スポンサーリンク
イノベーション

フランス・ヨハンソンのアイデアは交差点から生まれる イノベーションを量産する「メディチ・エフェクト」の起こし方の書評

異なる専門分野や文化が出合う交差点に積極的に足を踏み入れ、偶然の力を活用し、アイデアを生み出すようにしましょう。人にバカにされることを恐れず、一見、何の関係もなさそうな分野同士を関連づけ、結合させるようにしましょう。
AI

デジタルロケーションマーケティングとは何か?

人のIDと時空間IDを組み合わせ、生活者のつながりに適切な情報を流すことで、外出先での購買体験を変えられます。「デジタルロケーションメディア」という新たなマーケティング施策を取り入れ、生活者との関係を強化しましょう。
AI

変貌する生活者の欲求を捕え、DX時代の事業を設計する 生活者モード戦略の書評

テクノロジーの進化が生活者の欲求をわかりづらくしています。「生活者・物・情報のつながり」から生じる新しいタイプの欲求に応えるためには、モノではなくコトを提供することが必要になります。「生活者・物・情報のつながり」の中に商品やサービスを入れ込み、つながりを活性化させることが求められています。
習慣化

デビッド・ロブソンのThe Intelligence Trap(インテリジェンス・トラップ) なぜ、賢い人ほど愚かな決断を下すのかの書評

自分が信じたいものに対しては判断が甘くなり、簡単に認めてしまう「動機づけられた推論」と他人の欠点には敏感であっても、自らの偏見や思考の誤りには気づきづらいという「認知の死角」が結びつくと、どんなに賢い人でも判断を間違え、大きな過ちを犯します。
習慣化

千葉雅也氏の勉強の哲学 来たるべきバカのためにの書評

勉強することで、特定の価値観で固まっていた過去の自分を破壊することができます。自ら変化を受け入れることで、いろいろなものを肯定的に面白がれるようになります。学びを続け、世界をより楽しめるようになると、よりクリエイティブに生きられます。
習慣化

ハーバード・ビジネス・レビュー 企業変革論文ベスト10 企業変革の教科書の書評

ジョン・P.コッターは多くの企業が企業の変革に失敗している理由を見つけ、変革のためには8つの段階を進む必要があると唱えました。特にビジョンの作成と定着が重要になり、それを推進するためには時間がかかり、強力なリーダーシップが欠かせないと述べています。
習慣化

人間関係を劇的に改善するPEARLSというメソッド  マインドフル・リスニングの書評

Business photo created by rawpixel.com - www.freepik.com  マインドフル・リスニング 著者:ロン・フリードマン、ハーバード・ビジネス・レビュー編集部(編集) 出版社:ダイヤモ...
習慣化

 マインドフル・リスニングの書評

人と話す時には、パソコンを閉じたり、スマホを脇におき、相手との会話に集中しているという姿勢を示すべきです。相手の話にしっかりと耳を傾け、共感を示しながら、適切な質問やフィードバックを行うことで、相手との関係をよりよくできます。
習慣化

野口悠紀雄氏の書くことについての書評

(1)クリエイティング・バイ・ドゥーイングとにかく仕事を始める。そのための仕組みを整えること (2)3層構造のアイディア農場 思いついたアイディアをすぐに捉えて、迷子にしない仕組みを作る。(3)多層構造で本を書いていく 1500字程度のブロックを100個積み上げて、15万字の構造にする。という3つの行動を続けることで、著者になれます。
AI

ブライアン・デュメインのアマゾン化する未来 ベゾノミクスが世界を埋め尽くすの書評

コロナ禍の中、アマゾンの成長が止まりません。同社は顧客満足を最大化させるための努力を惜しまず、様々な領域に進出し、年平均25%の成長を続けています。AIやロボティクスなどのテクノロジーを徹底活用するアマゾンは店舗を持つ小売業の競争力がパンデミックで弱まる中、より突出した存在になっていくはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました