脳が喜ぶ仕事術

スポンサーリンク
習慣化

感情にラベルを貼ろう!感情のラベリングでレジリエンスを身につける。

不安、怒り、苛立ちを短時間で和らげるには、行動科学者が「感情のラベリング」と呼んでいる方法が有効だ。ネガティブな感情に名前をつけ、原因を簡潔に説明できれば、その感情がもたらす影響を軽減できることが長年の研究によってわかっている。(キャロライ...
習慣化

キャロライン・ウェッブに、人を簡単に動かす方法を学ぶ。

多くの場合、わたしたちが望むのは、考えを聞いてもらい、受け入れてもらうだけでなく、それによって他者が力を貸してくれたり、時間を割いたり、仕事の仕方を変えたりするといった実際の行動を引き起こすことだ。だが、それは簡単なことではない。(キャロラ...
習慣化

キャロライン・ウェッブに学ぶ、コミュニケーションを活性化するための4つのステップ

主役はあなたではない。(キャロライン・ウェッブ)キャロライン・ウェッブの最高の自分を引き出す 脳が喜ぶ仕事術の 書評ブログの5回目は、信頼関係の築き方について再び書きます。 私たちは良い人間関係を構築することで、幸せになれるのです。 主役を...
習慣化

心の健康を保つためには、あらゆる付き合いを最大限に活用すること。

心の健康の実証研究をするとき、幸福の確かな根拠とされるものがある。人間関係の質だ。人生の3分のーを職場で過ごしたり、仕事について悩んだりしていることを考えれば、大事なのは家族や友人だけではないことがわかるだろう。同僚や顧客との交流もとても大...
習慣化

マルチタスクの罠に陥るな!シングルタスクで生産性をあげよう!

同時に2つ以上のことをしようとすると、仕事が遅くなるだけでなく間違いも増え、結局やり直しとなって、さらに時間がかかる。以前より忙しい気がするのに、できあがる仕事は減り、質も落ちる。マルチタスクの代償は大きい。ヴァンダービルト大学の人間情報処...
習慣化

キャロライン・ウェッブの最高の自分を引き出す 脳が喜ぶ仕事術の書評

そもそも、わたしたちは自分が生産的であることを実感したり、自分の労力が価値あるものとして扱われたりすると、喜びを感じるらしい。加えて最高の日だと感じるのは、自分が良い仕事をした、周りから必要な助けをもらえたと思えるかどうかに関係する。良い1...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました