富山朝活のモレスキナー飯野隆志氏の作品が素晴らしい件

ソーシャルメディア

モレスキナーという言葉をご存知でしょうか?
美しいノートのMoleskine(モレスキン)にアート作品書いている方々の総称ですが
友人の富山市の飯野隆志氏の作品がすごいので、再びご紹介したいと思います。
スクリーンショット 2015-01-23 12.25.06
この作品は先日の富山朝活のセミナーの際に描いていただいたのですが
モレスキンノートに書かれた私がなんだかとても素敵に見えます。
会場での思い出をこうしたイラストで残せるのは、とても幸せなことです。

一昨年の夏の富山朝活で初めて飯野隆志氏のモレスキンを拝見したのですが
雑貨やカフェを描いていて、見ていてとてもリッラクスできました。
富山市の素敵な物や人をテーマに表現しているのですが
富山ラブ&モレスキンラブという飯野氏の優しい気持ちがスケッチから伝わってきます。
前回の朝活でもモレスキンにスケッチを書いていただいたのですが
この絵を見ると、2年前の当日の様子がリアルに思い出せるのです。
スケッチには写真にはない魅力がありますね!!
私の富山の印象が良いのは、飯野さんのモレスキンアートも大きな理由なのです。

スクリーンショット 2015-01-24 8.43.17

実は、この飯野氏はモレスキナーとして、とても有名な方で
先日も表参道にある文房具カフェで開催されるMOLESKINEイベント
彼の作品が出品されるほどの実力者です。

その飯野氏の作品の一部をご紹介します!
スクリーンショット 2015-01-23 12.39.21

スクリーンショット 2015-01-23 12.40.17

スクリーンショット 2015-01-23 12.39.39

この飯野氏にスケッチを描いていただけるのはとても幸せなことだと感謝しています!!

今回、飯野さんがブログで私の講演の様子をご紹介してくれました。
人生を変えるための私のメソッドを判りやすく解説いただけました。
特に、ビジョンボードの作成にPinterestを使うというアイデアは素晴らしいですね。
スクリーンショット 2015-01-24 8.32.19

僕の夢を、ひとつビジョンボードにしてみました。チェコ、カフェ、モレスキンが好きで、海外でのスケッチワーク願望が丸出しです。個々の画像に夢や目標が書けるのは楽しいものですね。(飯野隆志

飯野さんは朝活当日の様子をスケッチだけでなく
テキストでもわかりやすくまとめてくださいました。
自分の話したことをこういう風に記事にしていただくととても嬉しいですし
自分の考えを客観視することができ、振り返りにも役立ちます。

「引き寄せ」という言葉がありますが、自分が何もしないでいては、当然そんなことは起こり得ません。夢や目標に向かって行動し続け、インプットとアウトプットを徹底することで周囲に気付かれる。リアクションが起こる。そして自分だけではできなかったこと、成し得ないと思っていたことに可能性が見え始める。現実化する。僕にとってはモレスキンにスケッチを描き続けることがそれに当たります。現に、最初は自分実験のつもりで始めたスケッチが、いつしか個展オファーやイベント出展のお話を頂くようになりました。それまで全く存じ上げなかった、素晴らしいモレスキナーの皆さんと交流することもできました。海外のスケッチャーからリアクションをもらうようにも。好きなこと、得意なことを続けることが、可能性を広げる手段になる。自分をよく知り、小さくも良い習慣をつくり、実践すること。

飯野さん、わかりやすい記事とイラストありがとうございます!
ビジョンボードとアクションでお互いの夢を実現していきましょう。
また、富山にお邪魔しますね。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
  

Loading Facebook Comments ...

コメント