スポンサーリンク
イノベーション

目に見えない企業文化を測る方法(マシュー・コリトー , アミル・ゴールドバーグ , サミア B・スリバスタバ)の書評

企業文化は効率性を重視する同質な文化と、イノベーションを重視する多様性のある文化の2つに大別されます。イノベーションを起こすことが欠かせぬ時代には、効率性だけでなく、多様性も含めバランスを取る必要性があります。経営者には従業員の多様な視点やアイデアの尊重と共通の規範や信条を共有することが求められます。
アマゾン

ビジネス実験を重ねる文化が企業を成功に導く(ステファン・トムク)の書評

多くの企業は、失敗を避ける価値観を重視し、新しい手法を導入することに躊躇します。しかし、実験的な取り組みを尊重する企業文化は、多くのメリットを持っています。社員の好奇心が養われ、データを大切にする文化が形成されます。また、実験が社員の間で身近なものとなることで、イノベーションが起こるようになります。
投資

静寂の技法: 最良の人生を導く「静けさ」の力 (ジャスティン・ゾルン, リー・マルツ)の書評

静寂の中で自分自身と向き合い、心を静めることで、真の自分を見つけることができるのです。騒々しい世界に生きる私たちにとって、静寂は貴重な贈り物です。日常の中で少しだけ静かな時間を作り、心の声に耳を傾けること、日常のなかに余白をつくることが創造的に生きるために必要になっています。
ブログ

教養としての歴史小説(今村翔吾)の書評

教養は、知識を単に蓄えることではなく、それを実際の生活や社会で応用する能力を指します。 そして、その教養を磨く上で最も重要なのが「歴史」だと著者は述べています。歴史により過去の出来事や人々の行動や決断を学ぶことで、現代の社会やビジネスの課題に対する洞察を得ることができます。
哲学

調和的情熱が私たちに必要な理由。パッション・パラドックス(ブラッド・スタルバーグ, スティーブ・マグネス)の書評

調和的情熱は、個々の人々が彼ら自身の才能や興味に基づいて最高のパフォーマンスを発揮する助けとなります。この結果、それぞれの個人が持っている独自の視点やスキルが集約され、多様な価値観やアイデアが生まれます。それらが相互作用を持つ場で、社会全体が豊かになり、問題解決能力も高まる可能性があります。
イノベーション

ジャック・マーの生声  本人自らの発言だからこそ見える真実 (スク・リー, ボブ・ソン)の書評

アリババ創業者のジャック・マーの成功の鍵は2つあります。まず、彼が事業を始める際に最も価値ある資本として持っていたのは「夢」でした。成功したもう一つの理由は、絶えず挑戦し続け、「諦めなかった」からです。彼はビジョンを実現するために諦めずに行動を続けることで、アリババを飛躍的に成長させたのです。
イノベーション

リアライン: ディスラプションを超える戦略と組織の再構築(ジョナサン・トレバー)の書評

戦略的リアラインのSAFのフレームワークを正しく活用することで、企業は飛躍的に成長できます。ビジネスがその目的を達成するために、3つの要素(パーパス、戦略、組織)が整合させる必要があります。自社のパーパスのもと、長期的な組織の能力と戦略を同期すること、変化に適応することが経営者に求められています。
イノベーション

シンボリック・ストーリーが企業を強くする理由 物語戦略(岩井琢磨,牧口松二)の書評

物語戦略 岩井琢磨,牧口松二,内田和成(監修) 日経BP 本書の要約 企業が持つ強みを象徴する物語(シンボリック・ストーリー)を活用することで、企業は顧客、従業員、パートナーからの共感を得ることができます。 シンボリック・ス...
リーダー

幸福な退職―「その日」に向けた気持ちいい仕事術―(スージー鈴木)の書評

スージー・鈴木氏の仕事術の基本には、MMK(無駄なく・無理なく・機嫌よく)という考え方があります。著者は無駄な時間や労力を削減し、自分らしく働くべきだと述べています。本業だけでなく、複業(2枚目の名刺)を持つことで、自分の可能性を広げられ、幸せな退職が実現できるようになります。
イノベーション

PURPOSE+PROFIT パーパス+利益のマネジメント(ジョージ・セラフェイム)の書評

地球環境は待ってくれないのですから、パーパス経営とESG投資に積極的になるべきです。そして、パーパスと利益についての分析を駆使して、可能な限り我々と地球にとって良いことを生み出していくべきです。今から50年後、企業が人間と地球に対して責任を果たしていくためには、持続可能な経営を実現する必要があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました