書評

スポンサーリンク
AI

“本質的なデジタル化”で成長を続けるニトリホールディングス

企業がデジタル化を行い、最適なオムニチャネルを形成するためには、 "アジャイルな意思決定"が欠かせません。ニトリホールディングスのような"本質的なデジタル化"を実現した企業は、そうでない企業よりも株式市場からの評価とEBITDAが伸びていることが明らかになっています。
ブログ

なぜ、資源価格が高騰するのか?

コロナ禍が落ち着き、経済活動が再開する中、脱炭素によって、資源開発が停止されたことが、現在の資源高を巻き起こしています。冷静に現状分析し、正しいエネルギー政策を取らないと現在の資源高は抑えられません。太陽光や風力発電へのシフトを叫ぶだけでは、今回の資源価格の暴騰は解決できないのです。
ブログ

マッキンゼー ネクスト・ノーマル―アフターコロナの勝者の条件の書評

新型コロナは消費者の購買行動に大きな変化を与え、彼らの行動を変えてしまいました。経営者は今までと同じ戦い方をするのをやめ、ネクストノーマルを意識した新たな戦い方を身につける必要があります。企業は獲得した膨大な消費者データを活用しなければ、消費者からの関心を失い、グローバル市場での競争力が低下してしまいます。
ブログ

朝倉慶氏の株高・資源高に向かう世界経済入門 株がバブルというウソの書評

中国のデジタル人民元の動きが加速しています。デジタル人民元が先行する中、アメリカはこのデジタル通貨戦争で覇権を握れるのでしょうか?残された時間が限られる中、この数年のデジタル通貨の動向によって、米中両者の覇権争いの帰趨が決まるはずです。
イノベーション

イノベーションを起こしたければ、顧客の課題を発見するチームを作ろう!

スタートアップは、顧客を観察し、そこからのフィードバックを大事にすべきだと指摘します。経営者は顧客を味方にし、彼らの意見を取り入れることで成功に近づけます。次世代のイノベーションを生み出すためには、顧客の課題を発見できるチームを作るべきなのです。
イノベーション

CEOは開発者の罠に気をつけろ!

多くのベンチャー・スタートアップは、よいものを作れば、マーケットから評価されると考えがちです。時間さえあれば成功できると信じ、マーケットとの対話をせずに、技術を深掘りする「開発者の罠」に陥ってしまいます。これを避けるために、プロトタイプを作り、顧客からのフィードバックを求めましょう。
書評

田中世紀氏のやさしくない国ニッポンの政治経済学 日本人は困っている人を助けないのかの書評

「助け合いの国ニッポン」を取り戻すためには、一人一人のマインドセットと行動を変えればよいのです。人は、誰かから助けてもらったときに感謝の気持ちを抱きます。この感謝は向社会的な行為を伝播させる効果をもつと言われています。人助けと感謝の連鎖を作ることで、日本人の幸福度がアップするはずです。
AI

李智慧のチャイナ・イノベーション2 中国のデジタル強国戦略の書評

中国は国家レベルで、デジタル国家になることを長期ビジョンに掲げ、それを確実に実現しています。2017年以降は、 AIをその基軸においています。今回も「デジタル・社会ガバナンス」という中国特有の政策を実施し、新型コロナウイルスの患者を一気に減らすだけでなく、経済を成長させることにも成功します。
AI

李智慧のチャイナ・イノベーションの書評

当初中国の金融ビジネスは顧客にペインを与えていましたが、モバイル決済が普及することで一気に様相を変えました。中国のフィンテック・サービスは、ビッグデータ蓄積のきっかけを作り、消費者の生活のデジタル化を深化させたのです。銀行ビジネスもビッグデータと最新のテクノロジーによって、デジタルバンクに進化しています。
サブスクリプションモデル

パノス・A・パノイ、 R・マイケル・ヘンドリックスの創造思考―起業とイノベーションを成功させる方法はミュージシャンに学べの書評

ミュージシャンのように自分のセールスポイントを知り、新たなものを作り、自分の才能を見つけて、他者とつながることで、起業家はイノベーションを起こせるようになります。ミュージシャンのマインドセットを身につけ、新たな可能性に心を開き、変化することで、起業家は顧客を維持・開拓できるようになるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました