野口悠紀雄

スポンサーリンク
AI

2040年の日本 (野口悠紀雄) の書評

テクノロジーが大きく進化する中で、長期視点での未来予測の重要性が高まっています。世の中の課題が複雑になる中で、ビジネスのやり方も大きく変わるはずです。未来の世界が今とは異なると考え、未来について真剣に考え、見通しを立てる必要があります。
リーダー

どうすれば日本人の賃金は上がるのか(野口悠紀雄)の書評

日本人の賃金が上がらない理由は企業の付加価値にその理由があります。就業者一人あたりの付加価値生産を増加させるそのために重要なことは、技術革新を進めることです。新しいビジネスモデルを確立し、新しい産業を興すことで、結果、企業の生産性が高まり、従業員の給与がアップするのです。
AI

リモート経済の衝撃(野口悠紀雄)の書評

リモート経済の衝撃 野口悠紀雄 ビジネス社 本書の要約 テレワークによって、場所に左右されずに働くことが可能になります。職場、自宅、サードプレイスなど働く場所を増やすことで、家族との時間が増やしたり、新たな出会いをデザイ...
イノベーション

野口悠紀雄氏のリープフロッグ 逆転勝ちの経済学の書評

それまで遅れていた国が、ある時、急激に発展し、先を行く国を飛び越えて、世界の先頭に躍り出る現象をリープフロッグと言います。中国やアイルランドは、新たなテクノロジーやビジネスモデルを活用し、一気に先進国を逆転しました。日本は組織というレガシーを壊せなかったために、取り残されてしまったのです。
習慣化

野口悠紀雄氏の書くことについての書評

(1)クリエイティング・バイ・ドゥーイングとにかく仕事を始める。そのための仕組みを整えること (2)3層構造のアイディア農場 思いついたアイディアをすぐに捉えて、迷子にしない仕組みを作る。(3)多層構造で本を書いていく 1500字程度のブロックを100個積み上げて、15万字の構造にする。という3つの行動を続けることで、著者になれます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました