Googleの+1 buttonが発表されました。広告のソーシャル化へのチャレンジですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Googleのソーシャルサービスとも言える+1 buttonがUSで発表されました
今朝3月31日の午前のニュースサイトはこの話題で持ち切りです。
techcrunchの記事はこちらから

Googleはソーシャルメディアのサービスが本当に下手で
Google Buzzを始め、失敗の歴史を繰り返しています。
Googleのサービスを応援しているソーシャルおじさんにとっては
寂しい限りですが
噂になっていた、Googleの「いいね!」やRTとも言える
+1 buttonがUSでようやく発表されました。

まだ正式サービスではないので
Googleのアカウントにログインした後、「Experimental search」のページにある「Join this experiment(この実験に参加)」ボタンを
押す必要があるそうです。 

詳細は以下サイトから
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110331/358942/

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1103/31/news022.html

http://japan.cnet.com/news/service/35001115/

Googleの最大の資金源である広告に
ユーザー視点でカスタマイズができるということが
この+1 buttonの最大の売りだと思われます。

広告のソーシャル化という
Googleの新しいチャレンジが成功できるかどうかは
当たり前ですが
この+1 buttonへのユーザー評価にすべては関わってきます。

ソーシャルおじさんのフェイスブックページも応援ください!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る