書評

スポンサーリンク
リーダー

人脈づくりに情報発信が必要な理由。キース・フェラッジの一生モノの人脈力の書評

いくらよい知識を持っていても、それを伝える人がいなければ、自分の知識や体験は活用されずに終わり、宝の持ち腐れになります。自分の知識や体験をアウトプットすることで、他者に貢献できるようになり、会いたい相手に見つけてもらえるようになります。結果、よい人脈を構築できるようになります。
イノベーション

同調しない組織文化のつくり方 (アダム・グラント)の書評

組織が意見対立の尊重を重視することで、よいアイデアが生まれるようになり、イノベーティブな組織へと進化します。従業員が批判的な意見を率直に表明でき、そのことによって尊敬されるような環境をつくり出すことが、経営者やリーダーの重要な役割になっています。
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
イノベーション

オンライン脳 東北大学の緊急実験からわかった危険な大問題(川島隆太)の書評

スマホ・タブレット・パソコンなどのデジタル機器を、オンラインで長時間使いすぎることによって、脳にダメージが蓄積され、脳本来のパフォーマンスを発揮できなくなっています。このオンライン脳に陥らないためには、できるだけデジタルでのコミュニケーションを避け、リアルでの面談を増やし、脳を使い倒すべきです。
リーダー

一生モノの人脈力 (キース・フェラッジ, タール ラズ他)の書評

①まず最初に、目標達成に向けた具体的なゴールを考える。②次にゴールを目指すうえで役に立ちそうな人・場所・モノを探す。③ゴール達成に必要な人脈をつくる方法を見つける。というネットワーキング・アクションプランを実践することで成功の確率が高まります。人脈の力を信じ、他者との信頼関係を築きましょう。
哲学

シンプリスト生活 (Tommy)の書評

仕事においても、暮らしにおいても、有限の時間やエネルギーを「大切なこと」にフォーカスし、それ以外はできるだけ排除しましょう。結果を出したければ、自分の大切なものに集中できる環境を整えることです。物事に邪魔されない環境を作り、シンプルに生きることを目指しましょう。
哲学

パーパスを実現するためにリーダーがやるべきこと。THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)の書評

①世界が必要としていること ②自分の会社にできること ③従業員たちが突き動かされるもの、情熱を注げるもの、追求しているもの ④稼ぐことができるもの この4つの要素が重なるところに自社のパーパスがあります。個人のパーパスと会社のパーパスをつなげ、人と人との真のつながりを育みましょう。 
イノベーション

エコシステム・ディスラプションによって、アマゾンがアレクサで勝者になれた理由。

エコシステム・ディスラプションの本質は、新たな価値構築を展開することにあります。そして新たな価値構築は、パートナーや活動が新たに連携することに依存するのです。アマゾンはこのエコシステム・ディスラプションを活用し、パートナーを集結させることで、スマートスピーカーにおいて成功を手に入れました。
イノベーション

戦略を、実行できる組織、できない組織。(クリス・マチェズニー,ショーン・コヴィー,ジム・ヒューリング)の書評

戦略を実行するためには、以下の4つの規律(4Dx)が効果を発揮します。第1の規律:最重要目標にフォーカス 第2の規律:結果を左右する先行指標に基づいて行動する 第3の規律:行動を促すスコアボードをつける 第4の規律:アカウンタビリティのリズムを生み出す。4つのDxが組織のパフォーマンスを高めてくれるのです。
イノベーション

パーパスとともに会社を成長させるために必要なこと。THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)――「人とパーパス」を本気で大切にする新時代のリーダーシップの書評

企業文化を変え、メンバーが互いにリスペクトし、つながることで、ダイバーシティ&インクルージョンが生まれます。個人のパーパスと会社のパーパスをつなげ、人と人との真のつながりを育み、自律性を後押しし、マスタリーを促すことで、人の働き方が変わり、組織のパフォーマンスが高まります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました