スポンサーリンク
セレクト

モートン・ハンセンのGREAT @ WORK 効率を超える力の書評

モートン・ハンセンは生産性を高めるための「もっと賢く働く 」7つの習慣を見つけました。この7つの習慣は業績を上げるだけでなく、職場での幸福度も向上させます。この7つの習慣で最も重要なことは、タスクを減らし、最重要項目に徹底的に
習慣化

ティク・ナット・ハンの怖れの書評

怖れを深く見つめることができれば、私たちはその束縛から自由になり、喜びに触れることができるのです。怖れは過去に心を縛りつけ、未来への心配を引き起こします。怖れを認めることができれば、その場で問題が消え去ることがわかるでしょう。
習慣化

ビジョンを作るために必要なたった3つのこと

ビジョンを作るために必要なたった3つのことを経営者は意識しましょう。1.自らが心から達成したいと願う未来像 2.「公共の夢」として人々を巻き込む力がある 3.未来への洞察と自らの信念の上につくられている この3つが含まれるビジョンによって、顧客から応援してもらえるようになります。
AI

孫泰蔵氏と小島健志氏のブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来の書評

エストニアはイーエストニアというビジョンを掲げ、優秀な人たちを活用し、自由でオープンな環境を作り、国民の理解を得たことでエストニアは短期間で飛躍します。イーエストニアによって、世界でいちばんスタートアップしやすい国のひとつになったのです。
セレクト

amazonが勝者でいるために必要なことを企業理念から考えてみる!

amazonは企業理念とリーダーシッププリンシプルによって、大きな成長を遂げてきました。自社の利益を追求するのではなく、社会から認められる公器になることで、人々から応援されるようになります。amazonは次のステージに行くために発展途上国へのアプローチが求められています。
セレクト

高島宗一郎氏のビジョン経営が福岡市にクリエイティブクラスを集めている!

福岡市の高島宗一郎氏はビジョン経営を行うことで、福岡を魅力のある都市に変えています。都市を元気にするクリエイティブ・クラスや起業家を集めることで、地方のコミュニティを元気にできることを証明しました。エリアの強みを見つけ、そこからビジョンを作ることで、地方を活性化できるのです。
AI

神田昌典氏のインパクトカンパニーの書評

神田昌典氏は「経済的に成長しながら、同時に、事業を通じて社会問題の解決を目指す中小企業」をインパクトカンパニーと定義します。AIやロボティックスなどのゲーマ経営者と手を組み、成熟企業を再成長させる「ビジネスモデル」を構築しましょう。
書評

國分利治氏の地道力の書評

EARTHグループ代表の國分利治は「今日、頑張れない人に未来はない」と述べています。自分の目標を明確にし、デッドラインを作り、地道に行動すれば、結果を残せるようになるのです。大きな目標を割り算し、食べられるサイズに変えるようにしましょう。
ライフハック

プランド・ハップンスタンス(計画的偶発性)理論を新堀進さんから学ぶ!

予期せぬ「偶然の出来事」を新たなキャリアの機会と捉え、マインドセットと行動を変えるとよいことが起こるようになります。スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授プランド・ハップンスタンス(計画的偶発性)を信じて、自分の行動を変えてみましょう。
習慣化

55歳からのリアル仕事ガイドの書評

「アメリカではタイガー・ウッズにもコーチがいるように、ビジネスマンにもコーチがいる」という記事を読み、すぐに探してパーソナルコーチを雇いました。人間って不思議なもので、一人で考えていると堂々めぐりをして答えが出ないときでも、コーチから「...
スポンサーリンク