生産性向上

スポンサーリンク
フレームワーク

影響力の科学 ビジネスで成功し人生を豊かにする最上のスキル(ジョン・レヴィ)の書評

異なる背景を持つ人との信頼を築くには、共通の目標や問題に取り組むのが効果的です。影響力を拡大したい場合は、周囲の人に積極的に声をかけて、一緒に活動に参加してもらいましょう。自分が行いたいことをはっきりさせ、他の人たちを誘うことで、新しいつながりやコミュニティを築くことが可能です。
哲学

テックラッシュ戦記 Amazonロビイストが日本を動かした方法(渡辺弘美)の書評

アマゾンの成長は、純粋にテクノロジーやイノベーションだけによるものではありません。それは、ダイナミックなロビイングやPR活動、リーダーシップ・プリンシプルに基づいた戦略的なアプローチによって支えられています。これらの要素が組み合わさることで、アマゾンは市場での成功を実現し続けています。
組織

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる(ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー)の書評

発達指向型組織(DDO)は、メンバーが自らの弱さや課題をオープンに共有し、お互いに助け合いながら成長していきます。この組織文化では、個々のメンバーが自分自身と組織全体の成長と発達に焦点を当て、他者と共に学び合うことが重要視されています。彼らは弱さや課題を隠すのではなく、表に出すことをよしとしています。
組織

ファンを集められる会社だけが知っている 「ブランド人格」 (鬼木美和)の書評

「ブランド人格」の構築により、企業や個人は独自の価値観や特徴を強調し、競合との差別化ができるようになります。これは共感を得やすくし、理解されやすい関係性を築き、長期的な信頼と協力を生み出します。また、これにより新しい提案やアイデアが受け入れられやすくなります。
投資

書いてはいけない(森永卓郎)の書評

日本政府が40年以上にわたってアメリカと共謀し、日本航空123便の真の原因を隠蔽してきたと著者は指摘します。この事実により主権が損なわれ、アメリカから経済政策を押しつけられています。さらに、ザイム真理教による増税政策により、日本経済は衰退し、経済成長が停滞しているのです。
イノベーション

「解像度が高い人」がすべてを手に入れる 「仕事ができる人」になる思考力クイズ51問 (権藤悠)の書評

解像度を高めるためには、具体化思考力、抽象化思考力、具体抽象思考力をバランスよく養うことが欠かせません。これらの思考力によって、正しく課題を定義し、解決策を見つける能力が向上します。解像度を高めることで、より良い結果を生み出すことができるようになるのです。
イノベーション

DBSのDX戦略、なぜ面白い銀行は生まれたのか?REWIREDの書評

マッキンゼー REWIRED―デジタルとAI時代を勝ち抜く企業変革の実践書 エリック・ラマール, ケイト・スマージュ 東洋経済新報社 マッキンゼー REWIRED(エリック・ラマール)の要約 DBSは、データ主導型の組織への移行を進めるため...
ウェルビーイング

日本の会社員はなぜ「やる気」を失ったのか (渋谷和宏)の書評

日本企業が再び競争力を取り戻し、社員のやる気を引き出すためには、コスト削減経営から脱却し、ビジョンを提示し、イノベーションを促進する経営に転換する必要があります。これには給与の増加や従業員の能力や意欲を活かす仕組みの構築、働き方改革を含む柔軟な労働形態の導入など、さまざまな取り組みが必要です。
DX

マッキンゼー REWIRED―デジタルとAI時代を勝ち抜く企業変革の実践書 (エリック・ラマール, ケイト・スマージュ)の書評

デジタルとAIの進化により、ビジネス環境は急速に変化しています。企業がこの変化に適応し、競争力を維持するためには、ビジネスの配線をし直すこと、「REWIRED」が必要です。DXによる企業価値の向上を達成することができます。経営者は、将来の成功に向けて積極的に行動し、変革をリードする覚悟が求められます。
哲学

「おもてなし経営」のすすめ ~エンジニア・コーチ・コンシェルジュからの学びと提言~ (新堀進)の書評

おもてなし経営は、顧客満足度を高めるだけでなく、社会全体に良い影響をもたらす経営手法です。企業がこの手法を取り入れることで、従業員のモチベーションや働きやすさが向上し、結果的に生産性も向上します。また、おもてなしの精神は社会においても重要であり、人々の心をつなぎ、共に豊かな社会を築く基盤となります。
スポンサーリンク