書評

スポンサーリンク
習慣化

POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)―学習する組織に進化する問題解決アプローチの書評

ポジティブデビアンス(PD)とは、同じコミュニティや組織などで、問題が発生している悪条件の現場のなかで良い結果を出している「逸脱者」です。悪条件の中でも成功する「ポジティブな逸脱者」を発見し、彼らに焦点を合わせ、正しい答えを見つけましょう。
イノベーション

伊藤豊氏のShapers 新産業をつくる思考法の書評

これからの時代に必要なのは、「Shapers」として生きることだと著者は言います。Shapersとは創造性を発揮して新しい価値を形づくろうとする人のことを指します。大企業に入れば、自分のキャリアは安泰と考えるのではなく、Shapersを目指し、自分の価値を高めるようにしましょう。
イノベーション

黒田悠介氏のライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術の書評

過去の経験による蓄積を足場にして、多様な出会いや偶然力を活用することで、ワクワクな人生を送れるようになります。スキルセット、広く多様な人的ネットワーク、経験によるリアルな自己理解の3つの蓄積を活用し、情報発信、ギバーとして行動することで、自分の可能性が広がります。
AI

馬田隆明氏の未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則の書評

社会実装を成功させたければ、徹底的にインパクトにこだわるべきです。デマンドサイドに立ち、以下の4つの原則を取り入れましょう。 ①最終的なインパクトと、そこに至る道筋を示している ②想定されるリスクに対処している ③規則などのガバナンスを適切に変えている ④ 関係者のセンスメイキングを行なっている 
書評

マット・リドレーの繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史の書評

ものやアイデアの交換によって、豊さが生まれるとマット・リドレーは言います。人との交換によって、私たちは自分のやりたいことに集中でき、それが生産性を高めたのです。イノベーションのパワーを信じ、未来を悲観的ではなく、楽観的に捉えるようにしましょう。
AI

桜井駿氏の100兆円の巨大市場、激変 プロップテックの衝撃の書評

PropTechという新しいテクノロジーに注目が集まっています。土地や建物(Property)の活用に、ICTやAI、VR/ARなどの最新技術を用いることで、新たなビジネスやサービスが続々と誕生しています。アメリカや中国が先行する中、日本でもベンチャー企業がPropTechに参入し、顧客の利便性を高めています。
AI

マット・リドレーが予測する2050年の未来とは?

2050年のイノベーションが世界を劇的に変えるとマット・リドレーは予測します。イノベーションは自由から生まれ、繁栄を生み出すなら、ロビイングや規制をやめ、実験と失敗を許容すべきです。イノベーションを起こりやすくすることで、私たちの未来をよりよくできるのです。
AI

マット・リドレーの人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化するの書評

イノベーションは自由から生まれます。課題を解決したいという人々の自由で独創的な試みがあり、失敗が許される土壌があるから、イノベーションが起こるのです。創造力にあふれる人たちが自由に実験する場があるから、可能になるのです。
習慣化

ネイチャーポジティブな選択が、ウイルスを撃退する?マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類が行動を変えることで、よりサスティブルな経済が実現したとすると、結果的にウイルスが反撃を止めてくれるかもしれないと著者は指摘します。ネイチャーポジティブな態度をとり、サスティブルな活動をしている企業を応援することが、一人一人に求められています。
習慣化

マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類はテクノロジーの発展の中で倫理観を失ってきました。よりよい社会を実現するためには、「理由律」に従って行動し、倫理観を取り戻すべきです。サスティナブルで倫理的な資本主義体制をつくった国が、今後ももっとも豊かな国になると著者は未来を予測します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました