スポンサーリンク
習慣化

親切が心臓病を防いでくれる?

親切によって感じることあたたかさ、高揚感、刺激、精神的なつながりは体に影響をもたらす。恥ずかしくなると顔が赤くなり、興奮すると心拍数が上がるように、親切によって心で感じることは、脳と体、とくに心臓に影響するのだ。(デイビッド・ハミルトン...
習慣化

扁桃体のために笑顔を習慣にしよう!

扁桃体に関しても笑いは重要なスパイスとなります。私たちは怖い表情の人を見ると、その視覚による刺激が扁桃体を過敏にし、不安を抱きます。(石川陽二郎) Designed by Freepik 笑顔が扁桃体を快にする! 東北大学の医学博...
ブログ

石川陽二郎氏の「脳が不快なこと」をやめれば健康になるの書評 健康になりたければ、脳の扁桃体を強化しよう!

脳の一部である「扁桃体」に着目したところ、その答えがついにわかりました。扁桃体が不安という「不快な刺激」を受けることで、自律神経を乱し、免疫力を下げる要因として働いていたのです。つまり、がん患者でも病気になっていない人でも、「不安を感じ...
習慣化

脳の感情系脳番地を鍛える方法!

「人の心を理解する」というのも、能力のひとつです。そのために効果的なのは、やはり人と直接会うことです。私はたくさんの人の脳画像を見てきましたが、人とよく会っていそくとうようる人というのは、脳画像からもすぐにわかります。側頭葉にある感情系脳番...
習慣化

孤独を避け、マンネリをやめて、脳を刺激しよう!

自分一人だけで生きていると、実は記憶力をあまり使わないらしいのです。一人でいるだけでなく、社会的に孤立してくると、海馬がどんどん弱まってしまうのです。(加藤俊徳)  photo credit: Fernando Stankuns tape...
習慣化

脳を老化させないために、夢を見続けよう!

「人間は夢を失ったときに老化がはじまる」といわれています。(加藤昭吉) photo credit: Bronte Lockwood via photopin (license) 前頭葉を積極的に使わなくなると、私たちの老化が早まる...
習慣化

音楽でデフォルト・モード・ネットワークを刺激しよう!

昔懐かしい音楽には、脳の情動領域を刺激して、脳にしまわれた記憶を引き出す作用があるのです。さらに、懐かしい音楽で当時の記憶の断片がよみがえってくると、デフォルトモード・ネットワークが刺激されて、"過去の自分"と"現在の自分"とを結びつける働...
習慣化

学んだあとは、脳を活性化するために何もせずにボーッとしよう!

なんと、何もせずにぼんやりしているときの脳では、意識的な活動や作業をしているときの15倍ものエネルギーが消費されていることがわかったのです。これは、脳のエネルギー消費から言えば、仕事や作業などの意識的活動よりも、何もせずにボーッとしていると...
習慣化

ひらめきのために、海馬とデフォルトモードネットワークのつながりを強化しよう!

昼間に覚えたことは、脳内の海馬という場所にいったん保存されます。この海馬の役割は、あくまでも一時的な保存なので、その中で必要だと判断された記憶は大脳に移されます。大脳では、デフォルトモードネットワークと、呼ばれる神経のネットワークが、記憶を...
習慣化

オノマトペで脳のパフォーマンスを高める方法。

オノマトペを使ったほうが、脳がグッと活性化するのです。結果、線条体の活動も余計に高まりやすくなります。(篠原菊紀) photo credit: Stilfrei by Thorsten Engels via photopin...
スポンサーリンク