出口治明

スポンサーリンク
習慣化

出口治明氏の還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方の書評

長寿社会は人類の理想ですが、いくら長生きできても寝たきりになっては意味がありません。健康寿命を延ばし、人生100年時代をエンジョイするためには、年齢を気にせず、働き続けることです。年齢、性別フリーのダイバーシティーな環境に身を置き、自分の頭で考えることで、人生をより豊かにできます。
書評

魏徴に学ぶ、君子の諌め方。

「社稜の安危、国家の理乱は、一人に在るのみ」と考えた部下の魏徴は、君主の李世民を必死に諌めます。その言葉を聞いた李世民は初心を思い出し、国の安寧を目指しました。トップの責任を果たした李世民のおかげで、唐は長期にわたり、国民を幸せにすることができたのです。
習慣化

強い組織を作るために、李世民が行ったこと。リーダーは「君は舟なり、人は水なり」を実践しよう!

ダイバーシティを徹底し、多様な人材を登用することで、茶坊主のいない強い組織が作れます。リーダーが実現したいビジョンやミッションを掲げれば、メンバー全員がそれを目指すようになります。リーダーはメンバーを愛し、メンバーが働きやすい環境を作ることで、組織は強くなります。
習慣化

人の成長に欠かせない3つのこと

人の成長には、「①読書」「②文章」「③人との交流」が不可欠です。この3つを習慣化することで、結果を出せるようになります。特に文章を書くことで、自分の考えや情報を整理できます。知識が定着するだけでなく、新しいアイデアも浮かぶようになります。
習慣化

リーダーは目先の小さな利益を追うな!

目先の小さな利益に目がくらむと、大きな利益を失う。 (出口治明) Infographic photo created by freepik - www.freepik.com リーダーは目先に欲に目を眩ませるな! 出口治明...
習慣化

礼楽(タテヨコ思考)が、なぜ経営者に必要なのか?

経営者は、礼楽(タテヨコ思考)を備えることで、様々な課題を解決できるようになります。書を読み、先人の知恵を学ぶと同時に、海外に目を向けることで、問題解決の糸口が見つかります。経営者は忙しさを言い訳にせず、時間を作り、海外に出かけるようにしましょう。
セレクト

リーダーが「いい判断」をするために大切な3つのこと

リーダーが的確な判断をくだすために必要なことが3つあります。①過去の皇帝の失敗から学ぶこと。②善良な人や行いの正しい人とともに、道義的に正しい道を歩むこと。③取るに足らない人たちは退けて、嘘、告げ口、悪口は聞かないこと。これを実践することで、「フラットでオープンな組織」をつくれます。
習慣化

リーダーは360度評価を行おう!

明君は多くの人の意見を聞いて、よいアドバイスを実践します。一方、暗君は一部の人のいうことだけを信じます。リーダーには、相性の悪い人、嫌いな人、厳しいことをいう人の意見にこそ耳を傾け、それを正面から受け止める姿勢が求められているのです。
習慣化

書評 リーダーは部下に権限を委譲せよ!

リーダーは組織を強くするために、部下の力を引き出すべきです。ひとたび部下に権限を委譲したら、その権限は部下の固有のものであり、上司といえども、口を挟んではいけません。上司が権限の感覚を身につけることで、部下が成長し、組織が強くなるのです。
習慣化

書評 出口治明氏の座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」

『貞観政要』は唐の李世民の言行録ですが、本書にはリーダーの心構えが紹介されてます。李世民は部下の諫言に耳を傾け、自分の行動を改善し、歴史に名を残したのです。彼は三鏡を持つことで、よき政治を行いました。三鏡とは、銅の鏡、歴史の鏡、人の鏡の3つを指し、リーダーはこれら3つの鏡を持たなければいけないという教えです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました