ReShareで私たちと世界の距離は縮まった! 画期的な翻訳ニュースアプリを見つけた。#ReShare #Conyac

ブログ

以前アプリそうけんで取材をさせていただいたエニドア
画期的な翻訳アプリReShareをリリースしました。

クラウド翻訳サービスConyacで翻訳サービスのハードルを一気に下げた同社ですが
今回は世界中のニュースを日本語で読めるというサプライズを提供してくれました。
世界中の翻訳者を抱え、ソーシャルメディアを活用してスピーディに翻訳を行うことが
エニドアの強みなのですが、今回リリースしたスマホアプリのReShare
最大限その強みを生かした日本語ニュース翻訳サービスなのです。

ReShareConyacに登録する世界中の翻訳者が
海外のニュースを240文字の日本語で紹介するというサービスで
私たちはこれで最新の世界のニュースをいつでも日本語で読めるようになったのです。

海外の翻訳者は自ら興味あるニュースをセレクト、アプリに投稿します。
左上の設定画面で日本語以外の言語を選択すれば、その言語でのニュースが表示されます。
中国語ではまだニュースの投稿はありませんでしたが
フランス語では一つの記事がアップされていました。
どんどん、いろいろな言語で翻訳されるようになるとよいですね。
また、経済、政治などのカテゴリーから好きなニュースを選ぶことができるのも便利です。

英語のニュースをニュースサイトやブログ記事以外で読めるのはよいですね。
キュレーターが日本人ではなく、現地の翻訳者であるのも価値があると思います。
日本語がわかる翻訳者の興味があるニュースに日々触れることで
お互いの相互理解が進むと思います。
言語の壁がどんどん低くなり、現地情報を知ることで
新たなプロジェクトが動き出すかもしれません。

例えば、アフリカのニュースなど普段日本のメディアが報道しないニュースに接することで
ビジネスチャンスが見つかるかもしれません。
当然、言語の学習素材としても使えそうですね!!

ニュース記事のシェアも簡単にできます。
世界のニュースを日本語でFacebookやTwitterへも簡単にシェアできます。

このサービスが世界中の翻訳者に認知されれば
私たちと世界の距離は間違いなく縮まりますね!

ReshareのiPhoneアプリのダウンロードはこちらから

新刊ソーシャルメディアを武器にするための10カ条が3月25日に発売予定です!
応援よろしくお願いします。
Loading Facebook Comments ...

コメント