生産性向上

スポンサーリンク
習慣化

リタイア後の人生を明るくする方法

新しいことにチャレンジする時に恐怖感はつきものです。やりたいことがあるのなら、自分に優しく接し、妨害するものを列挙し、それを小さく切り刻みましょう。いくつになっても遅すぎることはないと考え、「モーニング・ページ」「アーティスト・デート」「ソロ・ウォーキング」「メモワール」で新たなひらめきを得るのです。
習慣化

ジュリア・キャメロンのいくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。の書評

「モーニング・ページ」「アーティスト・デート」「ソロ・ウォーキング」「メモワール」の4つを組み合わせることで、クリエイティブに生きられるようになります。リタイア後は、過去を再訪し、未知のものを探求するチャンスを得たと考え、自分の未来を再設計しましょう。
習慣化

北野哲正氏の起業・副業の教科書: ゼロから年収1000万を実現する7つの習慣の書評

成功する経営者は習慣力を鍛えています。起業で成果を出したければ、重要なことを習慣化し、継続すればよいのです。マインドセット、仕組みづくり、コンセプト、リストビルディングコピーライティング、エンパワーメント、リーダーシップの7つの習慣が起業を成功に導きます。
イノベーション

DNAスキャンとバイオテクノロジーが寿命を伸ばしてくれる?LIFE SPAN(ライフスパン)―老いなき世界の書評

自分のデータをトラッキングし、バイオテクノロジーを活用することで、私たちの体と心の老化を防げます。様々なテクノロジーが組み合わさることで、私たちの寿命を伸ばすことが可能になるのです。私たちが長く生きれば生きるほど、まだ予見できない医療の画期的な進歩の恩恵を受ける確率は高まります。
イノベーション

老化は過去のものになる?LIFE SPAN(ライフスパン)―老いなき世界の書評

バイオテクノロジーによって様々な治療法が変わり、老化はやがて過去のものになります。老化研究では細胞のリプログラミングが、次のフロンティアになりそうです。しかし、この技術には倫理的な問題があることを忘れてはいけません。誰にどの病状ならこの技術を使うのか?を真剣に議論する必要があります。
イノベーション

デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラントのLIFE SPAN(ライフスパン)―老いなき世界の書評

デビッド・A・シンクレアは老化は病気で、やがて人類は老化を克服できるようになると言います。定期的な運動やときおりの絶食を習慣化することで老化を防げることがわかっています。また、NMN(ニコチンモノアミドヌクレオチド)によって、健康寿命を伸ばせる可能性が高まっています。
セレクト

モシェ・ミレブスキーの人生100年時代の資産管理術 リタイア後のリスクに備えるの書評

100年人生時代、「老後貧乏」を避けるためには、今までの資産運用の常識を疑うべきです。できるだけリタイアを遅らせ、自分の人的資本から株式と債権の最適な投資バランスを考えましょう。著者は、リターンが得られれば、借金をしてでも積極的に株式投資をすべきだと述べています。
書評

幸せなお金持ちになるための法則。ロブ・ムーアのMONEYの書評

自分の価値を高めたければ、自分で自分に言い聞かせる「物語」をよりよくし、自分をもっと大切にすべきです。自己評価を高めるほど、世界は自分を評価してくれるようになります。自己投資と感謝の気持ちを持ち続けることで、人はお金を稼げるようになり、幸福度もアップできます。
習慣化

ロブ・ムーアのMONEY 30歳で150億稼いだ私の思考法の書評

お金持ちは富を保つだけでなく、自分と周りの人を通して、お金の流れを加速させています。お金を貯蓄するだけでなく、感謝の気持ちを持って、手元のお金を周りの人を喜ばすために使うことが重要です。マインドセットを変え、お金と幸せな人生の両方を目指しましょう。
イノベーション

ジェームズ・C・コリンズのビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階の書評

ビジョナリーカンパニーも盛者必衰の理通り、やがては衰退を始めます。衰退する企業は成功から生まれる傲慢→規律なき拡大路線→リスクと問題の否認→一発逆転策の追及→屈服と凡庸な企業への転落か消滅の5つの段階を転げ落ちます。企業を改革するためには、規律ある行動を取り戻すことが重要だと著者は指摘します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました