スポンサーリンク
イノベーション

イノベーション道場 極限まで思考し、人を巻き込む極意 (高岡浩三)の書評

イノベーションを起こすためには、NRPS法が効果的です。①顧客は誰なのか?②新しい現実とは?(New Reality )③そこで顧客が抱えている問題は?(Problem)④解決策(Solution)を出していきます。顧客に寄り添い、新しい現実から問題を発見・解決するようにしましょう。
習慣化

言葉で未来を創ろう! 毎日を楽しく乗りこなす5つの技術(中野巧)の書評

言葉を変えることで、「不」の感情を減らせるようになります。よい言葉を使い、自分をコントロールすることで、悪い行動も減らせ、人との関係も改善できます。言葉の力を使う技術を身につけることで、自分の人生のギアをひとつ上げることができ、これが幸せを運んできてくれるのです。
イノベーション

課題を解決したければ、右脳と左脳を行き来しよう!右脳思考(内田和成)の書評

人は感情の生き物なので、ロジカルだけで考えるとすぐに壁にぶち当たります。「観・感・勘」の3カンを意識し、何か変だと感じたら、そこに行動の障壁があると考えるようにしましょう。右脳と左脳を行き来することで、正しい答えが見つかるようになります。
イノベーション

新規事業が失敗する理由。右脳思考(内田和成)の書評

新規事業や組織改革を行う際に、ロジカルだけに頼るのはリスクが高いと考え、右脳を活用し、チームの感情を意識するようにしましょう。相手のやる気を引き出すことが重要だと考え、左脳と右脳の両方を活用することで、ビジネスで結果を出せるようになります。
投資

お金に困らない人が学んでいること(岡崎かつひろ)の書評

人生偏差値を上げるためには、①人並み以上に経験を積む ②頭がおかしいと言われるような特別な経験をするという2つの方法があります。失敗体験を積み、人からフィードバックを得ることが未来の自分を変えるきっかけになるのです。人生偏差値を高めるために、失敗を恐れず、体験を積み重ねましょう。
イノベーション

OPEN(オープン):「開く」ことができる人・組織・国家だけが生き残る(ヨハン・ノルベリ)の書評

人類はホモ・サピエンスの時代から、知識や労働を共有してきました。弱者だった人類は、さまざまな危機を乗り越え、繁栄できるようになったのです。このオープン性が現代世界を創り出し、それを前進させたのです。自分の予想外のところからくるアイデアやイノベーションにオープンであればあるほど、進化が加速します。
イノベーション

再考サイクルがイノベーションを起こす理由

変化が激しい時代には、知識や体験がすぐに古くなり、学び続けることが求められています。再考が最も頻繁に行なわれるのは、学ぼうとする文化、つまり成長こそがコア・バリューだと考える環境を作ることです。再考サイクルが回る学びの文化を持つ組織では、イノベーションがより多く生まれ、失敗を減らせます。
投資

未来へ導く 1%の人だけが知っている 魔法の読書法 (望月俊孝)の書評

多くの人は良書に触れても、読みっぱなしで終わっていますから、実際に行動することで、一歩も二歩もリードできます。これを繰り返すうちに、確実に自分を変えられます。本で得た知識をビジネスでアウトプットすれば、結果を変えられます。良書に巡り会うためにROIを意識し、速読を実践しましょう。
イノベーション

イノベーションとは新たな価値創造で、顧客の行動変容を起こすこと

懐中時計によって「時間に合わせて行動する」という大きな行動変容が起きました。ひとたび行動変容が起こると、もはや元の日常に戻ることはありません。行動変容には不可逆性があるのです。懐中時計の発明は、人々に行動変容を起こしたイノベーションだったのです。
イノベーション

イノベーションの競争戦略―優れたイノベーターは0→1か? 横取りか?(内田和成)の書評

イノベーションとは、顧客に行動変容を起こさせることです。技術革新ではなく顧客の行動を変化させることをゴールに取り組むのであれば、そのプロセスは一変します。イノベーションの競争戦略とは、顧客の行動を引き起こし、市場における優位性を築くことなのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました