スポンサーリンク
習慣化

レジリエンスを強化する2つの方法

レジリエンス(再起力)を強化する方法は2つあります。1つは内省し、楽観的に振舞うことです。もう1つは脳を再訓練することで、マインドフルネスを習慣化するとよいでしょう。マインドフルネスによって、レジリエンスを司る脳の左側を活発にできることがわかっています。
習慣化

レジリエンスの書評 レジリエンスに必要な3つの要素

レジリエンスを身につけることで、より良い人生を生きられます。レジリエンスの高い人は、現実に毅然と目を向け、困難な状況を悲嘆することなく、人生に前向きな意味を見出します。ブリコラージュの能力を備えた人は、今目の前にある物で課題を解決する努力を続け、結果を残すのです。
習慣化

新たな習慣を身につけるために環境を変えよう!

私たちの習慣は環境によって左右されることがわかっています。良い習慣を身につけたいなら、そのきっかけが環境の大部分を占めるようにすべきです。自分の生活や仕事の場所を作りかえて、ポジティブなきっかけに触れる機会を増やすのです。
習慣化

新しい習慣が身につく、習慣の積み上げとは?

新しい習慣を身につけたければ、実行意図を明確にすることです。実行意図の公式は、私は〈いつ〉〈どこで〉〈何を〉するかを書き出し、すぐに行動することです。新しい習慣と、現在の習慣を組み合わせる習慣に積み上げを取り入れると、新しい習慣が身につきます。
習慣化

チームとのコミュニケーションを重ね、風通しのよい組織を作ろう!

経営者がコーチングを取り入れ、チームを牽引することで、会社は成長します。コミュニケーションがスムーズになるよう声がけをしたり、社員同士の小さなすきまを埋めることで、社内によいコミュニティを作れます。経営者がギバーになることで、お互いが助け合えるチームを築けます。
AI

望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

AIなどのITの進化、ソーシャルメディアの普及で、「どこでもものを買える」時代が到来しています。この流れの中で、企業はデジタルシェルフを意識すべきです。データ活用、商品のストーリー化、インフルエンサーの巻き込みを通じて、企業は顧客から共感を得られなければ、やがて淘汰されていくはずです。
習慣化

コンセプチュアル・アートを身につけよう!石川康晴氏の学びなおす力 新時代を勝ち抜く「理論とアート」の書評

コンセプチャル・アートを見ることで、観察力と思考力を養えます。作品を見るうちに、新しいアイデアが生まれたり、エネルギーを補充できます。時代が激変する中で、ビジネスパーソンは、AIには代替できない、深く物事を捉えるアートの思考法を身につける必要があります。
セレクト

石川康晴氏の学びなおす力 新時代を勝ち抜く「理論とアート」の書評

時代が激変する中で、学びをやめると自らの成長を止めてしまいます。経営者は大局観を養うために、右脳と左脳のバランスを保つとよいでしょう。そのためにMBA知識とアートなどの一般教養を学ぶべきです。ビジネスパーソンが学びなおす力を得ることで、イノベーションが起こり、企業は成長するのです。
習慣化

コーチの仕事はクライアントを信頼し、勇気を与えること!

伝説のコーチのビル・キャンベルは、経営者やチームのメンバーとの信頼を築くことを重視しました。信頼があるからこそ、相手に嫌なことを伝えられ、組織をよくできるのです。エグゼクティブ・コーチの仕事は相手に信頼をよせ、勇気を与え続けることなのです。
習慣化

プロダクト・マーケット・フィット (PMF)を実現しよう!

企業が成功するためには「顧客の課題を満足させる製品」と「適切な市場の選択および受け入れられること」の両方が重要です。プロダクト・マーケット・フィット(PMF)を実現できないまま、マーケティングやセールスを行っても、製品が顧客の満足を獲得できなければ、解約の増加につながるだけです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました