSTに出演して、旅行業のソーシャル化に気付きました。

頭の中がハワイアン!
波の音とノースショアの風が吹いているようです。
なぜかというと5月19日に
ハワイ関連の情報を配信する
UST番組「ワイハ情報局」に出演してきたからです。

このUST「ワイハ情報局」は
ハワイ関係者の中ではとても有名な番組です。
最新のエアーやホテルの旅行情報
現地の流行、音楽、フラ情報などが毎週毎週
見れるというハワイ好きにはたまらない番組です。

その番組にソーシャルおじさん徳本がなぜだか
ゲスト出演して参りました。

なぜでしょうか?
理由は実はこの番組を書籍
図解 ソーシャルメディア早わかり (1時間でわかる)
で紹介させていただいたからです。

実はUST番組は、比較的若い視聴者が
見ていることが多いのですが
この「ワイハ情報局」は年配のフラ好きの方などが
多く視聴している番組だと伺い、
興味があって番組を取材させていただきました。
実際、twitterを知らない視聴者が多くいて
番組の中でツイートのやり方講習会などを
行っているそうです。
USTとソーシャルストリームのメリットを活かして
インタラクティブに色々な取り組みをしているのです。

私ソーシャルおじさんのお題は
「ソーシャルメディアとは何かをわかりやすく解説せよ!」
ハワイ的ソーシャルメディア解説を
番組内でさせていただきました。

ソーシャルメディアの中で
USTはわかりやすく説明可能な動画です。
そのメリットをこの番組の方々は
とても上手に使われていました。

TV感覚でハワイの最新情報を
USTで見れる「ワイハ情報局」は
今後の地上波との棲み分けや
UST型のニッチ番組の未来を
考える上で大きなヒントをくれました。
タレントが出演するハワイ情報は
地上波でオンエアーされる
エンタメ系の旅行番組でいいのでしょう。
しかし、ハワイに今行こうとしている方や
ハワイ好きのクラスターには
それでは納得してもらえません。

例えば、最新の格安飛行機情報やホテル情報などを
USTで知らせれば、一週間後に
ハワイに突然行こうとしている
若者たちに需要喚起可能です。
まさにリアルタイムメディアのUSTの真骨頂です。
ご一緒に出演していた旅行代理店の方は
格安航空券の相場や買い方を
わかりやすく説明してくれていました。
例えば、5月中に買えば安いハワイ旅行が
6月になると値段が上がる仕組みを解説するのに
リアルタイムに動画でわかりやすく教えてもらうのと
印刷物やネットの細かい文字を見ながら
自分で調べるのと
どちらが楽でしょうか?
その上twitterでは
視聴者がその価格が適正なのかを
ツイートしてくれていました。
ソーシャルストリームで価格の解説を
視聴者がしてくれているのです。

正にハワイ旅行のナレッジがUSTに集結して
企業とユーザーが信頼関係を構築しているのです。
新しい旅行ビジネスが
ソーシャルで始まっているのです。
旅行業のソーシャル化と言えるかもしれません。

またソーシャルストリームを上手に使えば
ソーシャルグラフで繋がっているメンバーで
USTとネットを使って新しいグループ旅行も
視聴者からのリクエストで企画できるかもしれません。

ワイハ情報局」の司会者の篠原さんと話していて
改めてソーシャルメディアの可能性を感じました。

Loading Facebook Comments ...

コメント