書評

スポンサーリンク
投資

学び続けることは経済学的に正しいのか?教育投資の経済学 (佐野晋平)の書評

教育に投資することは、個人と社会に大きなメリットをもたらし、労働市場の改善や社会的不平等の解消にも寄与します。日本の公式統計を用いた分析では、教育への投資が年間約10%のリターンを生むことがわかっており、これは大学教育を含む継続的な学習が経済的にも合理的であることを示しています。
組織

AIファースト・カンパニー――アルゴリズムとネットワークが経済を支配する新時代の経営戦略(マルコ・イアンシティ, カリム・R・ラカーニ)の書評

AIファースト・カンパニーになることで、企業は効率化、生産性向上、顧客ニーズの深い理解など多くのメリットを享受できます。そのために企業は経営戦略を見直し、組織文化を改革する必要があります。デジタル化、アナリティクス、AI、機械学習の発展は、ビジネスの拡張性を大幅に強化し、事業価値を一気に高めてくれます。
書評

書くことで不安を減る?「すぐやる」超習慣の書評

書くことが不安を減らす効果があることが、世界の研究から示されています。不安や心配を紙に書き出すことで、脳が整理され、問題解決に役立ちます。また、書くことでワーキングメモリが改善され、感情のコントロールがしやすくなり、パフォーマンスが向上するのです。
文化

言語の本質-ことばはどう生まれ、進化したか (今井むつみ,秋田喜美)の書評

言語の本質-ことばはどう生まれ、進化したか 今井むつみ,秋田喜美 中央公論 言語の本質 (今井むつみ,秋田喜美)の要約 言語は人の感情や考えを伝えるための重要な道具で、人間独自の能力に基づいています。オノマトペ(擬音語や擬態語)やアブダクシ...
哲学

戦略の要諦 (リチャード・P・ルメルト)の書評

戦略の要諦 リチャード・P・ルメルト 日本経済新聞 戦略の要諦 (リチャード・P・ルメルト)の要約 戦略とは成功するための課題の核心を見極め、それに集中する能力です。リチャード・P・ルメルトの提案する戦略立案スキルには、本質を見極める、リソ...
哲学

メンタル脳 (アンデシュ・ハンセン, マッツ・ヴェンブラード)の書評

私たちの脳は、危険に対して強く反応する傾向がありますが、この仕組みを理解することで、心と脳の健康を守ることが可能です。心の平穏を保つには、深呼吸やマインドフルネスの実践が有効です。また、ストレスを減らすには、定期的な運動、瞑想、そして質の良い睡眠を心がけることが重要です。
ウェルビーイング

心理的安全性のつくりかた(石井遼介)の書評

組織やチームにおける心理的安全性を高めるためには、「話しやすさ」「助け合い」「挑戦への開放性」「新しいアイデアへの受容性」の4つの重要な要素に注目し、それらを促進する環境を整備することが重要です。リーダーが4つの要素を意識し、チームを運営すれば、より高いパフォーマンスと創造性を発揮することができます。
CX

マーケティング「つながる」思考術 「こんなはずじゃなかった」と決別するために知っておくべき売上に至るまでの「点と線と面」(池田紀行)の書評

売上はさまざまな要素が組み合わさって形成されるため、マーケティング戦略もそれに合わせて構造的に考える必要があります。戦略は単純な一直線の道のりではなく、多面的な構造を持つべきです。このように全体を見渡し、細部にも目を配ることで、短期的な成功と長期的なビジョンの両方を達成することができるのです。
リーダー

東大8年生 自分時間の歩き方(タカサカモト)の書評

生きる力とは「自分の目で見て、想像力と機転を働かせ、行動を起こす」ことだと著者は定義します。自分の視点で物事を見て、創造力と機転を利用し、積極的に行動することで未来をより良くできます。観察力、迅速な判断力、勇気、そして行動力を持っていれば、夢を現実に変えることができるのです。
哲学

Awe Effect (カトリーン・サンドバリ, サラ・ハンマルクランツ)の書評

Awe体験は、私たちの人生に対する満足感を高め、時間をより価値あるものと感じさせます。この体験は、広い視点を持ち、明確な目標を設定し、心に余裕を生み出す手助けとなります。また、Aweは心とカラダの健康へも好い影響を与える可能性があることが明らかになっています。Awe体験によって幸福度をアップできるのです。
スポンサーリンク