台湾松山空港では春水堂のタピオカアイスミルクティーを飲みましょう!

ブログ

今回の台湾旅行ではまったのが、タピオカアイスミルクティーです。
このタピオカアイスミルクティーが飲みたくて
台湾松山空港の春水堂に寄ってから、飛行機に乗ることにしました。

春水堂は創業1983年、台湾で38店舗を展開するお茶専門カフェです。
そして、タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾だけでなく
東京でも人気を博しています。

お店には可愛いチラシがあり、それでタピオカミルクティーの歴史がわかります。
ミルクティーにタピオカを混ぜる発明は1987年に行われたそうです。
これが国民的な人気となり、世界に広がっていったそうです。

紅茶の中に大きなタピオカが入っていて
それを太めのストローで「すする」食感がたまりません。
私はこのタピオカアイスミルクティーが完全に癖になりました。

松山空港のお店は国際線のエスカレーターを上がった正面にあります。
ぜひ、入国時や帰国時など時間があるタイミングで寄ってみてください。
ちなみに、タピオカミルクアイスティーは70元でした。

東京にも表参道などにお店があります。
普段はあまりこういう記事は書かないのですが

今朝は空港で春水堂に感謝の気持ちから一気に書き上げました!
今日も読んでいただき、ありがとうございます!

Loading Facebook Comments ...

コメント