スポンサーリンク
習慣化

ユヴァル・ノア・ハラリの教育論!変化に対応できるテント型教育とは何か??

子どもたちが今、学校で学んでいることの多くは、彼らが40歳になる頃には無意味なものになっている可能性が高い。というわけで、私にできる最善のアドバイスは、こうだ。強靱な精神力やEQ(心の知能指数)にフォーカスせよ。人生はこれまで大きく二つのス...
書評

S・J・スコットのHabit Stacking 人生を大きく変える小さな行動習慣の書評

実際に成功を収めた人の話をよく聞いてみると、成功はプロセスだとわかります。同じ日課を毎日繰り返し、来る日も来る日も地道にコツコツ、一進一退。そんながんばりが、長年かかって実を結ぶケースが大半です。それが成功の現実です。つまり、成功は幸運...
習慣化

雑談をして、デフォルトモードネットワークを作動させよう!

仕事ができる人は、聞き上手。もちろんこれは、「話を聞いてばかりいる」わけではありません。聞き上手と同時に話し上手です。相手の話をきちんと理解したうえで、相手が喜ぶ、あるいは役に立ちそうな話をしています。(茂木健一郎) Designed...
習慣化

生産性を高めるための「進捗の法則」とは何か?

企業内での創造的な仕事に関する最近の研究で、私たちはこれとそっくりな現象を発見した。知識労働者たちがつけた日誌を詳しく分析することで明らかになったのが、「進捗の法則」である。すなわち、仕事中に「感情」「モチベーション」「認識」を高める可能性...
習慣化

Netflixのリード・ヘイスティングスの言葉から学んだこと

競争はゼロサムではないと思っている。いま、人は異なる内容の複数の雑誌を購読しているが、動画も同じことになるだろう。私の場合、アマゾンとユーチューブとネットフリックスそれぞれを契約して好きな動画を見ている。作家や俳優などクリエーターに流れ...
セレクト

ダニエル・ゴールマンの共感の3タイプとは何か?共感力の書評

共感的関心を持つには、他者の痛みを感じる力を保ったまま、自分の苦悩とうまく付き合うことが求められる。(ダニエル・ゴールマン) Designed by Freepik 私たちが身につけるべき共感の3タイプ 人が知能よりも共感...
習慣化

茂木健一郎氏の最高の雑談力: 結果を出している人の脳の使い方の書評

仕事ができる人は雑談を大切にしています。雑談でも手を抜いたり、適当に話をしたりすることもありません。できる人との雑談は面白いし、そういう人と話をすると至福の時間を過ごすことができます。仕事ができる人は雑談がうまい。このことは脳科学的にも...
習慣化

成功する社員を作るために欠かせない4つの要素

成功している社員は、成果を出して充実感を得るだけでなく、会社と自身の将来を切り開こうと熱意をみなぎらせている。(グレッチェン・スプレイツァー&クリスティーン・ポラス) Designed by Ijeab 成功している社員の二つの特徴...
習慣化

中原圭介氏のAI×人口減少 これから日本で何が起こるのかの書評

「AIによる自動化」は今のところ、生産性を引き上げるのに加えて、人手不足を解消する手段として大いに歓迎されています。とりわけ日本では、目先の経済上のメリットが強調されるあまり、AIの爆発的な普及がもたらす雇用への悪影響は軽視さ一れる傾向が...
セレクト

マーティン・セリグマンの「PERMA」を生活の中に取り入れよう!

基本的にポジティブな経験の頻度は、ポジティブな経験の強さよりも、幸福度の予測材料としてはるかに優れている。(エド・ディーナー) Designed by Jcomp 幸せとは小さな体験を積み重ねること 幸せになるために重要な...
スポンサーリンク