経営者にコーチが必要な理由。

習慣化

あなたが得意ではない分野をカバーするには、顧問たちの経験や教育にレバレッジを効かせ、それを利用する方法が有効だ。(ロバート・キヨサキ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-23-14-24
自分に優秀なアドバイザーやコーチをつけることで
自分を驚くほど成長させられます。
なかなか行動できないと迷っているのなら
すぐにコーチを雇って、背中を押してもらえばよいのです。

人生において、多くの人が何をすべきかを知っているが、それを実際に行う人はほとんどいない。知っているだけでは不十分だ。行動を起こさなければならない。(アンソニー・ロビンズ)

何をなすべきかを知っていても、行動を起こせる人は少ないと
アンソニー・ロビンズは言います。
多くの経営者は税理士や弁護士などの専門家は雇っても
行動を起こすために、コーチを雇おうとはしません。
しかし、経営者にこそ、相談相手やアドバイザーが必要だと私は考えています。

経営者にとって、経営の課題を解決することが最も重要なテーマです。
解決策のための思考法を学び、それを実践することがとても重要なことだと思いますが
なかなかそれに時間を費やすことはできません。
経営者は孤独ですから、会社内に相談相手を持てません。
経営者仲間で相談したり、先輩経営者に相談することも可能ですが
毎回、的確なアドバイスをもらえるわけではありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンソニー・ロビンズの自分を磨く [ アンソニ・ロビンズ ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)

しかし、優秀なコーチを持つことで、彼らの頭脳と経験を活用できます。
コーチから良い質問をもらうことで、自分の頭を整理できます。
ネガティブに考えていたことが、コーチの一言でポジティブに変わることで
ピンチがチャンスの入り口になるのです。
コーチとの対話を通じて、課題の解決策が見つかったり
大きなヒントをもらえるようになります。

私は経営者ではありませんでしたが、広告会社の部長時代
豊富な経営経験を持つ新堀進氏から指導を受けることで
自分の頭を整理できるようになりました。
質問力とフレームワークを学ぶことで、どう課題を解決すればよいかを学べたのです。
また、自信が持てずに、行動できないときでも、いつも背中を押してもらえました。
「徳本さんならできるはず!」と応援してもらうことで
日々の行動がつらくなくなったのです。
本を何冊も出版できたのも、新堀さんのサポートのおかげなのです。

経営者がコーチを雇うならば、経営経験のあるコーチがオススメです。
自分の課題を解決できる相談相手を見つけられれば
自分一人で悩む必要がなくなり、次の一手を打てるようになります。
税理士や弁護士を雇うように、経営者にはコーチが必要だという理由がここにあります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Sapienza Università di Roma_Archivio fotografico _DSC4948 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント