書評

スポンサーリンク
哲学

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」(枡野俊明)の書評

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」 枡野俊明 三笠書房 本書の要約 日々の生活の中で、わたしたちは心の中にさまざまなネガティブな感情を積み上げています。これを時々洗い流...
資産運用

Xデイ到来 資産はこう守れ! (藤巻健史) の書評

ハイパーインフレ対策の基本はドル資産を買うことです。ドル資産への分散投資を行い、日本国民は今後起こるかの可能性の高い円の暴落に備えるべきです。まずは、円からドルMMFへの逃避を行い、次にドル資産への分散投資を行うことが資産防衛の肝になりそうです。
習慣化

世界最先端の研究が導き出した、「すぐやる」超習慣 (堀田秀吾)の書評

習慣化するためには、ひたすら繰り返すことが重要になります。脳の中に習慣専用の神経細胞の回路をつくり出すことが効果的です。何度も何度も同じ行動を繰り返し、神経細胞同士のつながりを強化することで、私たちはやりたいことを習慣化できるのです。
リーダー

最も重要な資産は、自分の健康である。シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカントの書評

食事でのジャンクフードを我慢して、ワークアウトをするというつらい選択をすれば、長い目で見て人生をよりよくできます。病気にもなりませんし、不健康になりません。価値観についても同じです。「今楽な選択をしていると、人生が全体的にずっとつらくなる」というルールを忘れないようにしましょう。
習慣化

「コラボレーション疲れ」が人を潰す(ロブ・クロス, レブ・リベル, アダム・グラント)の書評

コラボレーションは、現代のビジネスにおける喫緊の課題を多数解決する手立てですが、優秀な人を疲弊させては意味がありません。リーダーは適切な種類のコラボレーション型業務を認識・促進し、うまく配分する方法を身につけなければならないのです。
イノベーション

ラディカル・プロダクト・シンキング イノベーティブなソフトウェア・サービスを生み出す5つのステップ (ラディカ・ダット)の書評

ラディカル・プロダクト・シンキングを採用することで、世の中をよくするスマートなイノベーションを起こせます。結果、良質で有益なビジョン駆動型プロダクトの開発が可能になります。逆に組織がビジョンを見失い、イテレーティブ(反復的)な活動ばかりになると正しいゴールに辿り着けなくなります。世の中を変え、顧客に支持されるプロダクトを生み出すためには、ビジョンが欠かせないのです。
イノベーション

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカントの書評

学び続けることで、自分の独自性を発揮できます。自分をプロダクト化し、特殊知識を活用ながら、レバレッジを掛けることで、富を増やすことに成功します。遺伝から来る自分独自の特性と、自分の独自の生い立ち、それらに対する自分の働きかけを組み合わせることで、自分をプロダクト化できるのです。
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

センスは知識からはじまる(水野学)の書評

知識や体験を増やし、それを蓄積していくことで、センスが磨かれていきます。その上でアウトプットのブラッシュアップを行い、アイデアの精度を高めるようにしましょう。過去のものを大事にしながら、そこに新しいエッセンスを付け加え、知識に基づく予測を組み合わせることで、ヒット商品が生まれます。
哲学

優れたブランドが、人脈づくりに役立つ3つの理由 キース・フェラッジの一生モノの人脈力の書評

「自分」というブランドを生み出すことで、友人をつくりやすくなるだけでなく、クライアントやパートナーからの評価が変わり、よりよい関係を築けます。①PBM(パーソナル・ブランディング・メッセージ)をつくる ②パッケージデザインを考える ③自分のブランドを宣伝することで、自分ブランドを確立できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました