出版もソーシャルリスニングで面白くなる。

ブログ

昨日は3月にマイナビさんから出る新刊のキックオフセミナーを開催しました。
ソーシャルメディアをビジネスに活用する書籍なのですが
参加者の皆さんと一緒に新書の帯のヘッドコピーを考えるなど
ソーシャルリスニングをしながら、書籍を作る取り組みを始めました。

参加したメンバーの皆さんとお話しすることで
読者の視点に立って、書籍の内容を再考できました。
ワークショップ形式で議論をしたら面白いとメンバーの方からご提案を受けて
その場で、グループで話し合うなどアクティブな議論ができ
有意義な時間を過ごせ、私的には大変満足できました。
参加くださったメンバーの方に改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました!
次回は、書籍をどう売るかをテーマにセミナーを開催予定です。
お時間ある方はぜひ、ご参加ください。

今回発売する書籍は元小学校教諭の高橋暁子さんとの共著なのですが
高橋さんとは以前USTREAMの番組でご一緒してから交流が始まりました。
ソーシャルランチをしながら、書籍を一緒に出したいですねというお話になり
一年以上前にFacebookに二人だけの出版グループを作り
企画会議をソーシャルで重ねてきました。
お互い忙しいので、更新は限られていましたが
あきらめずに議論を続けていく中で、企画書がアップしました。

そして昨年、その企画をMacFanの編集者に提案したところ
別の編集の方をご紹介いただき今回の出版につながっていったのです。
本当に人のご縁のおかげで多くのプロジェクトが動いていきますね。

ソーシャルメディアがなければ、この企画は早い段階で頓挫していたかもしれません。
Facebookでお互いの行動を把握しながら、時々グループに書き込むことで
出版するというゴールを確認できたのです。
アイデアがひらめいたらメッセージやグループでやり取りすることで
面白い企画になっていったのです。

Facebookはメッセンジャーやグループを仲間と活用していけば
いろいろなことにチャレンジできます。
夢を共有した仲間とリアルだけでなく、絶えずソーシャルメディアを使って
コミュニケーション続け、アクションすればゴールが近づくのです。

今回のように執筆しながらソーシャルメディアを活用したイベントを開催すれば
仲間からのアドバイスを貰えます。
ソーシャリアルで人を巻き込める時代なのですから
Facebookをプライベートに使うだけでなく、ビジネスでも活用してみましょう。
多くの気付きを得られるはずですよ!

Photo Credit

Loading Facebook Comments ...

コメント