Facebookの新しい検索「Graph Search」が楽しみ!

ブログ

Facebookは先ほど2013年1月15日(アメリカ時間)に
新しい検索プラットホームでの「Graph Search」を発表しました。

一部ではFacebookフォンの発表かと言われていましたが
マネタイズに繋がる新サービスの発表で、Facebookのやる気を感じた次第です。

Facebookの「Graph Search」のリリースにより検索は新しい時代に入りました。
当然、Googleとの競争も激しくなりそうです。
ネット全体の検索するGoogleと10億人ユーザーの体験を検索すると言うFBでは
検索に対する考えやアプローチも全く異なります。

「Graph Search」の検索対象は「人々」「写真」「場所」「興味対象」に
関する質問に対する回答をユーザーに提供することを目的 としていることですが
当たり前ですが着眼点は人軸です。

「Graph Search」のリリースで場所や関心領域という人に関わる分野
そうソーシャルネットワーク上の友人、知人のお薦めに繋がるキーワードが
今まで以上に価値を持ち、重要になってきそうです。

Facebookの登場以来、コンテクストの中で語られるコメントや写真経由の情報で
モノやサービスを購入する人が増えてきました。
メディアでの認知ではなく、ソーシャル経由での認知が増大したり
購入のきっかけになると言われていました。
ここに今回のFacebookのは「Graph Search」切り込んで行ける可能性があります。
マネタイズに関してザッカーバーグはこう話しています。(CNETから引用

「ゆくゆくはビジネスとなる可能性がある。
現時点では、ユーザーエクスペリエンスの構築に専念している」

しかし、間違いなく今後はこの検索がビジネスの柱になって来るはずです。

「Graph Search」で友達が使っているレストランの検索などが
簡単にできるようになります。
過去の友人の体験からエリアのお薦めを知ることが出来るのです。
例えばイタリアンを探す場合に、友人の写真投稿とコメントで
そのお店に予約するかどうかの判断ができるようになります。
これは、ネットの匿名性の情報よりはるかに好感が持てそうで使いたくなります。

近未来の欲求を掴んだ企業は強いと言われていますが
位置情報を押さえ、ユーザーのニーズをこの「Graph Search」
知り得る立場にいることを考えると広告的には相当価値があると言えます。

自分の友達の過去のいいね!や投稿写真などからお薦めを探せると言うのは
面白い体験がいろいろできそうでワクワクしますね。
一方で検索の設定によってはプライバシーが問題になりそうですね。
アメリカの記者会見でもこのあたりが話題になったようです。

まずは、アメリカのみでテストされる「Graph Search」ですが
広告展開のマネタイズなど含め、今後もニュースを追っかけて行きたいと思います。

新刊 乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!
キーマンズネットのアプリ記事連載です。(12月17日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  ;>

Loading Facebook Comments ...

コメント