セレクト

スポンサーリンク
セレクト

垣渕洋一氏の「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本の書評

飲酒によって、ドーパミンが出てたくさんの報酬が得られるので、「もっと、もっと」と勢いづいて飲んでいると、やがて危険なゾーンに入り、体や心を蝕んでいきます。アルコールは依存症を引き起こす「薬物」だと捉え、飲む際には注意を払いましょう。
SX

井上一鷹氏の深い集中を取り戻せ――集中の超プロがたどり着いた、ハックより瞑想より大事なことの書評

高い自由度を自ら作り、夢中で働く人が生まれにくい文化のもと働いている日本人からは、イノベーションは生まれづらくなっています。これが日本の成長を妨げていたのです。夢中になる人が増えれば、アントレプレナーだけでなく、イントレプレナーも増やせます。様々な起業家が生まれることで、日本はもっと面白くなります。
セレクト

レベッカ・ヘンダーソンの資本主義の再構築 公正で持続可能な世界をどう実現するかの書評

企業と政府の姿勢を変えることで、環境破壊や経済格差などの社会問題を解決できます。「共有価値の創造」 「目的・存在意義(パーパス)主導型の組織を構築する」「金融の回路の見直し」「協力体制をつくる」 「社会の仕組みを創り変え、政府を立て直す」を組み合わせることで、多くの問題を抱える資本主義を再構築できます。
イノベーション

ニコラス・クリスタキスの疫病と人類知 新型コロナウイルスが私たちにもたらした深遠かつ永続的な影響の書評

人類は知識と体験を共有することで、過去、何度ものパンデミックを乗り越えてきました。人間には文化を育み、知識を教え合い、後世に伝える能力が備わっています。この累積文化とイノベーションの力によって、私たちは今後もウイルスとの戦いに勝利していくはずです。
イノベーション

イラッド・ギルの爆速成長マネジメントの書評

プロダクト・マーケットフィットを達成したレイターステージの経営者は、企業を成長させたければ、スタートアップ時の経営スタイルを忘れる必要があります。CEOの役割、組織やマーケティングなどの今までの常識を捨て、本書のアドバイスに従うことで、爆速成長企業の仲間入りができます。
セレクト

マイケル・モスのフードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠の書評

食品メーカーは塩、脂肪、砂糖を綿密に組み合わせ、マーケティングの力で拡販しています。加工食品や甘い飲料はそれに依存されるように設計されています。メーカーは消費者の健康より、販売量と売上高を優先します。現代の肥満急増の原因は加工食品や甘い飲料の過剰摂取が原因になっています。
イノベーション

リタ・マグレイスの競争優位の終焉 市場の変化に合わせて、戦略を動かし続けるの書評

持続的な競争優位を構築して、長期間にわたって利益を得たければ、①継続的な事業の再構成・再構築 ②衰退事業からの速やかな撤退 ③資源配分の見直し ④イノベーションへの習熟 ⑤新しいリーダーシップ・マインドセットの習得 ⑥個人スキルの発揮という6つのシナリオを組み合わせるべきです。
AI

堀田創氏と尾原和啓氏のダブルハーベスト――勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザインの書評

AIで何を実現したいのか?を徹底的に議論し、どのAIを使い、どんなデータを集めるかを決めましょう。AIのデータが蓄積することで、新たなマーケットの可能性が見えてきます。AIを複合的に活用することで、UVP(Unique Value Proposition)を強化でき、企業はより大きな果実を手に入れられます。
イノベーション

チェット・リチャーズのOODA LOOP(ウーダループ)の書評

Icons vector created by freepik - www.freepik.com OODA LOOP(ウーダループ) 著者:チェット・リチャーズ 出版社:東洋経済新報社 本書の要約 OODAループは、ビジ...
AI

馬田隆明氏の未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則の書評

社会実装を成功させたければ、徹底的にインパクトにこだわるべきです。デマンドサイドに立ち、以下の4つの原則を取り入れましょう。 ①最終的なインパクトと、そこに至る道筋を示している ②想定されるリスクに対処している ③規則などのガバナンスを適切に変えている ④ 関係者のセンスメイキングを行なっている 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました