書評

スポンサーリンク
習慣化

正しいコロナ対策と経済対策をポール・クルーグマンから学ぶ。

今回のコロナパンデミックからの回復は時間がかかりそうです。経済を慌てて再開するよりも、感染症対策を優先させ、拡大を抑えることが効果があることがわかっています。景気は徐々に回復に向かいますが、その回復基調もスムーズではないため、政府による財政支援が欠かせません。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
習慣化

コロナ後の世界の書評 スティーブン・ピンカーにデータの重要性を学ぶ。

今回のコロナ禍の正体を見極めるために、自分の頭を使って、冷静に考える時間を持つべきです。データを検証すれば、極端に悲観的にならずにすみます。データで現在の状況を冷静に判断すれば、ウイズ・コロナの時代をどう生きるかも見えてきます。
書評

マーク・W・シェイファーのヒューマン・マーケティング戦略の書評

消費者の帰属意識をくすぐり、強固なブランドコミュニティを築くことができれば、顧客のロイヤリティが高まり、マーケティングのコストがかからなくなります。デジタルマーケティングだけでなく、ヒューマン・マーケティング戦略を実行し、顧客基盤を固めましょう。
習慣化

コロナ後の世界の書評 コロナで人生100年時代はどうなる?

今回のコロナ・パンデミックは長期的には長寿社会に大きな影響を及ぼさないとリンダ・グラットンは言います。後半のをワクワクなものにするために、働きながら余暇を楽しみましょう。株や不動産などの有形資産だけでなく、無形資産を身につけることで、人生を楽しめます。
習慣化

ジェームズ・マクグラスの瞬間フレームワークの書評


AI

トーマス・フリードマンの遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方の書評

Background vector created by starline - www.freepik.com 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 著者:ト...
セレクト

大村信夫氏の片付けパパの最強メソッド ドラッカーから読み解く片付けの本質の書評

片付けの3つのステップ「整理→収納→維持」を人生に当てはめることで、自分の人生を変えられます。ドラッカーの「選択と集中」理論を使い、不要なことを手放し、自分が本当にやりたいこと、重要なことに時間を費やすことで、ワクワクな人生を送れるようになるのです。
習慣化

南彰氏の政治部不信 権力とメディアの関係を問い直すの書評

総理大臣や政治家だけでなく、メディアへの不信感が高まっています。総理の記者会見では、事前に質問が総理に渡され、回答が準備される出来レースが続き、国民はメディアに怒りすら感じています。メディアと政権との関係を元に戻さないと、民主主義は間違いなく危機に陥ります。
イノベーション

遠藤功氏のコロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方の書評

ウイズ・コロナの時代を生き抜くためには、Survival、Productivity、Growth、Human Resourceの頭文字をとった「SPGH戦略」を経営者は行うべきです。DXの推進や年功序列の問題点を見直し、ナレッジワーカーを増やすことで、ウィズ・コロナ時代の勝ち組になれます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました