書評

スポンサーリンク
哲学

Think Fast, Talk Smart 米MBA生が学ぶ「急に話を振られても困らない」ためのアドリブ力(マット・エイブラハムズ)の書評

著者はは、ビジネスにおける予期せぬ質問やプレゼンの機会に対処する方法を指南しています。冷静さを保ちながら、明確で効果的なコミュニケーションを実現するための具体的な戦略を教えてくれています。6つの方法を身につけ、トレーニングを積むことで、突発的な状況での対応力が向上します。
リーダー

勝者の科学 一流になる人とチームの法則(マシュー・サイド)の書評

マシュー・サイドはスポーツで成功するためには、圧倒的な努力と優秀なサポートチームが欠かせないと言います。確かに、大きな成功は個人の力だけでは難しく、真の成功には、周囲のサポートと協力が不可欠です。一人で頂点を目指すより、チームで登る方が賢明なのです。この原則は、人生やビジネスにも適用できます。
ウェルビーイング

マインドフルネスこそ最強のクスリ (山下あきこ)の書評

マインドフルネスを習慣化することで、忙しい日々の中でも「いまここ」に集中し、人生をより豊かに、充実したものにすることができます。マインドフルネスは、日々の小さな瞬間に気づきを持ち、それらを大切にすることから始まります。その積み重ねが、やがて人生全体を変える力となるのです。
歴史

詭弁社会 日本を蝕む”怪物”の正体 (山崎雅弘)の書評

日本社会において、政治家の詭弁が常態化し、それに対してメディアが批判しなくなっている状況が見られます。しかし、詭弁が蔓延する社会は、やがて破綻する運命にあると言えます。健全な民主主義を保ち、次世代に希望に満ちた未来を引き継ぐために、今こそ私たち一人一人が声を上げ、行動を起こす時が来ているのです。
習慣化

何度でもリセット 元コンサル僧侶が教える「会社軸」から「自分軸」へ転換するマインドセット (安永雄彦)の書評

人生を豊かに楽しむ方法は、日々の小さな挑戦と前向きな姿勢を大切にすることにあります。「いまここ」にフォーカスし、行動を続けることが鍵となります。このような生き方を続けることが、人生の終わりに「面白かった」と心から思える人生を作り上げる秘訣となるのです。
習慣化

がん闘病日記 (森永卓郎)の書評

がんと戦いながらも、人生と仕事を楽しむことに焦点を当てた一冊が「がん闘病日記です」。森永卓郎氏のメッセージは、私たちに生きることの大切さを再確認させ、日々の瞬間を大事にし、仕事に喜びを見出す心構えを教えてくれます。がんにも関わらず、最後まで希望を持ち続ける著者の姿勢は、私たちに勇気を与えてくれます。
哲学

ロバート・I・サットンに学ぶクソ野郎を組織から撲滅する方法

問題行動を取る人物(クソ野郎)の存在が、組織の成長を阻害し、全体に悪影響を及ぼす可能性があります。これに対処するには、個人の判断と組織の方針を調和させることが重要です。彼らを排除する際には、性急な判断は避け、観察と改善の機会を与えつつ、必要に応じて毅然とした態度で臨むことが求められます。
投資

バリューのことだけ考えろ トップ1%コンサルタントの圧倒的な付加価値を出す思考法 (松永 エリック・匡史)の書評

バリュー創造とは、単に効率を上げたりコストを下げたりするだけでなく、顧客や市場に独自の価値を提供することです。バリューに徹底的にフォーカスすることで、ビジネスの成果が向上し、競争力が高まります。ビジネスパーソンにとって、自分らしい「価値」を生み出すことが最も重要なことなのです。
リーダー

勇気論 (内田樹)の書評

勇気の本質は孤立を恐れず、自分の信念を貫くことです。周囲の反対に屈せず、正しいと思うことを堂々と主張する強さが必要です。社会変革は、私たち一人一人の小さな行動から始まります。自分の意見を表明し、建設的な対話を通じて社会をより良くする。こうした小さな勇気ある行動の積み重ねが、大きな変革をもたらします。
フレームワーク

その決定に根拠はありますか? 確率思考でビジネスの成果を確実化するエビデンス・ベースド・マーケティング(小川貴史、山本寛)の書評

エビデンス・ベースド・マーケティングの手法を用いて、顧客の購買傾向を深く理解し、適切な想起のタイミングを特定することで、より効果的なマーケティング戦略を立案することが可能になります。このアプローチは、ブランドの認知度向上と市場シェアの拡大につながる可能性が高いと言えます。
スポンサーリンク