Facebook

スポンサーリンク
イノベーション

売上の地図 3万人を指導したマーケティングの人気講師が教える「売上」を左右する20のヒント(池田紀行)の書評

著者が提示した「売上の地図」を活用し、自社の売り上げが上がるための要因と課題を明らかにすることで、次に行うべき施策が明らかになります。売れている商品の多くは一番最初に思い出されることが多く、エンゲージメントが高くなっています。顧客から愛される商品を作り、愛されるポジションを獲得することがとても重要です。
AI

リモート経済の衝撃(野口悠紀雄)の書評

リモート経済の衝撃 野口悠紀雄 ビジネス社 本書の要約 テレワークによって、場所に左右されずに働くことが可能になります。職場、自宅、サードプレイスなど働く場所を増やすことで、家族との時間が増やしたり、新たな出会いをデザイ...
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
AI

収益多様化の戦略―既存事業を変えるマネタイズの新しいロジック(川上昌直)の書評

利益イノベーションは、企業を窮地から救い、新たなビジネスモデルを生み出します。価値創造だけでなく、利益イノベーションから顧客と向き合うことで、企業は成長を持続できるようになるのです。利益イノベーションと価値創造イノベーションの好循環を生み出すために、利益を上げることを経営者は考えるようにしましょう。
AI

GAFA next stage ガーファ ネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略(スコット・ギャロウェイ)の書評

オンラインでの関わり、アルゴリズム、データといったものがよりよい技術であり、ビジネスを行うのにより便利な手段だと理解していたGAFAMは、どんな製品でも、より多く、より安くつくることができ、より多くをより高い利益率で販売できるようになったのです。彼らはこのビジネスモデルで稼いだ膨大なキャッシュを使って、あるゆる業界に食指を伸ばそうとしています。
イノベーション

アレックス・カントロウィッツのGAFAMのエンジニア思考の書評

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com GAFAMのエンジニア思考 著者:アレックス・カントロウィッツ 出版社:かんき出版 本書の要約 GA...
Instagram

スマートフォンとソーシャルメディアが孤独を加速させる理由

目の前の人との悪影響を及ぼすスマホを使いすぎることで、現代人がお互いを理解し合い、つながり合ううえで重要な働きをする共感力を損なわせます。スマホやソーシャルメディアは依存症を引き起こします。孤独に陥らずに、幸福度を高めるためには、スマホやソーシャルメディアと距離をおくべきです。
習慣化

どうすれば異なる集団が互いを理解できるようになるのか?

エコーチェンバー現象によって、「認識の壁」というフィルターを通じて世の中を見てしまい、自分とは反対の意見を持つグループの考えを排除してしまいます。この状態を脱するためには、多様な情報や人々の考え方に触れることが不可欠で、熟議や熟考を繰り返す必要があります。
AI

田中道昭氏の世界最先端8社の大戦略 「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代の書評

今後は「人×地球環境」中心主義が経営者の常識になっていきます。顧客中心主義にこだわり、顧客のペインをなくすことばかり考えた結果、グリーンとエクイティに悪影響を及ぼしました。デジタルシフトにばかりが注目が集まりますが、リーダーはデジタル×グリーン×エクイティを三位一体で捉え、戦略に取り入れる必要があります。
Instagram

アンデシュ・ハンセンのスマホ脳の書評

私たちは1日に何時間もスマホに時間を費やすことで、自らの心と体の健康に危害を与えています。多くの人がスマホに時間を奪われ、生産性を下げています。脳をスマホにハックさせないために、運動や睡眠の時間を増やし、スマホの利用時間を減らすようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました