生産性向上

スポンサーリンク
習慣化

貯蓄にユリシーズ契約を活用しよう!

未来の誘惑とのあいだに障壁をつくるような取り決めのことをユリシーズ契約と言いますが、これを貯蓄に活用するのです。毎月の収支に関係なく、あらかじめ貯蓄の種類と金額を決めておくことで、自制の失敗を自覚したうえで、毎月望ましい決定を下せるようになり、老後にお金の心配をしないですみます。
イノベーション

世界のマーケターは、いま何を考えているのか?(廣田周作)の書評

「買い物は投票」だと捉える消費者が増える中、企業の真剣さが問われています。企業の実態が可視化される中で、環境や人権に鈍感な企業は淘汰されてしまいます。「自分たちの未来は、自分たちの力で変えられる」と考えるZ世代が消費の中心になる中で、今までと同じやり方を続けていてては、企業は存続できなくなります。
習慣化

ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉の書評

自分の現状をよくしたければ、古い世界におさらばして新しい世界の扉を開くべきです。その際、言葉が重要な役割を担います。自分が見聞きする言葉の中身を入れ替えることで、自分の常識を変えられます。今までと同じ言葉を使っていたら、古い自分を変えられません。新しい言葉を使うことで、今までとは異なる別世界が拓けてきます。
イノベーション

上流思考──「問題が起こる前」に解決する新しい問題解決の思考法(ダン・ヒース)の書評

下流で目先の問題をいくら解決しても、根本的な問題は解決できません。問題の本質を問い直し、上流から課題を解決するようにすべきです。上流から思考し、行動することで、未来をよりよくできます。上流思考を評価し、それを行う人が増えれば、事故や病気、若者のアルコール依存症すら減らせるのです。
AI

エンベデッド・ファイナンスでエコシステムを拡大するアマゾン

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる 城田真琴 東洋経済新報社 本書の要約 アマゾンが積極的に金融サービスの提供に乗り出す目的は、「エコシステムの拡大」です。出品者と消費者を増やすためには、...
AI

エンベデッド・インシュランスでもテスラが勝ち組になる理由

米国では自動車のオンライン販売サイトでも組み込み型保険(エンベデッド・インシュアランス)の実装が始まっています。テスラは顧客体験を高めることで顧客から圧倒的な支持を得ていますが、エンベデッド・インシュアランスの分野でも優位性を発揮し、勝ち組としてのポジションを確固たるものにしそうです。
イノベーション

ミッション・エコノミー:国×企業で「新しい資本主義」をつくる時代がやってきた(マリアナ・マッツカート)の書評

資本主義を変えるということは、政府のあり方、ビジネスのあり方、そして官と民の組織の関係性を変えることにほかなりません。政府自体をイノベーティブな組織に変え、パーパス志向の経済をうながすような力と能力を持たせることで、社会は再びパワーを取り戻せるのです。
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
習慣化

ハンロンの剃刀でストレスを減らそう!

Business photo created by tirachardz - www.freepik.com ライフハック大全 プリンシプルズ 堀正岳 KADOKAWA 本書の要約 ある人為的とされる悪い出来事があった際に...
習慣化

ライフハック大全 プリンシプルズ(堀正岳)の書評

毎日の行動を、数分で実践できるような小さなカタチに切り刻み、実践することで、やがて大きな変化を生み出すことができるようになります。著書はそんな小さな習慣のことを「ライフハック」と定義します。小さな行動は、最初はそれほど大きな結果を生み出せません。しかし長い目でみるとその小さな違いが、大きな変化を生み出します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました