マインドセット「やればできる! 」の研究

スポンサーリンク
習慣化

しなやかなマインドセットをつくる方法

あこがれの人物を思い浮かべよう。その人は、ほとんど努力せずに、何でもできてしまう、驚異的な能力の持ち主だと思ってはいないだろうか。実際はどうか?その業績の陰にとてつもない努力があったことを知ろう。そして、その人をいっそう素晴らしいと感じよう...
習慣化

失敗から立ち直る天才!才能よりも努力が重要だとマイケル・ジョーダンは言う!

今までに9,000ショットミスった。300ゲーム負けた。ウイニングショットは26回外した。失敗して、失敗して、失敗し続けた。だから成功した。(マイケル・ジョーダン) photo credit: torbakhopper slam d...
習慣化

モハメド・アリはなぜ才能がないのに、世界チャンピオンになれたのか?

チャンピオンはジムで作られるものじゃない。彼らの奥深くにある。「何か」で作られるんだ。例えば願望、夢、ビジョン。そのためにはどんな土壇場でも耐えるスタミナと、少しばかりのすばしっこさ、そして技術と意志が必要だろう。だが意志の力はどんな技術よ...
習慣化

松山英樹選手の強みはしなやかなマインドセットにあり!

松山選手の成長振りには目を瞠るものがある。それはひとえに彼がアメリカに渡ってからの三年間、他のどのプロより練習をしたからである。人の何倍も練習することは、正直、他のプロも実行している。それがプロの世界というものであり、それができない人間...
習慣化

成長するための学び方をキャロル・S・ドゥエックから教えてもらう

人間の資質は変わりようがないと信じていると、失敗したら最後、それで自分の評価が決まってしまう。頭が良かろうが才能があろうが、マインドセツトが凝り固まっているかぎり、そこから抜けだす手立ては見出せない。人間の基本的資質は伸ばせるものだと信じて...
習慣化

しなやかなマインドセットを身につけよう!

人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができる。(キャロル・S・ドゥエック) photo credit: davis.steve32 Mindset via photopin (license) しなやかなマインドセットとは何か...
書評

マインドセット「やればできる! 」の研究(キャロル・S・ドゥエック著)の書評

上り坂か下り坂か、道は二つに一つ。(アレックス・ロドリゲス) 人生は1回ですから、自分の未来をワクワクなものにしていきたいですね。 私たちは上り坂も、下り坂も選択できるのですが 多くの人は一度失敗すると、自分の存在を否定され...
スポンサーリンク