書評

スポンサーリンク
投資

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う(坂本貴志) の書評

人生100年時代、老後も働くことが当たり前になっています。老後の働き方には様々な選択肢があります。定年後の就業者の中には、稼ぐことよりも自分の時間を大切にしたり、地域への貢献を意識し、新たな仕事を選ぶ人が増えています。月10万から15万円を稼ぎながら、自分の時間を幸せに過ごす人が増えています。
イノベーション

イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学(牧兼充)の書評

ベンチャー企業の成功には、スターサイエンティストと呼ばれる研究者の存在が大きく影響していることが明らかになってきました。スターサイエンティストの論文などの研究結果を活用するだけでなく、彼らと直接の関係を持たないと、ベンチャー企業の業績は向上しません。彼らとの関係を強化した企業が勝ち組になりそうです。
パーパス

超ミニマル主義(四角大輔)の書評

モノや情報、タスク、人間関係を身軽にすることでパーフォーマンスをアップできます。自分が抱えるタスクや荷物を「最小限=ミニマル」に減らすことで、自分の可能性を「最大限=マックス」に引き出せるようになります。 自分の思考と行動を見直し、良い習慣を身に着け、集中力を高めましょう。
アマゾン

「バカ?」と言われて大正解―非常識なアイデアを実現する(リッチ・ノートン)の書評

バカげたアイデアにとりかかるとき、自分らしさに火をつけ、本当の自分に自分らしい人生を生きるパワーを持つことで、行動することに対する恐怖を抑えられます。勇気を持って、自分をメディア化することで、人から発見してもらえるようになります。その際、STARTのフレームワークが効果を発揮します。
イノベーション

アンドリュー・カーネギーの富の福音の書評

アンドリュー・カーネギーは、資本家は得た資本を使って、大学や図書館などの社会資本を充実すべきだと考え、多額の寄付を行いました。富の使い方(社会貢献の仕方)は、未来の人たちの成長を促す公共施設などに寄付すべきだと言う考えを彼は世の中に広めました。
イノベーション

セルフプロモーションが起業家にとって重要な理由。パトリック・ベト-デイヴィッドの勝者の先読み思考の書評

起業家やマーケターは羞恥心を捨て、クライアントが喜ぶ情報発信を積極的に行うべきです。クライアントが課題を解決できる情報を書き込むことで、新たなビジネスが始まります。自分が役に立つ存在であることをアウトプットしなければ、クライアントから発見してもらえなくなっています。
リーダー

人を動かす「正論」の伝え方(藤井聡) の書評

お金と力は強者が独占しています。それに対して言葉に関しては強者も弱者も関係ありません。基本的には誰もが自由に使うことができ、弱者も言葉を活用することで、強者に対抗できるようになります。弱者にとって、「正論」こそが、唯一無二の武器になります。
書評

40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する(池田清彦)の書評

ヒトの本来の寿命は40歳ぐらいで、それ以降の時間は生物学的にはおまけです。40歳を過ぎたら、自分らしく生きるために、社会の規範や常識を一度は疑って生きてみましょう。社会の規範とは異なる自分なりの規範というフィクションを作成し、それを高々と掲げて生きていくことで、自由に生きられるようになります。
イノベーション

起業マインド100 (ケヴィン・D・ジョンソン)の書評

起業家が成功するためには、以下の4つのことを実践すべきです。①自分抜きでも回るビジネス ②特定の人に依存しないシステムの構築 ③テクノロジーを駆使して自動化された業務 ④適切な相手へのアウトソーシング 本書で紹介されている起業家マインドを身につけることで、成功確率を高められます。
哲学

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」(枡野俊明)の書評

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」 枡野俊明 三笠書房 本書の要約 日々の生活の中で、わたしたちは心の中にさまざまなネガティブな感情を積み上げています。これを時々洗い流...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました