ニキ・ド・サンファル展の「ブッダ」と「手」に刺激をもらってきました!

ライフハック

スクリーンショット 2015-11-23 17.09.30

今日は戦後を代表するアーティストのニキ ・ド・サンファルの展覧会に出かけてきました。
彼女の作品を久々に見ることで、私の脳は良い刺激を受けることができました。
射撃絵画で有名な彼女の作品は、どれも斬新で古さを感じません。
ガウディや日本に刺激を受けるたびに、彼女の作品は進化していったのです。
彼女は絶えず冒険を続け、面白い作品を生み出しています。

1960年代前半に、ニキは絵の具が入った缶や袋をキャンバスに付着させ
そこに銃弾を撃ち込むパフォーマンス・アートで一世を風靡します。
その映像は美しいと同時に、暴力的で、世界各地の紛争をイメージさせていました。
しかし、ニキはその人気だったパフォーマンスを
麻薬のような中毒性を感じるという理由で、やめてしまうのです。
この選択は、結果として正しく、彼女の作風は時代とともに変化していきます。
ジャスパー・ジョーンズに影響を受けた標的絵画や
カラフルで大胆な「ナナ」シリーズを次々生み出していくのです。
スクリーンショット 2015-11-23 16.43.34

特に、来日時に仏像から影響を受け、製作したブッダが素晴らしく
このコーナーは何度も見返してしまいました。(ブッダは写真撮影が可です。)
仏像をモチーフにしているにも関わらず
天然石やガラスを装飾しているブッダは、カラフルでニキらしい作品です。
ブッダの背中の空洞が無の境地を表しているようで、見ていて心が落ち着きます。
スクリーンショット 2015-11-23 16.24.36
この時代に作られた作品の「手」も素晴らしいです。
彼女の心の中が表現されているようで、作品の中にいくつもの仕掛けがなされています。
作品の表からだけでなく、ぜひ、裏からも鑑賞ください。

これは私の右手 私は右手が好き 筋も思考も感情も望みもすべて この手によって創りだされた。

ニキの右手は、創造する力の象徴なのですが
手が痺れるなど調子も悪くなっていた時の作品で
ニキの手に対する感謝の気持ちが感じられました。

ガウディに影響を受けた彼女は、イタリア・トスカーナに巨大な公園を作ります。
作品を通じて資金を集め、自力でタロットガーデンを完成させてしまうのです。
自己資金で賄ったために、誰にも支配されない理想の世界を作り上げることができたのです。
タロットカードのシンボルをモチーフとした彫刻庭園で、ニキの集大成としても有名です。
人を巻き込みながらも、自分のやりたいことをやるという彼女の姿勢は素晴らしいですね!
タロット・ガーデンの関連作品を今回の展覧会で見れたのも、嬉しいです。
ぜひ、次回は、トスカーナのタロットガーデンにチャレンジしたいと思います。

ニキ・ド・サンファル展」は12月14日(月)まで国立新美術館で公開予定です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

Loading Facebook Comments ...

コメント