生産性向上

スポンサーリンク
セレクト

山口周氏の劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのかの書評

劣化するオッサンにならないためには、教養と挑戦が欠かせません。チャレンジマインドを失うと人は成長できなくなります。居心地のよい組織に馴染み、ルーチンな仕事を続けるだけでは、未来をつまらなくしてしまうのです。新たなチャレンジを続けることで結果を残せ、幸福度も増すことがわかっています。
セレクト

影響力=仕事量(アウトプット)×スピード(時間)

影響力=仕事量(アウトプット)×スピード(時間)という公式を信じて、日々の行動を見直しましょう。インプットした情報をすぐに、話す、書く(アウトプットする)ことで、周りの人に評価されるようになります。1週間後の100点満点より、3日後の70点の方が仕事においては価値があるのです。
習慣化

自分の行動ルールを決め、生産性を高めよう!

1日は24時間と決まっていますから、何もかも完璧にやろうとするのは無理があります。時間を有効活用し、生産性を高めるためには、自分の行動ルールを決めることです。行動ルールに従えば、無駄な時間やエネルギーを使わないで済みます。また、行動ルールの蓄積によって、良い結果が残せるようになります。
習慣化

出口治明氏の知的生産術の書評

「楽しい」という感情が生産性を高めてくれます。自分のやりたいことを優先すれば、行動しやすくなり、結果を残せるようになります。好きなことを実現するためには、自分の頭で考えて、行動する必要があります。自分の頭で考え抜くことで、イノベーションが起こり、良質なアウトプットを出せるようになるのです。
習慣化

出口治明氏の「おいしい人生」を生きるための授業の書評

世界は絶えず変化しています。世の中が変わるたびに、イノベーションが起こり、新しい仕事が生まれています。未来に不安を感じるのではなく、変化に適応できるようにしましょう。未来をポジティブに捉え、目の前の仕事に集中すると同時に、自分のスキルを高めるのです。
セレクト

マーク・ジェフリーの データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標の書評

フォーチュン500社の業績上位20%の企業に共通する成功のカギは、データ解析にもとづくマーケティング(データドリブン・マーケティング)の意思決定であることがわかっています。本書の15の指標を活用し、顧客との関係を強化することで、企業の業績をアップできるのです。
習慣化

座りっぱなしは健康リスクが高い?

現代人の働き方が変わり、座る時間が伸びています。これが心と体の健康に悪影響を及ぼしています。自分の時間と行動を見直し、座る時間を減らしましょう。ルーティン化した生活の中で少し余計に動くことにフォーカスすることで、健康を維持できるようになります。
書評

ヤニス・バルファキスの「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」の書評

農作物の余剰によって、文字や宗教、債務、通貨、国家などが生まれました。その余剰から経済が生まれ、イノベーションや軍隊が生まれたのです。権力者は聖職者や軍隊を使いながら、庶民や植民地をコントロールしてきました。現代の課題であるグローバルと社会の格差ももとをただせば、この余剰から生まれたのです。
セレクト

橘玲氏の働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれるの書評

日本人の働き方は旧態依然で、新しい働き方に追いついていません。好きなこと、やりたいことを選択し、そのスペシャリストになることで、よいことが起こるようになります。自分の知識や人脈を惜しげもなくギブすることで、仕事のオファーが届くようになるのです。
習慣化

朝晩のマインドフルネスを習慣化しよう!

私たちは1日の47%の時間を無意識に過ごしています。これを避け、創造性を高めるために、今ここに集中すべきです。「マインドフルな意識」とは、集中と感知という2つのスキルを活用することです。朝晩に自分の呼吸にフォーカスし、仕事にできる自分に生まれ変わりましょう。
スポンサーリンク