書評

スポンサーリンク
書評

作佐部孝哉氏のミドルマネジメントの正解: 不確実な時代を乗り越えるための5つのアップデートの書評

今までの常識が通用しない時代、現代のような不確実な時代には、ミドルマネジメントは現場経営者に自らをアップデートし、組織を強くしなければなりません。チームとメンバーの力を最大限に引き出すリーダーになることで、あなたの市場価値は高まり、より豊かな人生を送れるようになります。
ブログ

アイザック・H・ジョーンズと石川勇太氏のTHE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術の書評

1.食事から糖質を減らして、良質なアブラを摂る 2.農薬や添加物、重金属を排除し、体から毒素を排出する 3.ストレスと賢く付き合うという「最高の食事と習慣の三大原則」を取り入れることで、脳と体の健康を取り戻せ、自分のパフォーマンスをアップできるようになります。
習慣化

恐怖を取り除くシンプルな方法

時間、愛着、期待の3つが全て揃った時に恐怖心が巻き起こります。本能は「恐れることで生き残れる」と考えていますから、恐れの原因を明らかにしましょう。時間、愛着、期待の3つの対策を講ずれば、恐怖心をなくせます。いまここに集中し、感謝の気持ちを待ちましょう。
セレクト

ケン・ブランチャードのザ・ビジョン(新版)やる気を高め、結果を上げる「求心力」のつくり方の書評

自分は何ものなのかという「目的」、どこをめざすのかという「未来のイメージ」、そしてビジョン実践の羅針盤となる「価値観」をはっきりさせることで、リーダーはよりよいビジョンを描けるようになります。ビジョンをつくるだけでなく、実践することで顧客から応援されるようになります。
イノベーション

神田昌典氏、池田篤史氏の人間学×マーケティング (未来につづく会社になるための論語と算盤)の書評

中小企業の飛躍には、人間力とマーケティング力を組み合わせることが欠かせません。「論語」(人間学)を深耕しながら、「算盤」(マーケティング)を活用することで、会社は成長します。未来の顧客を喜ばすことをイメージし、そこから逆算し、強い新規事業を立ち上げましょう。
習慣化

探究型読書(編集工学研究所)の書評

探究型読書は、物事を深く思考したり、自分なりの考えを組み立てたり、問題を追求し続けるための「手段としての読書」です。本の内容を完壁に理解することよりも、自分なりの思いきった仮説を立てることを優先します。自分の思考を大きくジャンプさせるために、探究型読書を活用しましょう。
習慣化

影山徹哉氏のThird thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法”の書評

直観(速い思考)と意識思考(遅い思考)だけでなく、Third Thinkingと呼ばれる無意識思考を活用しましょう。この「無意識思考」は、複雑な意思決定において「速い思考」「遅い思考」のどちらよりも優れた思考であることが、科学的に証明されています。
イノベーション

山口絵理子氏のThird Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方の書評

相反する二軸をかけ合わせて新しい道を創造するサードウェイを選択することで、大きなビジョンを実現できるようになります。理想と情熱を長続きさせたければ、①ビジョンを大きくすること②定点観測をして、自分の立ち位置をハッキリさせること③プロセスの中で生まれた夢も追加する ことを意識しましょう。
イノベーション

セス・ゴーディンのTHIS IS MARKETING ディスイズマーケティング 市場を動かすの書評

マスマーケットを相手にすれば、大勢の人を喜ばせようとして、自分を曲げてしまいます。自分がいなくなれば困る50人、あるいは100人のファンは必ずいるはずです。少数を大切にし、彼らをファンにしたほうがはるかに生産的です。ファンとのつながりを作ることが成功への最善の道なのです。
習慣化

藤井英雄氏の危機を乗り越えるマインドフルネスの書評

with コロナの時代の不安やイライラを減らすために、マインドフルネスを習慣化しましょう。「今、ここ」の現実に気づき、客観視することで、 ネガティブ思考を手放せます。 ストレスや不安を減らすことで免疫力が高まり、コロナに感染するリスクも減らせます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました