セレクト

スポンサーリンク
アマゾン

ザッポス伝説2.0 ハピネス・ドリブン・カンパニーの書評

ザッポスのトニー・シェイはビジョナリー・カンパニーのジム・コリンズの教えを忠実に守っています。自社のコア・バリューに共感したメンバーのみを採用し、顧客と仲間を幸せにする経営によって、ザッポスをグレートな会社に成長させています。
セレクト

モシェ・ミレブスキーの人生100年時代の資産管理術 リタイア後のリスクに備えるの書評

100年人生時代、「老後貧乏」を避けるためには、今までの資産運用の常識を疑うべきです。できるだけリタイアを遅らせ、自分の人的資本から株式と債権の最適な投資バランスを考えましょう。著者は、リターンが得られれば、借金をしてでも積極的に株式投資をすべきだと述べています。
イノベーション

電通Bチームのニューコンセプト大全 仕事のアイデアが生まれる50の思考法の書評

電通Bチームは「今までの方法を変える」新しい価値観や方法論を生み出すプロジェクトです。既存のアプローチではなく、自分の好きなことや体験から、ビジネスを生み出すことで、イノベーションを起こせるようになります。PlanBというアプローチを選択肢の一つにしましょう。
イノベーション

川口加奈氏の14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」の書評

日本では一度ホームレスになるとなかなか抜け出せない厳しい現実があります。失敗してもやり直しができる社会を実現するために、著者の加藤加奈氏はNPO法人Homedoorを立ち上げ、「おっちゃん」たちの課題を解決しています。彼女が実践するスモールテストや巻き込み力は、多くの起業家の参考になるはずです。
イノベーション

リカルド・セムラーの奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメの書評

ブラジルのセムコ社は「1週間毎日が週末発想」経営によって成長しました。社員のコントロールを一切やめ、幸せな企業を目指すことで、急激に業績を伸ばすだけでなく、社員の離職率がほぼゼロになっています。主体的に自由に働く社員が質の高い仕事をすることで、結果を出せるようになったのです。
セレクト

ケン・ブランチャードのザ・ビジョン(新版)やる気を高め、結果を上げる「求心力」のつくり方の書評

自分は何ものなのかという「目的」、どこをめざすのかという「未来のイメージ」、そしてビジョン実践の羅針盤となる「価値観」をはっきりさせることで、リーダーはよりよいビジョンを描けるようになります。ビジョンをつくるだけでなく、実践することで顧客から応援されるようになります。
イノベーション

セス・ゴーディンのTHIS IS MARKETING ディスイズマーケティング 市場を動かすの書評

マスマーケットを相手にすれば、大勢の人を喜ばせようとして、自分を曲げてしまいます。自分がいなくなれば困る50人、あるいは100人のファンは必ずいるはずです。少数を大切にし、彼らをファンにしたほうがはるかに生産的です。ファンとのつながりを作ることが成功への最善の道なのです。
イノベーション

田中宏隆氏のフードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義の書評

2025年までに世界700兆円に達すると言われる超巨大市場「フードテック」。この成長著しいマーケットに欧米のベンチャーが参戦し、健康や環境破壊に対するソリューションを提供しています。コロナパンデミックがもたらす課題にもフードテック企業はすばやく対応し、存在感を増しています。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
AI

トーマス・フリードマンの遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方の書評

Background vector created by starline - www.freepik.com 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 遅刻してくれて、ありがとう 常識が通じない時代の生き方 著者:ト...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました