書評

スポンサーリンク
習慣化

村山太一氏の丸パクリ読書術

いろんな分野の本を読む(広げる読書)とトップの人の本を読む(深める読書)ことで、変化に適応できるようになります。理想の著者になりきり、思考と行動を学び、それを丸パクリし、実践することで、結果を出せるようになります。
外食

村山太一氏のなぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法の書評

(危機感×気づき×即行動)のサイクルを高速め回す危機回避術であるサバンナ思考と一流や世界一のやり方をマネして丸パクリするショートカット術(マヨネーズ理論)を組み合わせることで、村山太一氏は変化に適応してきました。サイゼリヤでの学びを実践することで、コロナ禍でも著者は黒字を確保できたのです。
習慣化

ジェームズ・C・コリンズのビジョナリーカンパニー【特別編】の書評

「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」でジェームズ・C・コリンズが分析した「偉大な存在となった企業の条件」は、営利企業だけではなく、さまざまな社会組織(Social Sectors)に適用可能です。同じバスに乗る人を見極め、その後に「何をすべきか」を決めるようにしましょう。
AI

アリババのスマートビジネスとは何か?ミン・ゾンのアリババ 世界最強のスマートビジネスの書評

データインテリジェンスとネットワークコーディネーションを組み合わせることで、アリババは世界5位の経済圏を形成しようとしています。ユーザーとの対話から絶え間なく生成されるデータを機械学習アルゴリズムに与えることで、ビジネスをスマートに行えるようになります。
DX

アント・フィナンシャルサービスはなぜ強いのか?アリババ急成長の源泉はスマートビジネスにあるの書評

アリババが急成長できた理由は、小売りのあらゆる情報をデータ化し、ネットワーク化したエコシステムを一気に作り上げたことにあります。収集したビッグデータを徹底活用することで、アリババの金融部門のアント・フィナンシャルサービスは金融業界に革命を起こしたのです。
書評

ポール・ダウンズ氏のBOSS LIFE 倒産ギリギリ社長の経営奮闘記の書評

経営者はデザイン、マーケティング、製造、ロジスティクス、保証サービス、そして経営管理の6つを組み合わせ、結果を出す必要があります。売り上げや利益が上がらない時に経営者は一人で悩みますが、それで良い解決策が浮かぶわけではありません。外部の知恵を求め、最適解を出すようにしましょう。
サブスクリプションモデル

マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリシのおもてなし幻想の書評

顧客のロイヤルティを高めるために重要なことは、顧客の努力の軽減、すなわち顧客に手間をかけさせないことです。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、喜びを与えるサービスではなくより手間のかからないサービスに注力すべきです。
イノベーション

電通Bチームのニューコンセプト大全 仕事のアイデアが生まれる50の思考法の書評

電通Bチームは「今までの方法を変える」新しい価値観や方法論を生み出すプロジェクトです。既存のアプローチではなく、自分の好きなことや体験から、ビジネスを生み出すことで、イノベーションを起こせるようになります。PlanBというアプローチを選択肢の一つにしましょう。
イノベーション

川口加奈氏の14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」の書評

日本では一度ホームレスになるとなかなか抜け出せない厳しい現実があります。失敗してもやり直しができる社会を実現するために、著者の加藤加奈氏はNPO法人Homedoorを立ち上げ、「おっちゃん」たちの課題を解決しています。彼女が実践するスモールテストや巻き込み力は、多くの起業家の参考になるはずです。
イノベーション

リカルド・セムラーの奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメの書評

ブラジルのセムコ社は「1週間毎日が週末発想」経営によって成長しました。社員のコントロールを一切やめ、幸せな企業を目指すことで、急激に業績を伸ばすだけでなく、社員の離職率がほぼゼロになっています。主体的に自由に働く社員が質の高い仕事をすることで、結果を出せるようになったのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました