生産性向上

スポンサーリンク
習慣化

ティボ・ムリスの理想の自分をつくる100の法則の書評

本当に自分がやりたいことを見つけるために、内省の時間を持ちましょう。成功するためには、自分の強みを見つけ、そこに多くに時間を費やすべきです。自分が弱い分野に時間を使うのはやめ、対処法を考えることで、結果を出せるようになります。
書評

タル・ベン・シャハーのハーバードの人生を変える授業2の書評

心理学の研究によると幸福感の40%は、選択によって決まることがわかっています。自分らしい人生を送る鍵は、今のペースを変え、自分がいま何をやっているのかを考え、自分がしている行動の意味を問うことです。本当に自分が何をしたいかを考え、選択する時間を持つようにしましょう。
イノベーション

エベン・ぺーガンのチャンスを見つける19の法則の書評 チャンスのキュレーターになろう!

チャンスに対するマインドセットを変えることで、人生をより豊かにできます。チャンスはいつもそこにあり、よく探すことで、チャンスを見つけられます。チャンスのキュレーターというマインドセットを身に付けることで、人生のさまざまな分野ですばらしいチャンスのコレクションを作れるようになるのです。
セレクト

コトラーのリテール4.0 デジタルトランスフォーメーション時代の10の法則の書評

「デジタルトランスフォーメーションがリテールのルールを激変させる」とフィリップ・コトラーは言います。小売業はオンラインと店舗をシームレスに融合させ、顧客体験を高めなければなりません。小売業はコトラーが提唱するリテール4.0の10の法則を採用し、顧客との関係を今こそ強化すべきです。
習慣化

高森厚太郎氏の中小・ベンチャー企業 CFOの教科書の書評

外部の経営参謀としてストラテジー(経営企画)に起点を置きながら、バックオフィスの管理を行うのが、「攻めのCFO」の仕事です。CEOやCOOの仕事を後方から支援し、企業の成長戦略をナビゲートしつつ、経営効率(生産性)を上げることで、ベンチャー・中小企業の企業価値を向上できるのです。
習慣化

成功には努力と才能と運の力が必要?

Background photo created by freepik - www.freepik.com 成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 著者:ロバート・H・フランク 出版社:日本経済新聞出版社 本書の要約...
習慣化

スティーブ・ザフロンとデイブ・ローガンのパフォーマンスアップ3つの法則の書評

未来を言語化し、書き換えること、それをチームで共に作ることで、組織を強化できます。言葉は状況を変える力を持つのですから、その力を活用しましょう。有名なアメリカの独立宣言もこの未来を書き換える力から生まれました。多くのリーダーが未来を書き換えることで、成功を手に入れているのです。
習慣化

ジェリー・コロンナのReboot 良きリーダーになるための9つの質問の書評

リーダーは自分との対話の時間(自己探求)を持つことによって、部下との関係を改善できます。よりよいリーダーはよりよい人間であり、よりよいリーダーなのです。実は、リーダーシップを学ぶことは、本質的には人間性を学ぶことだと言えます。
習慣化

キャス・サンスティーン&ルチア・ライシュのデータで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」の書評

リマインダーや看板などの「ナッジ(nudge)」をうまく活用することで、私たちはより良い行動を選択できます。目的が不正な場合や大半の選択者の利益か価値観のいずれと一致しないと見られるナッジには反対意見を持つことがわかっていますから、適切な情報設計を行い、課題を解決すべきです。
習慣化

白井久子氏のコンサルティングを「見える化」する技術: マッキンゼーが教えてくれたの書評

優秀なコンサルタントは3つのスキル、コミュニケーション力、影響力、ファシリテーション力を持っています。変化の激しい時代に生き残るビジネスパーソンになるためには、この3つのスキルが欠かせません。特に、ファシリテーンション能力はメンバーの共感を作るために必要なスキルです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました