本田直之が教える最大効率で最大効果をもたらす仕組みの書評 習慣化に勝る武器はない!

本田直之が教える最大効率で最大効果をもたらす仕組み
Kindleからリリースされています。
本田直之さんのおなじみのレバッレッジ・シンキングのメッソドが簡潔に
まとめられていて、頭を整理するのに役立ちました。

Doing more with less(DMWL)
レバレッジ・シンキングの基盤になる考え方ですが、
「より少ない時間や労力で、より多くのことを実施する。」ことです。
特にインプットした情報をアウトプットすることと
時間を上手に使うことで最大の成果を目指していくわけです。

無駄な努力は最大限避けて、ゴールに向かって自分らしく生きられれば最高です。
そのためにはタイムマネージメントや人脈、知識が鍵になります。
インプットしたものを自分らしくアウトプット(貢献)することと
その貢献(アウトプット)を習慣化できれば
いつのまにか人に役立つパーソナルブランドも確立できるはずです。

今回本田直之が教える最大効率で最大効果を読んでいて
一番励みになったのが習慣化についてです。
いつもこのブログにも書いていますが
小さな習慣(成功体験)を続ける事で自信が持てるようになり
その結果大きな成果が得られるのです。

しかし、習慣化は口で言うほど簡単ではありません。
いきなり大きな目標を立てても挫ける可能性が高いので
まずは小さなよい習慣を1つ作り出し、それを日々広げて行けば良いのです。

以下本田直之が教える最大効率で最大効果から引用します。

いくらその心がけが素晴らしくても、大きすぎる目標は、かえってストレスとなりやすいものです。そうではなくて、まずは小さな習慣から始めることです。小さなよい習慣を身につけていくと、よい流れが生まれます。 小さな習慣が身につけば、それは自分にとっても心地のいいものです。

何かひとつ、習慣化すれば「これができたのだから、他のこともやってみよう」と思つようになるはずです。どんな小さなことでも、成功体験があれば、次の目標に対する意欲もわきます。

私もこのブログを習慣化する事で、今年は何冊かの出版が出来るようになりました。
9月26日にはソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
扶桑社から出版予定です。(ノブ横地さんとの共著)

習慣化に勝る武器は無いと思っている今日このごろです。

■コラボセミナーのお知らせ
今回、ソーシャルメディアとiPhoneを武器にして
ビジネスやプライベートを面白くするセミナーを
Anegoesの山田トモミさんと企画しました。
9月24日に先日オープンしたばかりの銀座のBeezで開催します。
セミナーの詳細はこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

 
PHOTO CREDIT

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント