セレクト

スポンサーリンク
イノベーション

ビジネスコーチング大全(橋場剛)の書評

ビジネスコーチングは、人の思考と行動の質を高めることにより、その人のパフォーマンスを最大限に高めるだけでなく、その人の多様な魅力・想い・能力の発揮を支援し、その人らしく生きる支えとなり得るアプローチなのです。リーダや社員が主体的に動けるようになることで、組織は持続的に成長できるようになります。
イノベーション

コトラーのマーケティング5.0 デジタル・テクノロジー時代の革新戦略の書評

マーケターはこれらの最新のテクノロジーを組み合わせることで、今までは実現できなかった最適な提案を顧客にできるようになります。マーケットが複雑化し、スピーディに変化する中で、テクノロジーを活用し、顧客体験をアップさせることがマーケターの重要な仕事になっています。
イノベーション

エフェクチュエーション:市場創造の実効理論(サラス・サラスバシー)の書評

エフェクチュエーションに基づく行為者は、予測できない出来事を、「出現しつつある状況をコントロールするための練習の機会」として扱うことで、不確実性を梃子として活用します。「原因と結果」の関係を理解することが全くできないような状況におかれている起業家は、エフェクチュエーションの5つの原則を採用すべきです。
イノベーション

学習する組織論(ピーター・センゲ)の書評

学習する組織に必要な5つのディシプリンを実践することで、一生涯学び続けるようになります。学習すればするほど、自分の無知をより強く感じるようになり、学びを続けたくなります。システム思考がその潜在能力を発揮するためには、共有ビジョンの構築やメンタル・モデルへの対処、チーム学習、自己マスタリーが欠かせません。
イノベーション

CONFLICTED(コンフリクテッド) 衝突を成果に変える方法(イアン・レズリー)の書評

対立は悪いものではありません。意見が異なる人とのコミュニケーションを避けることは良くないことなのです。衝突や対立に対するマインドセットを変え、自分を成長させるトリガーにしましょう。著者が明らかにした10の原理を活用することによって、「衝突/対立」状態を解消し、そこから大きく前進できるようになります。
イノベーション

エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書(ジョー・ピュリッジ )

エピック・コンテンツマーケティングの戦略の最大のポイントは、もし企業が首尾一貫した有益な情報をストーリーにして継続的に買い手に届けることができたなら、顧客のロイヤルティを得られることです。顧客の重要な情報源になり、頼りになる存在になることを目指しましょう。
セレクト

セレンディピティ 点をつなぐ力(クリスチャン・ブッシュ)の書評

運の良い人はセレンディピティの力を活用しています。セレンディピティで重要なのは、予想外の出会いや情報の価値を認識し、活用する能力です。セレンディピティ・マインドセットを身につけ、セレンディピティを起こすプロセスを理解し、活用することで未来を明るくできます。
イノベーション

トランスフォーメーション思考 未来に没入して個人と組織を変革する(植野大輔、堀田創)の書評

未来の世界観をデザインすることが、MTPにおいて最も重要なことになります。映像やストーリーによって、実現したい未来に臨場感を持たせることで、組織の思考を変えることができます。MTPをただのメッセージにするのではなく、ストーリーで共有することで、より多くの人を巻き込めます。結果、多様な観点を盛り込んだ、世界観の大きな未来事マインドマップを描けるようになるのです。
イノベーション

エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する(グレッグ・マキューン)の書評

いちばん重要なことを決め、それをいちばん簡単なやり方でやるエフォートレス思考を身につけ、行動を変えると結果を出せるようになります。エフォートレス思考とは、働き方や生き方を、すっかり変えてしまう試みになります。頑張らないからこそ、結果を出せると考え、思考、行動、仕組みをエフォートレスなものに変えましょう。
AI

GAFAMの餌食になる業界はどこか?ディスラプタビリティ・インデックス(崩壊指標)から読み解く未来。

企業は、既存製品による提供価値の向上、新たなサービスの開発、コスト削減、参入障壁の強化など、さまざまな領域でDX化を推進しなければ、GAFAMやこれから生まれるベンチャーに事業を破壊されてしまうのです。リーダーはGAFAMの餌食にならないために、ディスラプタビリティ・インデックスを参考にしながら、事業の見直しを早急に行うべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました