セレクト

スポンサーリンク
イノベーション

エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する(グレッグ・マキューン)の書評

いちばん重要なことを決め、それをいちばん簡単なやり方でやるエフォートレス思考を身につけ、行動を変えると結果を出せるようになります。エフォートレス思考とは、働き方や生き方を、すっかり変えてしまう試みになります。頑張らないからこそ、結果を出せると考え、思考、行動、仕組みをエフォートレスなものに変えましょう。
AI

GAFAMの餌食になる業界はどこか?ディスラプタビリティ・インデックス(崩壊指標)から読み解く未来。

企業は、既存製品による提供価値の向上、新たなサービスの開発、コスト削減、参入障壁の強化など、さまざまな領域でDX化を推進しなければ、GAFAMやこれから生まれるベンチャーに事業を破壊されてしまうのです。リーダーはGAFAMの餌食にならないために、ディスラプタビリティ・インデックスを参考にしながら、事業の見直しを早急に行うべきです。
AI

GAFA next stage ガーファ ネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略(スコット・ギャロウェイ)の書評

オンラインでの関わり、アルゴリズム、データといったものがよりよい技術であり、ビジネスを行うのにより便利な手段だと理解していたGAFAMは、どんな製品でも、より多く、より安くつくることができ、より多くをより高い利益率で販売できるようになったのです。彼らはこのビジネスモデルで稼いだ膨大なキャッシュを使って、あるゆる業界に食指を伸ばそうとしています。
AI

LIFE SHIFT2(アンドリュー・スコット, リンダ・グラットン)の―100年時代の行動戦略の書評

人生100年時代に幸福な人生を送るためには、「物語る力」「探求(学習と変容)」「人間関係を構築する力」の3つの力が欠かせません。現在の自分の行動が将来の自分に返ってくると考え、学びと健康への投資を怠らないようにしましょう。
セレクト

ズンク・アーレンスのTAKE NOTES!――メモで、あなただけのアウトプットが自然にできるようになるの書評

頭のなかで考えを組み立ててから引き出すより、考えを書き留めたものを手元に用意するほうが、比較にならないほど作業が楽になります。文章や論文の質と書きやすさは、なによりも主題を決める前に何を書いておいたかによるのです。ツエッテルカステンという読書メモがあればあるほど、書くことが楽になるのです。
AI

ジャック・アタリのメディアの未来 ー歴史を学ぶことで、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、SNSの未来は導き出せるの書評

テクノロジーが進化し、メディアの形態も今後、激変していきます。次世代、さらには100年後、200年後の世代(人類がまだ存在していればの話だが)を待ち受けるのは、常軌を逸する狂った未来になりそうです。それを打破するためには、巨大IT企業のプラットフォームを解体する必要があります。
AI

コトラーのH2Hマーケティング 「人間中心マーケティング」の理論と実践の書評

企業は顧客との共創によって、新たな製品やサービスを生み出せるようになってきました。マーケターは顧客と企業の双方の長期的な繁栄を目指すべきで、それは人間志向のH2Hマーケティングによって実現します。H2Hマーケティングには、デザイン思考、S-DL、デジタライゼーションの3要素の統合が欠かせません。
イノベーション

ベン・ホロウィッツのWho You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくるの書評

文化は、リーダーが何に一番価値を見出すかを知ることからはじまります。その価値観を反映する行動を組織の全員が実践できるように、リーダーは努力し続けなければなりません。良い文化を育むことで、組織が強くなり、顧客から支持される商品やサービスを生み出せるようになるのです。
AI

アリンダム・バッタチャヤのBCG「最強(グレート)」を超える戦略 不確実な時代を勝ち抜く9原則の書評

BCGでは長期的に繁栄し、予期せぬ課題やショックにも打たれ強くなり、社会的、環境的ニーズにより良く対応する戦略をつくるために、新しいプレイブックを採用しています。企業は同社の3つの領域の9つの戦略を実践することで、よりグレートな存在に成長できるのです。
イノベーション

AX(アジャイル・トランスフォーメーション)戦略―次世代型現場力の創造の書評

「アジャイル」はアマゾンやグーグルといった急激に成長してきたテクノロジー企業が、製品・サービス開発に用いている手法であり、短期間でトライアンドエラーを高速回転で繰り返しながら完成度を高めていくものです。アジャイル経営を導入することで、企業は短期間で結果を出せるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました