書評

スポンサーリンク
習慣化

勉強するときにスマホやパソコンを遠ざけたほうがよい理由。

真剣に学びたければ、目の前の環境に集中できるようにすべきです。短期記憶を損なうものを排除し、学ぶ対象をシンプルかつ一口大のサイズに切り刻むようにするのです。自分の知識のレベルを徐々に上げること、学びの習慣化が私たちの習熟度を高めてくれるのです。
習慣化

教育の成果を高める2つの要因とは何か?

的確なサポートとモチベーションを高めてくれる教師を見つけ、努力を重ねることで、結果を出せるようになるのです。「勉強圧力」(アカデミック・プレス)と「勉強支援」(アカデミック・サポート)の両方を与えてくれる教師を見つけましょう!
習慣化

シブ・ケーラの君なら勝者になれるの書評

成功を得るためには、自分の態度を変える必要があるとシブ・ケーラは指摘します。ポジティブな態度でいれば、性格を明るくでき、アクティブに動けるようになります。ストレスを減らし、幸福度を上げることができれば、良いことが起こるようになるのです。
セレクト

ブラッド・ストーンのUPSTARTS UberとAirbnbはケタ違いの成功をこう手に入れたの書評

技術や事業で問題に直面したとき、根本的なところまで掘り下げ、必要であればリスクや対立も辞さない姿勢が、ウーバーとエアビーアンドビーに成功をもたらしました。顧客の声を最大限活用し、抵抗勢力を封じ込めることで、競合との戦いに勝利したのです。
セレクト

過去の常識を捨て、ビジネスチャンスを見つけるためにファクトを重視しよう!

過去の思い込みや体験を信じていると未来を見誤ります。最新のデータや未来予測をチェックし、どのマーケットに可能性があるかを考えるべきです。ファクトを重視し、自分の頭で考える習慣を身につけることで、ビジネスをよくするだけでなく、幸せな時間も増やせます。
セレクト

ハンス・ロスリングのファクトフルネスの書評

 「西洋諸国」と「その他の国々」、「先進国」と「途上国」、「豊かな国」と「貧しい国」のあいだにあった分断はもはや存在しない。だから、ありもしない分断を強調するのはやめるべきだ。(ハンス・ロスリング) Designed by P...
習慣化

外側の目標と内面のどちらを充実させるか?

 いちばん欲しいものを尋ねられて、外側の状況を答える人は、少なくとも二つの点で間違っている。一つは、外側の状況が本当の幸せと満ち足りた気持ちをもたらしてくれると信じていること。そしてもう一つは、外側の状況さえ達成すれば、内面の状態(愛、...
習慣化

スティーブン・プレスフィールドのやりとげる力の書評

何かをやりとげるためには、行動を通じて意志の力を鍛える必要があります。朝、目覚めたら直ぐに自分の重要な仕事を始め、先延ばしをしないようにすべきです。レジスタンスという障害物を避け、結果を残すためには行動を起こすしかないのです。
習慣化

ティク・ナット・ハンの 今このとき、すばらしいこのとき Present Moment Wonderful Momentの書評

呼吸と笑顔の習慣が幸せになる秘訣だと禅僧のティク・ナット・ハンは言います。今、自分が呼吸をしていることが奇跡だと気づけ、本来の自分を取り戻せます。悩みや恐れを減らし、幸せな時間を増やしたければ、本書のガーター(偈頌)を唱えながら、呼吸を繰り返すだけでよいのです。
セレクト

スーザン・ケインの内向型人間のすごい力の書評

積極性や人付き合いが良い外交的な人が評価されがちですが、内向的な人にも活躍の場があることを理解しましょう。自分を卑下したり、無理に外交的に振舞う必要はありません。内向的でも自分の良いところを明確にし、外交的な人たちと協業し、良いチームを作ることで結果を残せます。
スポンサーリンク