スポンサーリンク
習慣化

リーダーが時間を作る方法 ロバート・グレイザーのFRIDAY FORWARDの書評

トップレベルで活躍する人たちには以下の共通点があります。・緊急なことと重要なことを判別できる。・自分のコア・パーパスやコア・バリューに則して優先順位を決めている。・すべての時間を予定で埋めたりしない。休養やリラックスすることの大切さを心得ている。・やめるべきことはないか、常に自分の生活をチェックしている。 ・エネルギーを費やす相手を厳選している。
習慣化

FRIDAY FORWARD フライデー・フォワードあなたの可能性を引き出す52のヒント(ロバート・グレイザー)の書評

「キャパシティ・ビルディング」とは、より高いレベルの結果を出すため、そして自分の資質を引き出すために必要なスキルを、探求し、習得し、磨く方法です。ゴールの達成に不可欠な学びの習慣を身につけることで、知性のキャパシティを広げられるようになります。
イノベーション

ニューノーマル時代に多角化経営で成功する方法。森泰一郎氏のニューノーマル時代の経営学 世界のトップリーダーが実践している最先端理論の書評

ニューノーマル時代、新規事業にチャレンジし、多角化を行うことは生き残りのためには必要不可欠です。多角化経営を安易に行うのではなく、 自社の持っている経営資源と新規事業先でどのような経営資源が必要なのかを、顧客や市場分析をもとに冷静に考えて行う必要があります。
イノベーション

ミッションは売上に影響を及ぼすのか?森泰一郎氏のニューノーマル時代の経営学の書評

ミッションステートメントを掲げる会社が好業績であることが明らかになりました。変化が早く、先が見通しづらい「ニューノーマル時代」であるからこそ、経営者は基本となるビジョンとミッション、特に自社の「経営哲学」「経営コンセプト」「公的なイメージ」を明確にする必要があります。
サブスクリプション

見込み客との関係を強化するアスク・メソッドとは?Ask.オンライン売上を爆発的に増やすアンケート術(ライアン・レヴェック)の書評

見込み客との関係を強化するアンケートの「アスク・メソッド」を実践することで、顧客が本当に何を欲しがっているかを理解できます。顧客の真のペインを発見することで、新規顧客を獲得できるだけでなく、アップセルやクロスセルによって、売上を劇的にアップできるようになります。
ブログ

Humankind 希望の歴史(ルトガー・ブレグマン)の書評

著者は人間の本質は善であると言います。他者に悪意を感じるのではなく、思いやりの心を持って接することができれば、人生をよりよくできそうです。大半の人が親切で寛大だと考え、対策を練ることで現代のさまざまな難問を解決できるのです。
イノベーション

コア・バリュー・リーダーシップ(石塚しのぶ著)の書評

会社の「中身」が、ほんとうの売り物である時代になった今、経営者は会社独自の目的意識(コア・パーパス)と価値観(コア・バリュー)を柱に経営を行うべきです。経営者は自らをコア・バリュー・リーダーと捉え、パーパスとバリューを明らかにし、現場が顧客と接しやすくすべきです。
サブスクリプションモデル

解約率(チャーン)を下げる方法

カスタマー・リテンション・レート(顧客維持率)を5%上げるだけで、売上を25~95%も上げられることがわかっています。新規獲得ファーストからリテンション・ファーストのマインドセットに移すと、ビジネスを著しく成長させることができるのです。
サブスクリプションモデル

売上を高めるために「知覚価値」と「体験価値」のギャップを埋めよう!

マーケティング・セールスチームは顧客に「知覚価値」約束しています。そしてプロダクトを通して顧客に「体験価値」を提供していますが、この知覚価値と体験価値とが連動しているのが理想の姿になります。企業はユーザーとの約束を守り、ユーザーにその乖離(バリュー・ギャップ)を感じさせないようにすべきです。
AI

PLG プロダクト・レッド・グロース「セールスがプロダクトを売る時代」から「プロダクトでプロダクトを売る時代」へ( ウェス・ブッシュ)の書評

商品の購入を決める際、企業にとって事前にそれを試すことが、当たり前のプロセスになってきました。プロダクトをいち早くエンドユーザーに届け、その価値をできるだけ早く感じてもらうPLG戦略を採用することで、事業を一気に成長できるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました