生産性向上

スポンサーリンク
イノベーション

ゆるい職場-若者の不安の知られざる理由 (古屋星斗) の書評

ゆるい職場-若者の不安の知られざる理由  古屋星斗 中央公論新社 本書の要約 経営者や上司、人事担当者は、優秀な若手の社外活動を積極的に応援し、成長を促すとともに、会社に対する気持ちをポジティブにしていくべきです。彼らと...
哲学

超訳 言志四録 佐藤一斎の「自分に火をつける」言葉 (田口 佳史) の書評

言志四録 を超訳した田口佳史氏は「経験を整理するのが古典だ」と古典を読むべき理由を明らかにしています。 古典の中の名言の数々に触れ、それらを自分の日常と照らし合わせてみることによって、自分が反省すべき点が明らかになります。古典を読むことで自分の思考と行動をどう変えればよいのかのヒントを見つけられるのです。
イノベーション

事業開発一気通貫 成功への3×3ステップ(秦充洋)の書評

事業開発は以下の「3サイクル×3ステップ」を一気通貫で行うべきです。[1]発想のサイクル ①事業コンセプト②顧客への提供価値③顧客検証[2]モデル化のサイクル ④バリューチェーン⑤マネタイズモデル⑥キャッシュフローモデル[3]実行と巻き込みのサイクル ⑦チームとアライアンスを育てる⑧事業とオペレーションを絶えず見直す⑨事業開発を組織で支える
サブスクリプションモデル

NUDGE 実践 行動経済学(リチャード・セイラー,キャス・サンスティーン)の書評

NUDGE(ナッジ)とは 親ゾウが、子ゾウの背中を鼻でちょっと押すように、 強制や禁止をせずに本人の「よりよい選択」を後押しすることです。ナッジを上手に活用し、選択アーキテクチャーを正しく設計すれば、私たちはもっと豊かになれるのです。
イノベーション

解像度を上げる――曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法(馬田隆明)の書評

解像度を高めたければ、情報をひたすら収集する「内化」と、言語化したり、作ったりする「外化」をひたすら繰り返しましょう。仮説ができたらプロトタイプをつくり、顧客との対話を始めます。顧客からフィードバックを得ながら、改善を続けることで、よいビジネスが生まれるようになります。
イノベーション

スタートアップ的人生(キャリア)戦略(リード・ホフマン, ベン・カスノーカ)の書評

人とのつがなりを強化することで、自分の競争上の強みを伸ばせます。ABZプランニングを実践する、戦略的なセレンディピティを培う、賢くリスクをとる、情報網を活かすなど、さまざまな場面で周りの人が自分を支援してくれます。つながりの中でお互いを助け合うことで、キャリアアップをはかれるようになります。
SX

絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?〜 (清水康一朗)の書評

絆徳(ばんとく)企業の最大の特徴は、働く幸せを実感する社員がいて、理念と経済合理性の両方を高いレベルで矛盾なく実現していることです。従業員と共に環境など社会をよくする経営を行なっていれば、リピーターが増加します。また、SNSやリアルでの口コミ効果で新規顧客も獲得できるようになります。
チームワーク

「音大卒」は武器になる(大内孝夫)の書評

音大生はストレスに打ち勝つ能力が高く、舞台慣れしているという強みがあります。フレームワークを身につけ、プレゼン能力を鍛えれば、営業やコンサルとしても能力を発揮できます。練習するのが当たり前の環境で育った音大生は、継続力やあきらめない力が半端ありません。企業は音大生の採用に積極的になるべきです。
AI

モビリティX シリコンバレーで見えた2030年の自動車産業 DX、SXの誤解と本質(木村将之, 森 俊彦)の書評

モビリティXが進展する中で、今後モビリティに関わる企業は、いち早く自社の考えるサステナビリティーへの世界観を掲げ、首尾一貫した環境への貢献活動を行うべきです。そのためには、絶えず顧客とコミュニケーションを取り続け、得られたデータを基に顧客体験を開発、改善していくことが重要になります。
AI

アルゴリズム思考術 問題解決の最強ツール (ブライアン・クリスチャン, トム・グリフィス)の書評

物事を判断する際に、有効なアルゴリズムがあれば、推測を行ない、より単純な解決策を優先できます。その際、エラーのコストと遅延のコストのトレードオフを行なうことで、よい結果を得られます。このトレードオフこそが最も合理的な行動だということを忘れないようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました