セレクト

スポンサーリンク
AI

ジェフ・ベゾスが行った周到な後継者選びとは?

ジェフ・ベゾスがアマゾンのCEOを退任しますが、彼はチームSとシャドー制度を早いタイミングから作り、後継者を育てていました。今回CEOになるアンディ・ジャシーはテクノロジーに関わったことがないにも関わらず、AWSを開発・運営し、アマゾンの利益の多くを生み出しています。
セレクト

ファリード・ザカリアのパンデミック後の世界 10の教訓の書評

パンデミック対応に成功している国家には、学んできた経験のある「善き政府」があると著者は指摘します。台湾や香港はよその国で成功しているシステムを採用しました。SARSやMERSを自ら体験し、ここから徹底的に学び、テクノロジーを積極的に取り入れることで、コロナを撃退したのです。
セレクト

グレッグ・マキューンのエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするの書評

「少ない時間とエネルギーで最大の成果を出す」というエッセンシャル思考を取り入れることで、人生をよりよくできます。私たちは努力の量と成果が比例するという考え方を捨てるべきです。多数の良いチャンスは、少数のものすごく良いチャンスに遠く及ばないと考え、本当に重要なことに集中しましょう。
サブスクリプションモデル

ウィズ・コロナ時代の勝者、Peltonはなぜ強いのか?

Pelotonはフィットネス用のエアロバイクの販売と、サブスクリプションモデルでオンラインレッスンを提供しています。場所や時間にとらわれずに運動できることが、彼らの強みになっています。Pelotonは自前主義にこだわり、顧客を喜ばすことで、ウイズ・コロナ時代の勝ち組になったのです。
AI

山本康正氏の2025年を制覇する破壊的企業の書評

2025の世界に大きな影響力を持つGAFAMなどの世界最先端11社を分析することで、5年後の世の中の変化を予測できます。著者は① 業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来 ② ハードでもソフトでもなく〝体験〟が軸になる ③ データを制するものが未来を制すという3つのメガトレンドを提示します。
AI

変貌する生活者の欲求を捕え、DX時代の事業を設計する 生活者モード戦略の書評

テクノロジーの進化が生活者の欲求をわかりづらくしています。「生活者・物・情報のつながり」から生じる新しいタイプの欲求に応えるためには、モノではなくコトを提供することが必要になります。「生活者・物・情報のつながり」の中に商品やサービスを入れ込み、つながりを活性化させることが求められています。
AI

ブライアン・デュメインのアマゾン化する未来 ベゾノミクスが世界を埋め尽くすの書評

コロナ禍の中、アマゾンの成長が止まりません。同社は顧客満足を最大化させるための努力を惜しまず、様々な領域に進出し、年平均25%の成長を続けています。AIやロボティクスなどのテクノロジーを徹底活用するアマゾンは店舗を持つ小売業の競争力がパンデミックで弱まる中、より突出した存在になっていくはずです。
セレクト

読書猿の独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法の書評

Background vector created by rawpixel.com - www.freepik.com 独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法 著者:読書猿 出版社:ダイヤモンド社 ...
セレクト

ブルース・デイズリーのGoogle・YouTube・Twitterで働いた僕がまとめた ワークハック大全――仕事がサクサク終わってラクになれる科学的メソッドの書評

テクノロジーの進化が仕事とプライベートの境目を無くし、ビジネスパーソンに過度のストレスを与えています。心と体が疲弊することで、彼らの創造性を奪っています。著者の30のメソッドを取り入れることで、仕事を楽しいものに変えられ、パフォーマンスをアップできるようになります。
セレクト

ナイジェル・カンバーランドの成功者がしている100の習慣の書評

習慣が変われば、人生が変わります。著者のナイジェル・カンバーランドが実践した100の習慣を身につけることで、自分の人生をより豊かにできます。自分の夢を明確にし、マインドセットと行動を変えること、身近な人の力を借りることで、意外なほど簡単に夢が叶うようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました