セレクト

スポンサーリンク
セレクト

書評 ドナルド・ミラーのストーリーブランディング戦略

「ストーリーブランド・フレームワーク」は、 7つの普遍的な物語要素で構成される枠組みです。 このフレームワークを活用すると 商品やサービスについての伝え方が変わり、売り方そのものが変わります。 顧客を主人公にしたストーリーを語ることで顧客に評価され、売り上げがアップします。
セレクト

スティーヴン・ホーキング氏のビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えようの書評

ホーキング博士はALSという病に負けることなく、好奇心を失わずに宇宙を身近な存在に変えてくれました。宇宙、人類の進化、神、時間についてのホーキング博士の考えや彼のポジティブな生き方を学ぶことで、人生をより楽しめるようになります。
セレクト

西村友作氏のキャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影の書評

アリババのジャック・マーとテンセントのマー・ホワトンらのリーダーが中国の課題を解決するために、絶えずしのぎを削っています。中国の起業家はスピーディーに行動し、顧客からのフィードバックを受けることで、短期間でイノベーションを起こしました。この姿勢を日本のベンチャー経営者も見習うべきです。
セレクト

レイ・ダリオのPRINCIPLES(プリンシプルズ)の書評

明確な目標を持つ。問題を明らかにし、放置しない。問題の根本原因を探るために診断する。計画を策定する。最後まで実行する。という5つのステップを続けるうちに、人は弱点の解決法を学べます。失敗を恐れず、行動することで成功する確率を高められます。
セレクト

スコット・ソネンシェインのストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法の書評

ストレッチ・マインド(既存のリソースを活用すること)を養うことで、目標を達成できるようになります。多くの人は新たなリソースを探しがちですが、リソースが増えることでコストが増大します。他人が見出せない場所に利点や美点を見つけ出すことで、結果を出せるようになるのです。
セレクト

チャールズ・A.オライリー、 マイケル・L. タッシュマンの両利きの経営の書評

両利きの経営を採用することで、大企業は中核事業を維持しながら、同時にイノベーションを起こし、新たな成長を追求できるようになります。知の深化と探索を同時に行う組織を作ることが、競争の激しい現代の経営者には求められています。
セレクト

アービンジャー・インスティチュートの自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケの書評

かつては問題社員のレッテルを貼られていた人たちが、新たなリーダーシップとアプローチのもとではスター社員になれるのなら、業績の好転を含めた組織の改善に必要なのは、問題のある人材を追い出すことではなく、彼らにやるべきことが見えるように手助...
セレクト

西口一希氏のたった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティングの書評

名前を持つたった1人の積極ロイヤル顧客と向き合い、行動や心理を深く知って繋がる「N1分析」を活用することで、売り上げや利益をアップできます。「顧客ピラミッド」や「9セグマップ」のフレームワークを活用して、顧客の購買行動を理解することで、ビジネスを成長させるアイデアが見つかります。
AI

高城剛氏の2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生の書評

高城剛氏は様々なデータ、豊富な体験、識者へのインタビューを組み合わせることで未来を予測します。本書の未来論は類書のそれとは異なるものが多く、新たな視点で未来を考えるヒントになります。アメリカ、中国、日本の未来は楽観できませんが、本書のアドバイスを参考にすれば、未来の変化に適応できるはずです。
AI

田中道昭氏のアマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオの書評

アマゾン、アリババ、テンセントの三大金融ディスラプターは、顧客満足を最大化するために、金融ビジネスにも進出しています。顧客を喜ばす「新しい当たり前」を次世代金融産業に取り込むこれらのメガテック企業の素早い動きを見ていると日本は金融4.0の分野で完全に出遅れていることが理解できます。
スポンサーリンク