書評

スポンサーリンク
習慣化

問題の先延ばしをやめなければならないシンプルな理由

問題の責任をとらずに先延ばしにするのは、エネルギーと時間の浪費でしかありません。問題によって、眠れない夜が続き、気分が悪くなるなど自分のコンディションにも悪影響を及ぼします。問題を抱えたら、紙に書き出だし、頭を整理し、仲間に相談するようにしましょう。このアクションによって、解決策が見つかるようになります。
習慣化

完璧主義をやめ、部下をほめるようにしよう!

部下に完璧を求めると、イライラが増え、職場の雰囲気を悪くしてしまいます。部下の力を引き出すためには、欠点ではなく彼らの強みにフォーカスし、強みを掛け合わせるようにしましょう。リーダーは不平不満を言うのをやめ、部下をほめることで、チームを強くできます。
習慣化

リーダーは360度評価を行おう!

明君は多くの人の意見を聞いて、よいアドバイスを実践します。一方、暗君は一部の人のいうことだけを信じます。リーダーには、相性の悪い人、嫌いな人、厳しいことをいう人の意見にこそ耳を傾け、それを正面から受け止める姿勢が求められているのです。
習慣化

書評 リーダーは部下に権限を委譲せよ!

リーダーは組織を強くするために、部下の力を引き出すべきです。ひとたび部下に権限を委譲したら、その権限は部下の固有のものであり、上司といえども、口を挟んではいけません。上司が権限の感覚を身につけることで、部下が成長し、組織が強くなるのです。
AI

書評 ブレット・キングのBANK4.0 未来の銀行

私たちは40年間かけて、支店がバンキングサービスにアクセスできる唯一のチャネルであったところから、マルチチャネルへ、そしてオムニチャネル、さらに最終的にはデジタル・オムニチャネルとなって、顧客がデジタルのみでバンキングにアクセスするとこ...
習慣化

書評 出口治明氏の座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」

『貞観政要』は唐の李世民の言行録ですが、本書にはリーダーの心構えが紹介されてます。李世民は部下の諫言に耳を傾け、自分の行動を改善し、歴史に名を残したのです。彼は三鏡を持つことで、よき政治を行いました。三鏡とは、銅の鏡、歴史の鏡、人の鏡の3つを指し、リーダーはこれら3つの鏡を持たなければいけないという教えです。
習慣化

書評 東松寛文氏のサラリーマン2.0 週末だけで世界一周

自分らしい生き方をしたければ、旅に出ることです!不確実な旅を続けるうちに、違和感が生まれ、自分の好き嫌いを吟味できるようになります。頭の中で考えるだけでは、やりたいことは見つかりません。旅に出て、経験を重ねるうちに自分の強みに気づけ、本当にやりたいことが見つかります。
外食

書評 青木厚氏の「空腹」こそ最強のクスリ

一日3食というのは、それだけで 「食べすぎ 」になってしまう可能性があります。(青木厚) Food photo created by rawpixel.com - www.freepik.com オートファジー理論とは何か?...
習慣化

書評 ティム・サンダースのデキる人の法則

ビジネスマンは他者に「知識、ネットワーク、思いやり」という3つの無形資産を他者に与えるべきです。相手に役立つ知識を与えるためには、インプットとアウトプットの質を高める必要があります。本という資源は無限にありますから、良書を探し、読書とアウトプットを習慣化しましょう。
習慣化

書評 西野亮廣氏の新・魔法のコンパス

1万時間の法則を応用し、いくつかの分野に時間を費やすようにするのです。3万時間を1つの職業に使うのではなく、3つの職業に1万時間ずつ使うほうが希少価値を高められます。収入を増やすということは、「信用の面積」を大きくすることなのです。
スポンサーリンク