書評

スポンサーリンク
習慣化

リチャード・カールソンの読むだけで自分のまわりに「いいこと」ばかり起こる法則: 快適にポジティブに生きるコツの書評

「いつか……したい」ではなく、「今、この時間」を楽しむこと。これが、「自分を変える」最大にして最高の方法だ。(リチャード・カールソン) Designed by Jcomp 今、この時間を楽しもう! リチャード・カールソンの...
習慣化

ユヴァル・ノア・ハラリのホモ・デウス: テクノロジーとサピエンスの未来の書評

成功は野心を生む。だから、人類は昨今の素晴らしい業績に背中を押されて、今やさらに大胆な目標を立てようとしている。前例のない水準の繁栄と健康と平和を確保した人類は、過去の記録や現在の価値観を考えると、次に不死と幸福と神性を標的とする可能性...
習慣化

坂口孝則氏の未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038の書評

現在、社会を切り取っているひとはどんな職業に当てはまるだろうか。一つだけに当てはめられはしない。科学者で、経営者で、アーティスト。写真家で、コンサルタントで、大道芸人。会社員でありながら、マンガを販売し、社会についてメディアで発言すると...
セレクト

中西謡氏の編集者的人生論〜ベストセラー編集者が教える!情報発信時代の「編集力」の磨き方〜の書評

相手のことを100%考えることが重要で。別に相手に合わすとかじゃなくて、自分の思いを誰かに伝えようとした時は、相手のことを考えるってことだよね(中西謡) Designed by Katemangostar 100%相手のことを考え、...
習慣化

川上徹也氏の答えはすべて本に書いてあるの書評

あらゆる良書を読むことは、過去の最良の人物たちと会話することだ。(デカルト) Designed by Freepik 本を読む最大の価値は人生の師に出会えること 川上徹也氏の答えはすべて本に書いてあるは有名なデカルト言...
習慣化

沖本るり子氏の期待以上に人を動かす伝え方の書評

「伝える」のゴールは相手を動かすこと(沖本るり子) Designed by Freepik 相手に期待以上に動いてもらう伝え方とは? 沖本るり子氏の期待以上に人を動かす伝え方を献本いただきました。沖本氏とは長い付き合いにな...
セレクト

平野敦士カール氏の世界のトップスクールだけで教えられている 最強の人脈術の書評

定年まで一つの会社にいることがレアケースになり、デジタル・ディスラプション(デジタルの創造的破壊)で自分の会社がいつなくなるかもわからない。それなのに、いま自分の「人脈」といえるのは自社の社員だけ……。そうしたなかで、たとえ会社がなくな...
習慣化

筆子氏の1週間で8割捨てる技術の書評

この30年間、本当にたくさんのモノを捨てました。これまでに、どれだけのモノを捨てたのかを覚えていないくらいです。捨ててしまったモノには申し訳ないのですが、捨てれば捨てるほど、暮らしはラクになり、私の気分は軽くなりました。モノを捨ててすっ...
習慣化

犬塚壮志氏の東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まるの書評

シビアに聞こえるかもしれませんが、自分がこれから伝えていくことの目的を初めに理解しておいてもらわないと、結果的にお互い不幸になります。(犬塚壮志) Designed by Jannoon028 IKPOLETのフレームワーク...
書評

デジタルに秀でた社員を組織が採用しなければならない理由。

全事業の少なくとも40%が、今後10年で廃れる……会社全体を刷新して新しいテクノロジーに上手く対応しない限り。(ジョン・チェンバース) Designed by Rawpixel.com デジタルに強い社員を採用すべき理由 ...
スポンサーリンク