生産性向上

スポンサーリンク
AI

The Art of Marketing マーケティングの技法(音部大輔)の書評

The Art of Marketing マーケティングの技法 音部大輔 本書の要約 パーセプションフロー・モデルは、消費者の認識(パーセプション)変化を中心としたマーケティング活動の全体設計図です。パーセプションフロー・モデ...
DX

5つの物語で知る買い手の心理 圧倒的サイト戦略 (大浦早紀子)の書評

①売上は、サイト次第で「10倍」にも「半分以下」にもなる。②サイト作りは経営直結の課題である。③集客コストは単なる費用ではなく「投資」である。これら「3つのマインドセット」を身につけ、戦略作成、情報設計、原稿作成の3つのステップを正しく行えば、サイトで結果を出せるようになります。
AI

Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル (ジェイソン・ドーシー, デニス・ヴィラ ) の書評

Z世代の層は厚く、多様性に富んだデジタルネーティブが、もう間もなく労働力の大きな部分を占めはじめます。消費の面ではすでに、トレンドセッターとして最重要の世代となっており、あらゆるビジネスに影響力を持とうとしています。本書の調査やケーススタディを活用することで、今後も企業はZ世代とともに成長できるのです。
イノベーション

香りが買い物体験に影響を及ぼす?センスハックの書評

小売業界はセンスハッキングによって、顧客の購買体験に影響を及ぼそうとしています。顧客を喜ばす香りによるセンスハッキングを行うことで、売上アップがはかれるのです。香りへの投資のROIが高いことは、多くのチェーン店の積極的な取り組みを見ればわかるはずです。
投資

日本病 なぜ給料と物価は安いままなのか (永濱利廣)の書評

低所得・低物価・低金利・低成長からなる日本病のために、日本人の貧困化が進んでいます。この30年間日本はデフレを放置したために、経済は成長せず、賃金が上がらなくなっています。これを脱却するためには、大胆な財政主導と量的金融緩和の継続が求められています。
アマゾン

ひとりEC 個人でも売上を大きく伸ばせるネットショップ運営(三浦卓也 )の書評

自社のファン(常連客)を増やすためにやるべきことは、「お客様が感動してくれるくらい、お客様の役に立つことに全力を出す」ことです。ECサイトの運営は作業ではなく商売ですので、お客様に喜んでもらえる価値を提供する必要があります。自社視点ではなく、お客様視点で課題を解決するための情報発信を心がけるべきです。
習慣化

模倣と創造 13歳からのクリエイティブの教科書(佐宗邦威)の書評

創造する力を養うことで、人生100年時代の選択肢を広げられます。日々、自分を斉唱させること、様々なプロジェクトに関わることで、自分のスキルを高めるだけでなく、ネットワークも強化できます。創造的に生きることで、長い人生を楽しむ生き甲斐を自分でつくれるようになります。
習慣化

逆襲のビジネス教室(池田貴将)の書評

仕事のパフォーマンスを高めるには、仕事術よりも、体調管理よりも、「stillness(心の静寂)」が効果があることがわかっています。「stillness(心の静寂)」を手に入れるために、重要でないことはしない、1日の終わりに振り返りの時間を持つ、孤高の時間を過ごすようにしましょう。
イノベーション

新 失敗学 正解をつくる技術(畑村洋太郎)の書評

現代のようなVUCAの時代には、今までのような常識が通用しなくなり、自ら考え、行動しなければなりません。「正解がない時代」=「正解がいくつもある時代」には、自分たちで正解をつくっていく必要があります。自分たちで正解をつくるとは失敗を恐れずに、仮説ー実行ー検証を回していくことにほかなりません。
イノベーション

なぜ、それは儲かるのか:〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉が最強な理由(山口真一)の書評

テクノロジーの進化や、決済手段の発達、消費者の支払い意思額に応じた価格設定によって、上位顧客に多額のお金を払ってもらえるようになり、1%の顧客が売上の多くを占めるという現象も起こり始めています。上位1%の顧客のみを狙うのではなく、無料のユーザーを増やし、全体のパイを大きくすることが重要になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました