書評

スポンサーリンク
習慣化

無料より安いものもある:お金の行動経済学(ダン・アリエリー, ジェフ・クライスラー )の書評

お金のことを考えると、私たち人は心が乱され、ストレスを抱えてしまいます。 お金は私たちの暮らしや経済、社会になくてはならないものなのに、お金について合理的に考えることができなくなります。お金に関する私たち自身の欠陥や欠点を理解し、認識を変え、正しいお金の使い方を身につけましょう。
イノベーション

世界のマーケターは、いま何を考えているのか?(廣田周作)の書評

「買い物は投票」だと捉える消費者が増える中、企業の真剣さが問われています。企業の実態が可視化される中で、環境や人権に鈍感な企業は淘汰されてしまいます。「自分たちの未来は、自分たちの力で変えられる」と考えるZ世代が消費の中心になる中で、今までと同じやり方を続けていてては、企業は存続できなくなります。
習慣化

ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉の書評

自分の現状をよくしたければ、古い世界におさらばして新しい世界の扉を開くべきです。その際、言葉が重要な役割を担います。自分が見聞きする言葉の中身を入れ替えることで、自分の常識を変えられます。今までと同じ言葉を使っていたら、古い自分を変えられません。新しい言葉を使うことで、今までとは異なる別世界が拓けてきます。
ブログ

消費者の購買が変われば、世の中がよくなる?インパクト投資の効果とは?

消費者の価値観が変わり、マイナスのインパクトを与える企業からプラスの影響を与える企業を応援する人が増えています。世界を変える力を消費者が持つことで、サスティナビリティ経営が当たり前になってきました。投資家や消費者がインパクト企業を応援することで、世の中をよりよくできるのです。
イノベーション

インパクト投資 社会を良くする資本主義を目指して (ロナルド・コーエン)の書評

世の中にはたくさんの問題が存在していますが、それを解決するためには投資が必要になります。そこから魅力的なリターンが生まれることで、優秀な人たちと資金を引き寄せられるようになります。ベンチャー・キャピタリストのロナルド・コーエンは、やがてすべての投資がインパクト投資になると指摘します。
イノベーション

上流思考──「問題が起こる前」に解決する新しい問題解決の思考法(ダン・ヒース)の書評

下流で目先の問題をいくら解決しても、根本的な問題は解決できません。問題の本質を問い直し、上流から課題を解決するようにすべきです。上流から思考し、行動することで、未来をよりよくできます。上流思考を評価し、それを行う人が増えれば、事故や病気、若者のアルコール依存症すら減らせるのです。
AI

エンベデッド・インシュランスでもテスラが勝ち組になる理由

米国では自動車のオンライン販売サイトでも組み込み型保険(エンベデッド・インシュアランス)の実装が始まっています。テスラは顧客体験を高めることで顧客から圧倒的な支持を得ていますが、エンベデッド・インシュアランスの分野でも優位性を発揮し、勝ち組としてのポジションを確固たるものにしそうです。
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
ブログ

読書でレバレッジをかけ、自分を変化させる方法

本を読む人が少なくなっているのなら、隙間時間を読書に費やし、それをアウトプットすることで、他者との差別化をはかれます。著者の知識や体験が吸収することが今の自分を形作ると考え、大量読書を習慣にしましょう。本を読む人が少なくなる中で、大量に本を読み、それをアウトプットすることで、自分を魅力的な存在に変えられます。
書評

裏道を行け ディストピア世界をHACKする(橘令)の書評

「進化論的制約」から、人間はしばしば不合理な選択や行動をし、社会・制度のバグは簡単にはなくならないと著者は指摘します。人生をハックすることは生き残るためには重要なことですが、むやみやたらに大きなリスクをとるのではなく、経済合理的に考え、行動することが正しい選択になるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました