ChatGPT「超」勉強法 (野口悠紀雄)の書評

a laptop computer sitting on top of a wooden table
ChatGPT「超」勉強法
野口悠紀雄
プレジデント社

ChatGPT「超」勉強法 (野口悠紀雄)の要約

ChatGPTを最大限に活用するには、AIと人間の協調が必要です。AIから提供される情報を適切に活用し、人間の洞察力や経験を加えることで、より価値ある情報が得られます。ChatGPTとの相互作用を重視し、継続的に自分自身の知識や判断力を磨くことが、このツールを上手に使うための重要な要素です。

ChatGPTを活用した読書法

ChatGPTは、書籍やウェブ記事の要約をしてくれる。それを読めば、知りたいことが特定の書籍やウェブ記事に書いてあるかどうかの判断がつく。書籍やウェブ記事のどこを読めばよいかが分かる。これこそが、ChatGPTの役割なのだ。 つまり、ChatGPTは、書籍を読んだり検索したりするのを助ける道具であり、ガイドであると考えるべきだ。知識を得るための最終手段と考えてはいけない。(野口悠紀雄)

生成AIの利用により、個々の学習スタイルやニーズに合わせたカスタマイズされた学習プランを提供することが可能になります。野口悠紀雄氏によれば、これは従来の教育手法に比べて効率的かつ効果的な学習を実現します。

たとえば、ChatGPTを使用して読書をする際、このツールは書籍やウェブ記事を要約し、必要な情報が含まれているかどうかを判断するのに役立ちます。この情報をもとに、どの部分を重点的に読むべきかが明確になるため、学習の効率が向上します。

しかし、ChatGPTは単なるガイドであり、知識の獲得を完全に代行するものではありません。最終的な知識は文献自体に存在し、ChatGPTはその知識へのアクセスを支援するツールとして位置づけられます。

そのため、ChatGPTを活用する際には、ユーザー自身が積極的に質問を投げかけ、どのような情報を求めているのかを明確にする必要があります。質問の質が高ければ高いほど、得られる回答も有用性を増します。

さらに、好奇心が学習を促進することは確かですが、その学習プロセスを計画的に進めることが重要です。適切な方向性と知識の蓄積がなければ、学習の効果は半減してしまう可能性があります。

このような理由から、ChatGPTとの対話を通じて得られる成果は、ユーザーの積極性や知識レベルに依存するため、個人ごとに異なる結果が得られます。

正しい方向づけを知るためにも、知識の蓄積が必要だ。 こうしたことがあるので、ChatGPTとの対話からどれだけの成果を得られるかは、人によって異なる。

ChatGPTを使い倒すには、当たり前ですが知識の蓄積が欠かせません。生成AIの答えが全て正しいとは限らないので、自らの知識や経験がなければ、フェイク情報に簡単に騙されてしまうのです。ChatGPTは人間のように対話をするAIですが、その応答はあくまでプログラムによって生成されるものであり、その内容が必ずしも事実とは限りません。

ですから、ChatGPTを利用する際には、自らが持つ知識や経験を活かして、AIの返答を適切に判断することが重要です。

生成AI時代は、学びがより重要になる時代に

良い質問をするために。勉強することの必要性はこれまでより増したということができる。

ChatGPTを最大限に活用するためには、質問の技術を磨くことがますます重要になっています。このAIを効果的に使うためには、どのように質問するか、そして得られた情報の信憑性を正確に評価する能力が必要です。AIはプログラムに基づいて応答するため、その応答の限界や弱点を理解し、疑問に思った点については他の信頼できる情報源と比較検証することが欠かせません。

さらに、技術の進展や情報の流動性を考慮すると、継続的な学習と知識のアップデートが不可欠です。最新の情報を持つことで、ChatGPTからより正確な回答を引き出すことが可能になります。また、ChatGPTに依存するだけではなく、その生成する情報を批判的に評価し、他の資料と照らし合わせることが重要です。 ChatGPTはAIの一種であり、自然言語処理によって人間のように対話を行うことができる技術です。

しかし、その正確性や信頼性には限界があります。それゆえ、ChatGPTを活用する際には、質問のスキルを高めることが肝要です。質問の仕方次第で得られる情報の質が変わりますので、適切な質問方法を身につけることが重要です。 また、AI技術は日々進化しており、情報も流動的です。このため、常に最新の知識を持ち続けることが求められます。

ChatGPTからの回答を受け入れるだけでなく、他の情報源と照らし合わせることで、より信頼性の高い情報を得ることが可能です。ChatGPTを使う際には、疑問を持ったら他の情報源も参照し、情報を検証する習慣を身につけることが不可欠です。

文章を書く際にもChatGPTは効果を発揮します。誤字や脱字や用語の誤りを防げるだけでなく、例や比喩によって、文章のクオリティも高められます。

「『表現したいことの内容は分かっているのだが、それをどういう言葉で表現したらよいか分からない』ということがある。こうした例として、どんなことを挙げたらよいでしょうか?」という私の問いに対して、ChatGPTがいくつかの候補を挙げてくれたのだ。また、適切な比喩を教えてもらうこともできる。これらによって、文章の説得力が向上する。

また、正しい敬語の使い方も教えてもらえます。

「なぜか?」という質問は、ChatGPTとの対話で非常に重要です。この質問をすることで、提供された回答の背後にある理由や論理を深掘りし、その答えがどのようにして導かれたのかを理解する手助けとなります。このような探求は、対話をより充実させ、興味を引くものに変える力があります。

この問いかけは、新たな視点や情報を明らかにし、コミュニケーションを多層的かつ意味深いものにします。好奇心を刺激することで対話が促進され、ChatGPTとのやりとりがより深く、実り多いものになります。こうした質問は知識の深化に寄与し、対話を活性化させる鍵です。

時代の変化が激しくなる中、私たちは一生学び続ける必要があります。生成AIの登場によって、独学が以前よりもずっと手軽になりました。ChatGPTのような生成AIを生涯学習のパートナーとして利用することで、日々自分自身をアップデートできるようになります。

ChatGPTを効果的に活用するためには、AIと人間の協働が欠かせません。AIから提供される情報を適切に利用し、人間の洞察力や経験を組み合わせることで、より価値のある知見を得ることができます。ChatGPTとの相互作用を重視し、継続的に自身の知識や判断力を磨くことが、このツールを上手く使うための重要な要素になります。


この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
AIイノベーションフレームワーク文化戦略ChatGPT習慣化書評生産性向上ブログアイデアクリエイティビティマーケティングライフハック読書術
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
起業家・経営者のためのビジネス書評ブログ!
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました