ビジョンボードを作ることで、なぜ夢が叶うのか? #習慣化

ブログ

やりたいと思えば、経験は関係ない。
できると信じれば、困難は関係ない。(福島正伸)

誰でも何かを始めるときは素人で、最初から経験があるわけではありません。 
今、使っている言葉や数字も小さい頃
母親や父親との会話から覚えたわけで

話せるまでのステップがあったはずなのです。

やりたいと思えば、経験は関係がなく、やる気があればできるのです。
経験がないからと言うのは、結局は言い訳でしかないのです。

しかし、大人になると両親は助けてくれません。
言い訳を言わずに、新しいことにチャレンジするためには
どうしたらよいのでしょうか?

マインド・チェンジで有名なアメリカの社会心理学者のマリリン・ファーガソンは
変化は自分でしか作り出せないと以下のように書いています。

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。 


変化するためには、まずは自分がやると決めることがポイントなのです。

私が、コンサルをするときに、相手が企業でも個人でも
まずは、自分の夢を書き出してもらい、変化のキッカケを作ります。

夢や目標を考えることで、自分のやりたいことが明確になります。
いくつも考えてもらうこと、真剣に思考するこで
本当にやりたいことが見つかるのです。
そして、自分に足りないスキルに気づき、解決策を自ら探し始めます。

これでの一歩が踏み出せ、行動が起こせたのです。

小さな一歩かもしれませんが、ここから新たなチャレンジが始まったことになります。
まずは、自分の頭で自分のやりたいことを見つけて
そのために何をすればよいのかを決めればよいのです。

夢を書き出すと良いと言いますが
それによって、自分との対話が始まり
やりたいことが見えてくるのです。
書くことで小さな一歩を踏み出したわけですから
昨日までの自分とは確実に変化したわけです。

次に夢の実現への解決法を考え、それを書き出しましょう。
これで小さな2歩目が踏み出せたことになります。
そして、それをEvernoteなどに、ビジュアルにして保存しましょう。

人間の感情はイメージでできていますから
ビジュアルボードに残し、毎日見ることで
それが潜在意識に記憶され、その情報を引き寄せていくのです。

私はこのボードを毎日見ているうちに、不思議と夢が叶う気がしています。
日々夢に向かって行動を続けることで、いつの間にか夢が実現しています。
昨日も以前ビジョンボードに書き込んでおいた私の小さな夢が一つ実現しました。
今日はそのご報告を兼ね、このブログを書いてみました。

さあ、みなさんも夢をリストにして、ビジョンボードに書き込んでみましょう!

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
ビジョンボードの関連記事
夢をリストにする関連記事
  
Photo Credit

Loading Facebook Comments ...

コメント