マリリン・ハミルトンに学ぶ、諦めない心の鍛え方。#書評 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

酒を飲んでいた頃の自分は、失敗すると必ず飲み会に逃げていました。
本来であれば、失敗の原因を探して、違うチャレンジをすべき時間を
飲み仲間との慰めや言い訳の時間に費やしていたのです。

しかし、いくらお酒を飲んで、憂さ晴らしをしていても
成長はないと気づき、2007年に断酒を決心しました。
その際に参考にしたのが、一連のアンソニー・ロビンズの書籍だったのです。

あなたはいまの自分と握手できるかアンソニー・ロビンズ著)には
自分を変える方法がいくつも紹介されていますが
自分にしかできないことで、世の中に貢献するのマリリン・ハミルトンの信念は
素晴らしいモノで、今でも読み返して参考にしています。

マリリン・ハミルトンは29歳のとき、ハングライダー事故で
岸壁から転落して下半身が麻痺し、車椅子での生活を余儀なくされました。
普通であれば、ここで絶望にさいなまれ、やる気が起きなくなるはずですが
彼女は社会に貢献するという新たな道を選びます。

スポーツ好きの彼女の人生は、過去とは全く変わってしまったのですが
ここで、彼女は人生を諦めませんでした。
彼女は視点を変え、可能性にのみ目を向け、強い信念で車椅子の改良に取り組むのです。
彼女の使っている車椅子は健常者の視点で生産されていたため
障害者にとって使いづらいものでした。
ここにマリリン・ハミルトンはビジネスチャンスを見つけます。
使いやすい車椅子を作れるのは、ハンディのある自分だけだと頭を切り替え
車椅子の改良をハングライダー仲間と研究し、モーションデザインズ社を創業するのです。よい製品と強力な販売網を作り上げ、ビジネスをあっという間に軌道に乗せ
数々の賞を受賞していくのです。
 
アンソニー・ロビンズは危機の時こそ、チャンスだと言います。

マリリンの例をみるまでもなく
自分の信念に基づいて諦めずに行動すると、未来がよい方向に動き出すのです。

世間にはともすれば、ものごとを前向きではなくうしろ向きに考えたがる人が多い。だが、なにごとにも壁があると信じこんでしまうと、自分がその壁に取りかこまれることになる。要は意識のうえでその壁をはらいのけ、断固とした気持ちで行動することだ。可能性を強く信じれば、成功する見込みもそれだけ強くなるはずである。(アンソニー・ロビンズ

あなたはいまの自分と握手できるかをはじめ、アンソニー・ロビンズの書籍には
チャレンジマインドあふれる人々のケーススタディが紹介されています。
時々、読み返すことで、自分のハートに火をつけられます。
今日も読んでくださり、ありがとうございました。

アンソニー・ロビンズの関連記事
アンソニー・ロビンズの関連記事②
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る