ソーシャルログインの調査でFBの強さを改めて知る。

ブログ
という5月7日の記事が面白かったので紹介します。
ソーシャルメディアの景色は断片化され、使い分けられています。
Facebookで家族や友人と交流したりtwitterで意見を拡散させたり
LInkedInでプロフェッショナルなネットワークを作り
Gメールで直接コンタクトを取る等で15億以上のアカウントが使われています。
The social media landscape is fragmented. People use Facebook to 
interact with friends and family, Twitter to follow influencers and
share opinions, LinkedIn for their professional network, 
and Gmail, Yahoo! or Hotmail to communicate directly with contacts. 
Combined, these networks boast over 1.5 billion accounts. 
ソーシャルログインがトレンドになってきていますが
人がサイトにどうアクセスしてきているか365,000以上のWEBサイトをチェックした
B2Cの2012年の1Qのソーシャルログインの調査結果があります。
それによると、FBが45%という最も多いオプションですが
GooggleやYahoo twitterなど異なるソーシャルアイデンティティも使われています。
When it comes to social login, people want choice. 
While Facebook is the most popular option at 45%, 
a majority would rather use a different social identity, 
such as Google, Yahoo! or Twitter. 
昨年に比べるとFBのソーシャルログインのシェアがアップしています。
Googleは2011年の3Qでシェアを落としていますが、
ダウントレンドになっているとは仮定しない方がよさそうです。
G+との他サービスの統合によって、2011年の4Qから2%数字をアップさせています。
今後FBとGoogleのシェアがどうなるかも興味深いですね。
Facebook’s share of social logins has increased steadily 
over the past two years. While Google’s share declined moderately 
during the first three quarters of 2011, 
don’t assume that portends its decline in influence. 
Overall preference for Google has increased 2% since Q4 2011, 
and with Google+ rapidly scaling users and adoption,
it will be interesting to see if it can eventually overtake Facebook again
in terms of social login popularity.
モバイルではFBの強さが顕著になっています。
そして、こちらではGoogleが数字を急激に落としています。
2011年の3Qからtwitterもシェアを確実の上げてきていますね。
モバイルでtwitterでソーシャルログインするユーザーが増加しているからです。
ソーシャルメディアでのモバイルからの利用増加を考えると
Googkeの広告ビジネスにとってこの数字は痛いデータかもしれません。

今後のソーシャルメディア戦略の最適化にソーシャルログインは避けて通れません。
Webサービスの開発者、マーケッターにとって、ソーシャルログインのトレンドを
押さえておくことは今後ますます大事になってきそうです。
Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

   

Loading Facebook Comments ...

コメント