書評

スポンサーリンク
習慣化

優先事項を明確にして、「ノー」という勇気をもとう!

本当にやるべき重要なことを見つけられれば、時間をコントロールできるようになります。やるべきことにフォーカスし、優先事項に時間を使うことで、結果が変わり、自分への信頼度をますます高められるようになるのです。 そのためにノーという勇気を持つことも大切です。
習慣化

自分をもっと大切にするための4つのエクササイズ

自分のやりたいことを明確にし、そのために時間を使うようにしましょう。自分や自分の時間を大切にすることで結果を変えられます。他者と一線を引くこと、自分のルールを明確にすることで、誘惑に負けないようになり、時間をうまく使えるようになります。
書評

ディズニーランド・パリのリテール4.0戦略

ディズニーランド・パリでは顧客体験を最大化し、没入化するために、自社の機構を目立たせないようにしています。顧客のレベルに応じてメッセージを変えたり、行列に並ぶというペイン減らすために、デジタルとランスメーションを進め、顧客満足アップをはかっています。
習慣化

ジョシュ・カウフマンのたいていのことは20時間で習得できるの書評

現代人は時間が足りないという言い訳をして、新しいスキルの獲得を先延ばしします。そんな時に「超速スキル獲得法」を活用すれば、20時間程度で新しいスキルを習得できます。何を練習するかを決め、最適な練習方法を考え、練習時間を確保し、目標とするレベルに達するまで練習するだけでよいのです。
習慣化

冨山和彦氏のコロナショック・サバイバル 日本経済復興計画の書評

現在、進行しているコロナ不況はリーマンショックを超える深刻な経済危機をもたらします。今回は金融だけでなく、L(ローカル)やG(グローバル)の企業の売り上げを消滅させています。経営者がキャッシュの重要性を認識し、強力なリーダーシップを発揮しなければ、倒産を回避できない時代が始まっているのです。
Apple

エリック・カロニウスのなぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かすの書評

Technology photo created by creativeart - www.freepik.com なぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かす 著者:エリック・カロニウス 出版社...
習慣化

芳賀哲氏のこれからの生き方から働き方を見つける5つのステップの書評

定年後も豊かに働きたいのなら、50代のなるべき早いタイミングで、自分の人生の棚卸しを行うべきです。自分らしいキャリアを考え、企業も選択肢の一つにするのです。計画的偶発性理論を信じ、新しいネットワークを作り、やりたいことの一歩を踏み出すことで、自分の可能性を広げられます。
AI

田中道昭氏の2025年のデジタル資本主義: 「データの時代」から「プライバシーの時代」への書評

プライバシー規制強化の中で、GAFAに厳しい目が向けられています。中央集権型社会から個人の幸福にフォーカスする分散型フラット型社会にシフトする中で、日本企業にも再び飛躍するチャンスが訪れます。企業は人間中心主義を取り入れ、顧客と従業員を満足させる経営を行うべきです。
習慣化

ティボ・ムリスの理想の自分をつくる100の法則の書評

本当に自分がやりたいことを見つけるために、内省の時間を持ちましょう。成功するためには、自分の強みを見つけ、そこに多くに時間を費やすべきです。自分が弱い分野に時間を使うのはやめ、対処法を考えることで、結果を出せるようになります。
書評

タル・ベン・シャハーのハーバードの人生を変える授業2の書評

心理学の研究によると幸福感の40%は、選択によって決まることがわかっています。自分らしい人生を送る鍵は、今のペースを変え、自分がいま何をやっているのかを考え、自分がしている行動の意味を問うことです。本当に自分が何をしたいかを考え、選択する時間を持つようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました