スポンサーリンク
習慣化

書評 池谷裕二氏のメンタルローテーション “回転(ローテーション)脳”を鍛える

「メンタルローテーション」とは、「頭の中で自由に物体を回転させて眺める能力のこと」ですが、この能力を身につけることで、IQやEQを高められることがわかっています。メンタルローテンションの能力を進化させれば、気遣いや共感力も鍛えられ、人間関係を改善できるのです。 
セレクト

書評 ミッチ・プリンスタインのPOPULAR 「人気」の法則: 人を惹きつける謎の力

人気はステータスと好感度の2つの要素で成り立っています。人はステータスを高めることを目指しますが、これだけでは幸せになれません。本当に重要なことは好感度を高めることで、相手への思いやりを優先させることで、人付き合いをよりよくできるのです。
習慣化

書評 100の言葉でわかる渋沢栄一

何事も多数決、多数決というけれども、多数の力で少数の者を圧倒するは、これほど容易なことはない。またこれほど残酷なことはない。(渋沢栄一) 渋沢栄一の言葉から今の政治を考える 私は渋沢栄一の言葉を時々読み返します。渋沢は「資本...
習慣化

書評 芦田愛菜氏のまなの本棚

女優の芦田愛菜氏は読書好きで有名ですが、本書は彼女の本棚の100冊の本を使って、本と読書の魅力を語っています。本は人と人をつなぐバトンで、本について語り合うことで、新たな気づきを得られます。本を読み続けることで、他者の人生を疑似体験でき、自分の世界を広げられます。
セレクト

先進国が分断される理由。橘玲氏の上級国民/下級国民の書評

先進国の知識がない人々が社会的弱者になっています。収入の高い知識人はリベラル化し、自由を謳歌する中で、アメリカの見捨てられた白人は自己のアイデンティしか誇れるものがなくなりました。白人至上主義の彼らは右傾化し、ドナルド・トランプを支持し、アメリカは分断されてしまったのです。
習慣化

非モテが日本で増える理由 橘玲氏の上級国民/下級国民の書評

アッパークラスの非モテの男性たちが、社会から差別されています。自殺やひきこもりの増加も非モテの男性たちの絶望が原因になっています。彼らの一部は過激な行動に出て、インセルの反乱を起こしています。恐ろしいことに持てるものたちをターゲトにテロを起こしているのです。
習慣化

書評 橘玲氏の上級国民/下級国民

「団塊の世代」を優遇することで、日本の若者たちは下級国民にならざるを得ませんでした。平成の時代は団塊の雇用を守る政策によって、若者の雇用が犠牲になりましたが、令和の時代は団塊の年金や医療費のために、下級国民の収入が吸い取られていくのです。
AI

ドローンがもたらす破壊的イノベーションをクリス・アンダーソンから学ぶ!

空飛ぶモノのインターネット・ドローンが普及することで、世の中は大きく変化します。ドローンによる「地球スキャンの民主化」によって、私たちはいつでも、どこでも、上空からのデータ取得が可能になります。このデータをリアルタイムに活用することで、様々な分野で破壊的イノベーションが起こるのです。
AI

AIプラットフォームが変えるマーケティングの未来

AIアシスタントがプラットフォームになることで、今後のマーケティングは様変わりします。消費者の関心がAIアシスタントへと移り、消費者データやAlの予測能力の価値が飛躍的に高まることで、これまで決定的な資産だと思われてきた生産能力やブランドなどは、いまほど中心的な存在ではなくなるのです。
セレクト

書評 長倉顕太氏の移動力

移動によって、私たちは過去のキャラクターを捨て去り、新しい自分と出会えるようになります。移動力を身に付けることで、経験と知識を増やせます。自分の中で安定を求めるようになったら、成長は止まります。そんな時には脳に「移動」という刺激を与えて、自分の人生を取り戻すようにしましょう!
スポンサーリンク