書評

スポンサーリンク
ブログ

水ビジネスが注目される理由。坂口孝則氏の未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038の書評

日本の人口が減少する中で、世界人口は2028年に80億人を突破します。今後、資源の争奪戦が起こり、水を活かすテクノロジーが注目されるはずです。水の精製、濾過技術、漏水を防ぐもの、節水商品など、水ビジネスの可能性が広がる中、日本の水技術を輸出することで、新たなマーケットを開拓できます。
ブログ

ヤヌスコーンのフレームワークを使い倒せ!ゼロからつくるビジネスモデルの書評

Design vector created by macrovector - www.freepik.com ゼロからつくるビジネスモデル 著者:井上達彦 出版社:東洋経済新報社 本書の要約 ヤヌスコーンのフレームワーク...
ブログ

サリム・イスマイルの シンギュラリティ大学が教える シリコンバレー式イノベーション・ワークブックの書評

ExO(飛躍的企業)にはMTPとSCALLEとIDEASの11の特徴があります。最も重要な特徴がMTPで、野心的な変革目標を明確にすることで、組織は前向きな変化に駆り立てられます。MTPを明確にし、今ある未使用な資源である「SCALE」を「IDEAS」を使ってマネージメントすることで、私たちは飛躍的な企業をつくれます。
ブログ

アメリカより、デンマークに住む方が幸せになれる理由。

税負担を広く共有することで、デンマークは国民の団結力を高めています。貧困層を含む全員で政府のプログラムに貢献していると実感することで、誰もが政府のプログラムを支持します。コロナ・パンデミックで国民が苦しむ今こそ、各国政府は税金と支出の配分を見直し、北欧型のベストプラクティスを採用すべきです。
セレクト

ファリード・ザカリアのパンデミック後の世界 10の教訓の書評

パンデミック対応に成功している国家には、学んできた経験のある「善き政府」があると著者は指摘します。台湾や香港はよその国で成功しているシステムを採用しました。SARSやMERSを自ら体験し、ここから徹底的に学び、テクノロジーを積極的に取り入れることで、コロナを撃退したのです。
AI

成毛眞氏の2040年の未来予測の書評

テクノロジーによって生活が便利になる一方、様々なデータから日本の未来を予測すると暗い兆しがいくつも見つかります。課題先進国である日本に生きることを悲観するのではなく、変化の萌芽の中から、チャンスを見つけましょう。自分の頭で考え、変化に適応することで、自分を幸せにできます。
習慣化

成毛眞氏のバズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せるの書評

何度も推敲を重ね、自分の感情や思考を真剣に伝えることで、「バズる」文章を書けるようになります。読者の立場から文章を見直し、読みやすさ、わかりやすさを追求しましょう。文章の良し悪しは、「最初の1行」で9割決まると著者は言います。読んでもらえる見出しをつくることを、まずは心がけましょう。
習慣化

藤吉豊氏と小川真理子氏の「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。の書評

本書は文章術の100冊の名著から40の共通ノウハウをピックアップしています。まずは、『文章はシンプルに』 、『伝わる文章には「型」がある』、『文章も「見た目」が大事』などの7つのルールを身につけましょう。40のルールの半分を身につけるだけで、文章力は劇的にアップするはずです。
習慣化

本田直之氏のパーソナル・トランスフォーメーション コロナでライフスタイルと働き方を変革するの書評

人生は壮大な実験だと考え、自ら変化する道を選びましょう。コロナ時代に新たな自分を見つけ、本当にやりたいことに時間を使うのです。パーソナルトランスフォーメーションを実践し、自らの価値を発信をすることで、周りの人から応援してもらえるようになります。
イノベーション

安永雄彦氏の築地本願寺の経営学―ビジネスマン僧侶にまなぶ常識を超えるマーケティングの書評

築地本願寺の経営学―ビジネスマン僧侶にまなぶ常識を超えるマーケティング 著者:安永雄彦 出版社:東洋経済新報社 本書の要約 築地本願寺という由緒正しきお寺と言えども、何も行動を起こさなければ、消滅するリスクが高まっていま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました