書評

スポンサーリンク
習慣化

クリエイティブに生きるために10の哲学思考を身につけよう!

物事の本質を発見する哲学思考を身につけることで、知的生産性を高められます。①透視思考、②対概念思考、③媒介思考、④弁証法思考、⑤プラグマティズム思考、⑥逆算思考 、⑦比喩思考、⑧人間中心思考、⑨落選着目思考、⑩補助線思考によって、解決策が見つかるようになります。
AI

小川仁志氏の超・知的生産術 頭がいい人の「読み方、書き方、学び方」の書評

今までの常識が通用しなくなったウイズ・コロナの時代には「哲学」が役立ちます。「哲学は深く考え、本質を探究する営み」で、問いに対する答えが出るまで徹底して思考を繰り返します。インプットとアウトプットを通じて、思考を重ねることで、自分らしい答えを見つけられるようになります。
習慣化

記憶を定着させたければ、「視覚化記憶術」を習慣化しよう!

五感とともに働くニューロンの4分の3は視覚と結びついていることがわかっています。新しい情報を吸収する方法として、視覚化記憶術が最も効果的だと言えます。記憶を定着させたければ、その内容を詳細までイメージし、立体的に構築するようにしましょう。
習慣化

企業を強くする際に、経営者が実践すべき3つの要素

組織には行動の連携が不足しているから、目標が必要だと考えられていますが、それはまちがいだと著者は指摘します。会社に足りないのはむしろ「意味」であり、仕事の目的に関する明確で詳細な「理解」であり、事を行う方法を決めるうえで尊重すべき「価値観」なのです。
習慣化

グリーン・エクササイズでうつが改善?

Tree photo created by wirestock - www.freepik.com スタンフォード式人生を変える運動の科学 著者:ケリー・マクゴニガル 出版社:大和書房 本書の要約 自然の中で行う運動である...
習慣化

運動によって、自分の限界を超える方法

体を動かすことで、自分が設定した限界を超えられます。自分自身についての頑固な思い込みも運動で払拭可能です。明確な目標を作り、実現するための方法を考え、着実にそれを行うことで、難しい目標も達成できます。自分を信じ、運動を続けることで奇跡が起きるのです。
セレクト

マーカス・バッキンガム&アシュリー・グッドールのNINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘の書評

Business photo created by katemangostar - www.freepik.com NINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘 著者:マーカス・バッキンガム&アシュリー・グッドール...
習慣化

高城剛氏の高城式健康術55~医師が教えてくれない家庭の医学~の書評

パフォーマンスを高めるためには、脳と体の健康を維持することが重要ですが、現代人は睡眠や食事に問題を抱えています。日本人は多くの「毒」を体に蓄積することで、健康を害しています。自分の食生活や環境を見直し、自分の体を守る行動によって、脳と体の健康を取り戻せます。
セレクト

マルコム・グラッドウェルのトーキング・トゥ・ストレンジャーズ~「よく知らない人」について私たちが知っておくべきこと~の書評

見知らぬ人とのコミュニケーションで、私たちはデフォルトで人を信用し、トラブルに巻き込まれることがあります。著者はデフォルトで信用すること、透明性の嘘、結びつき(カップリング)などの理論を知ることで、初対面との相手との予期せぬトラブルを減らせると指摘します。
習慣化

小林忠嗣氏の知的生産性向上システムDIPS(ディップス)の書評

「DIPS」は知的労働に従事する人たち(Intellectual People)の生産性を向上させる(Increasing Productivity)システムです。本書の5つのPの定理や防衛の30行動、創造の30行動などを実践することで、ビジネスパーソンのパフォーマンスは一気にアップします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました