書評

スポンサーリンク
セレクト

ナイジェル・カンバーランドの成功者がしている100の習慣の書評

習慣が変われば、人生が変わります。著者のナイジェル・カンバーランドが実践した100の習慣を身につけることで、自分の人生をより豊かにできます。自分の夢を明確にし、マインドセットと行動を変えること、身近な人の力を借りることで、意外なほど簡単に夢が叶うようになります。
習慣化

小野和俊氏のその仕事、全部やめてみようの書評

私たちは日々増殖するタスクで貴重な時間を失っています。本当にやるべきことにフォーカスするために、自分のタスクを定期的に見直しましょう。 仕事だけではなく私生活でもTo Stopリストを活用することで、プライベートも充実し、豊かな人生を送れるようになります。
イノベーション

BUZZサーフィン理論を使って、小さい波を大きくしよう!

「BUZZサーフィン理論」とは、世の中に生まれた話題の波(小さい波)をキャッチし、企業がレスポンスすることで大勢の人を巻き込み、大波を起こすことです。マーケターは大きな波を作るために、消費者の声に耳を傾け、彼らとのやりとりを積極的に行うべきです。
習慣化

ジョン・ウッデンの成功のピラミッド。最高の自分を目指して、15の資質を積み上げよう!

名将・ジョン・ウッデンは、成功するための15の資質を考えだし、「成功のピラミッド」と言うアイデアにまとめました。「成功のピラミッド」の考え方はを身につけることで、自分の人生を成功に導けます。勤勉・情熱などの15の資質のブロックを積み上げ、成功を手に入れましょう。
習慣化

ジョン・ウッデンの元祖プロ・コーチが教える 育てる技術の書評

組織のリーダーは明確なビジョンを示し、個々のメンバーのやる気を引き出し、チームを一つにする必要があります。同じビジョンを持ったメンバーが、規律を守り、規律ある行動をとることで、組織は強くなります。メンバーの自滅を防ぎ、最高のパフォーマンスを発揮させるために、規律を徹底すべきです。
イノベーション

ダグ・レモフの成功する練習の法則 最高の成果を引き出す42のルールの書評

練習の本当の意味とは、たんなる反復練習や実戦練習そのものではなく、それらを戦略的、意図的にくり返して自分を望ましい状態に作り替えることです。理想の自分から逆算し、本書の42のルールを活用し、練習を繰り返すことで、私たちは成功に近づけるのです。
AI

尾原和啓氏と山口周氏の仮想空間シフトの書評

今回のコロナ禍が私たちの働き方を変え、過去の仕事の常識が通用しなくなりました。今後、仕事だけでなく、暮らしや社会も変化する中で、私たちは思考と行動を変えなければなりません。自分のアイデンティを一つに絞るのをやめ、様々なアイデンティを組み合わせ、自分の価値を高め、世の中に貢献すべきです。
習慣化

犬塚壮志氏の理系読書 読書効率を最大化する超合理化サイクルの書評

理系読書とは、「問題発見力」と「仮説思考力」により、読むべき場所をあらかじめ決め、自分の課題を解決する読書法です。理系読書により、短時間で本を読み、 ROIを最大化することができます。「読む」「やってみる」「確かめる」の3つのサイクルを回すことで、結果を出せるようになります。
習慣化

アンディ・プディコムの頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きるの書評

世の中のスピードが早くなり、忙しくなることで、脳は絶えず疲労します。ストレスを減らすために、著者は頭をかっらぽにする「10分間瞑想」を習慣化すべきだと言います。瞑想することで、よりよい精神状態を手に入れられれば、他人との関係も変えられます。
アマゾン

ホラクラシーで新たな成長を目指すザッポス。ザッポス伝説2.0 ハピネス・ドリブン・カンパニーの書評

ザッポスは変化に適応するために、トップダウンの経営を捨て、ホラクラシーを導入しました。社員は様々なサークルに属し、多様な仕事にチャレンジできます。彼らは顧客や社員との対話を通じて、新たな事業を起こせます。ザッポスは顧客の声と社員のやる気から、次々にイノベーションを起こしているのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました