生産性向上

スポンサーリンク
哲学

シンプリスト生活 (Tommy)の書評

仕事においても、暮らしにおいても、有限の時間やエネルギーを「大切なこと」にフォーカスし、それ以外はできるだけ排除しましょう。結果を出したければ、自分の大切なものに集中できる環境を整えることです。物事に邪魔されない環境を作り、シンプルに生きることを目指しましょう。
哲学

パーパスを実現するためにリーダーがやるべきこと。THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)の書評

①世界が必要としていること ②自分の会社にできること ③従業員たちが突き動かされるもの、情熱を注げるもの、追求しているもの ④稼ぐことができるもの この4つの要素が重なるところに自社のパーパスがあります。個人のパーパスと会社のパーパスをつなげ、人と人との真のつながりを育みましょう。 
イノベーション

エコシステム・ディスラプションによって、アマゾンがアレクサで勝者になれた理由。

エコシステム・ディスラプションの本質は、新たな価値構築を展開することにあります。そして新たな価値構築は、パートナーや活動が新たに連携することに依存するのです。アマゾンはこのエコシステム・ディスラプションを活用し、パートナーを集結させることで、スマートスピーカーにおいて成功を手に入れました。
イノベーション

戦略を、実行できる組織、できない組織。(クリス・マチェズニー,ショーン・コヴィー,ジム・ヒューリング)の書評

戦略を実行するためには、以下の4つの規律(4Dx)が効果を発揮します。第1の規律:最重要目標にフォーカス 第2の規律:結果を左右する先行指標に基づいて行動する 第3の規律:行動を促すスコアボードをつける 第4の規律:アカウンタビリティのリズムを生み出す。4つのDxが組織のパフォーマンスを高めてくれるのです。
イノベーション

パーパスとともに会社を成長させるために必要なこと。THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)――「人とパーパス」を本気で大切にする新時代のリーダーシップの書評

企業文化を変え、メンバーが互いにリスペクトし、つながることで、ダイバーシティ&インクルージョンが生まれます。個人のパーパスと会社のパーパスをつなげ、人と人との真のつながりを育み、自律性を後押しし、マスタリーを促すことで、人の働き方が変わり、組織のパフォーマンスが高まります。
リーダー

「価格上昇」時代のマーケティング なぜ、あの会社は値上げをしても売れ続けるのか (小阪裕司)の書評

顧客は自分にとって意味があると思ったら、惜しみなくお金を使います。日本経済が厳しくなっても、自社の価値を顧客にしっかりと伝え、適正な値付けをしていれば、 あなたの会社やあなたが売っているものに顧客のお金を十分に配分してもらえます。 経営者が意識すべきは、顧客の心のシェアなのです。
イノベーション

いままで起きたこと、これから起きること(高城剛)の書評

私たち人類は周期によって支配されていますが、この説を使うことで未来をある程度予測可能です。もし80年周期が世界的に大きな変化をもたらすなら、2020年代は激動の時代になります。気候変動の視点でも2030年代は寒冷期になる可能性が高まることが予測されています。私たちは歴史のサイクルを学び、変化に適応すべきです。
パーパス

トランジション ――人生の転機を活かすために(ウィリアム・ブリッジズ)の書評

トランジションは、「何かが終わる時期」「混乱や苦悩の時期」「新しい始まりの時期」の3つに分類されます。何かが始まるときには、別の何かが終わりを告げています。そして、新しいスタートを切るためには、 「今まさに手放すべきもの」を実際に手放していくという「終わり」から始めなければなりません。
リーダー

THE HERO CODE (ウィリアム・H・マクレイヴン)の書評

THE HERO CODE ウィリアム・H・マクレイヴン 扶桑社 本書の要約 ヒーローの行動規範とは、人類が探究し、育み、慰め、励ましあう、社会が繁栄するための道徳的規範であり、内なる行動規範です。勇気、謙虚さ、犠牲心、誠...
アマゾン

世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー(ジョン・マッキー)の書評

世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー ジョン・マッキー、ラジェンドラ・シソーディア 翔泳社 本書の要約 経営者が社員、コミュニティー、株主、顧客、サプライヤー、自社の6つのステークホールダーすべてが幸せ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました