生産性向上

スポンサーリンク
投資

このプリン、いま食べるか? ガマンするか? (柿内尚文)の書評

時間の使い方を工夫することで、より幸福な時間を増やすことが可能です。特に、「やらなければならないこと」を「楽しくやること」に変えることが重要です。このシンプルな考え方を取り入れるだけで、時間の捉え方が変わり、日常生活においてもポジティブな変化が生まれます。
文化

無意識のバイアスを克服する 個人・組織・社会を変えるアプローチ(ジェシカ・ノーデル)の書評

無意識のバイアスを克服するためには、個人、組織、社会全体が協力して、バイアスを克服し、差別のない世界を築くための努力を継続していくことが不可欠です。同時に組織の文化を変えて、個々の違いを受け入れる環境を作り上げ、多様性と包括性を推進することも欠かせません。
哲学

なぜ働いていると本が読めなくなるのか(三宅香帆)の書評

「半身で働く社会」の実現により、仕事だけでなくプライベートを充実できます。このアプローチにより、「働いていても本が読める社会」を実現することが可能になります。仕事だけに焦点を当てるのではなく、趣味や個人の成長にも時間を使うことで、より充実した毎日を送ることができるでしょう。
イノベーション

インフォーマル・パブリック・ライフ――人が惹かれる街のルール (飯田美樹)の書評

カフェは幸せの象徴であり、偶然の出会いやリラックスできる場所として人々に親しまれています。世界的な都市では、都市改革によって魅力的な空間が整備され、多くの人々が訪れる場所に変貌しています。その中心にはカフェ文化があり、インフォーマル・パブリック・ライフを楽しむことができます。
文化

レスポンシブル・カンパニーの未来――パタゴニアが50年かけて学んだこと(ヴィンセント・スタンリー, イヴォン・シュイナード)の書評

パタゴニアは地球を救うというミッションを掲げ、そのための具体的な行動に取り組んでいます。責任ある企業は、パタゴニアのように現実の課題をストーリーにし、戦略を展開すべきです。信頼を得るためには、自社の強みと弱みを率直に語ることが不可欠であり、理想と現実のギャップを埋める努力が求められます。
組織

クリティカル・ビジネス・パラダイム――社会運動とビジネスの交わるところ (山口周)の書評

クリティカル・ビジネスの実践者は、社会の問題の解決に取り組むことで社会全体の価値向上に寄与します。環境問題や格差社会などの課題に取り組むことで、持続可能な社会を実現する一歩を踏み出せます。また、企業が社会的責任を果たすことは、企業価値の向上につながるだけでなく、顧客をパートナーにできるのです。
投資

Invention and Innovation 歴史に学ぶ「未来」のつくり方(バ-ツラフ・シュミル)の書評

著者は発明とイノベーションの歴史を紐解くことで、今後何をすべきかを明らかにしています。新しい技術やイノベーションを活用して環境負荷を減らし、同時に人々の生活水準を向上させることが重要です。それにより、持続可能な未来を築く基盤が整備され、世界中の人々がより豊かで健康な生活を送ることができるようになります。
アマゾン

BIG THINGS どデカいことを成し遂げたヤツらはなにをしたのか?( ベント・フリウビヤ, ダン・ガードナー)の書評

ビッグプロジェクトを成功させるには、「ゆっくり考え、すばやく動く」ことが鍵です。プロジェクトには多くのバイアスが潜んでおり、それらに注意しながら持続可能な未来に向けて進む必要があります。大きなことを成し遂げるためには、ビジョンと正しい計画、経験のあるメンバーとチームワークが欠かせません。
戦略

社会を変える学校 学校を変える社会(工藤勇一、植松努)の書評

教育現場では社会の変化に合わせて教育内容をアップデートし、生徒が自ら考え行動する力を養うことが求められています。教育の目的は子供を自律させることであり、時代遅れの教育システムを改革し、学校だけでなく社会がその支援を積極的に行うべきです。当然、激しい変化に適応するためには大人のリスキリングも欠かせません。
イノベーション

レッドクイーン戦略と新レッドクイーン戦略とは何か?世界標準の経営理論 (入山章栄)の書評

企業が成功するためには、自社のビジョンを明確に示し、イノベーションを通じて顧客体験を向上させることが不可欠です。競争の相手は他社ではなく、自社の進化能力と顧客への価値提供です。新レッドクイーン理論は、企業が如何に進化し続けるべきかを示し、競争の本質を再考する機会を提供します。
スポンサーリンク