"弱い紐帯"

習慣化

強い紐帯のもろさと弱い紐帯の強み

密接につながる内輪のサークルの人々は、自分の人生がそのグループに依存しているのではなく、想像をはるかに超えたゆるいつながりの力に依存していることに気づかない。 (ローズ・コザー) 人生は20代で決まる (メグ・ジェイ著)の書評ブログを...
ブログ

弱い紐帯の強さをジェフリー・フェファーの言葉から再度考える! #習慣化

「弱いつながり」が大事である理由をジェフリー・フェファーが上手に整理しています。 いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に...
ブログ

弱い紐帯の3つの効果 恐怖心をなくし、アクションを続ける方法。

諸君は必ず失敗する。成功があるかもしれませぬけど、成功より失敗が多い。失敗に落胆しなさるな。失敗に打ち勝たねばならぬ。 大隈重信ここまで、成功や失敗の理由をはっきり言い切られると清々しいですね。大隈重信のこの失敗への対処法を知っていればチ...
ブログ

弱い紐帯の強さを信じれば、面白いことが起こり始める。 #グラノヴェッター #弱い紐帯

「弱い紐帯の強さ」という言葉を最近では頻繁に聞くようになりました。 1973年にスタンフォード大学の社会学者 マーク・グラノヴェッター (Granovetter) が 「The strength of weak ties」という論文で...
AI

山本康正氏の次のテクノロジーで世界はどう変わるのかの書評

VUCAの時代は、変化が短期間に起こります。特にテクノロジーの進化は秒速で進み、ビジネスに変化を起こします。今までの勝ち組が5G、AI、ロボティックス、クラウドによって、あっという間に負け組に転落する恐れがあります。ビジネスパーソンはテクノロジーとリベラルアーツを学び、変化に適応すべきです。
習慣化

縁リッチメントで運を高める方法!杉浦正和氏の幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人生の運び方の書評

新しい縁をつないで広げていきながら、既にあるご縁を一層大切にする「縁リッチメント」によって、運を高めることができます。その際、ウィーク・タイ・ストロング理論を活用しましょう。異なるネットワークをいくつも持ち、価値を提供することで、成功する確率を高められます。
習慣化

ニコール・トレースのギグ・ワーカーの現実の書評

ギグ・ワーカーは今後2分され、格差が広がる可能性があります。価値あるスキルを持つ人々にとっては、ギグ・エコノミーはしばしば、より魅力的で起業家に近いライフスタイルを可能にしてくれます。しかし、スキルを持たない人は低収入になりやすく、セーフティネットを用意する必要があります。
習慣化

干場弓子氏の楽しくなければ仕事じゃない: 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書の書評

目の前の仕事を楽しむことで、周りによい影響を与えることができ、自分の価値を高められます。日々、学びを重ね、自分の考えやアイデアをアウトプットすることで、新たな出会いをデザインできるようになります。人との出会いを繰り返すうちによい話が運ばれるようになり、運気も高められます。
セレクト

平野敦士カール氏の世界のトップスクールだけで教えられている 最強の人脈術の書評

定年まで一つの会社にいることがレアケースになり、デジタル・ディスラプション(デジタルの創造的破壊)で自分の会社がいつなくなるかもわからない。それなのに、いま自分の「人脈」といえるのは自社の社員だけ……。そうしたなかで、たとえ会社がなくな...
習慣化

宮嶋勲氏の最後はなぜかうまくいくイタリア人の書評

イタリア人にとって、アポの時間はあくまで数値目標である。「この数字を目指して頑張ってみます」といった感じだ。だから「夕食20時」と言われれば、「20時に向けて頑張ってくれているけれど、おそらく20時半~21時ごろだろうな」と読めばいいの...
タイトルとURLをコピーしました