エスター・ヒックスに学ぶ、感情のコントロールの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

エスター・ヒックス引き寄せの法則 エイブラハムとの対話には
未来を素晴らしくするためのヒントがたくさん書かれています。
カテゴリーに好き嫌いはあるかもしれませんが
自分の意識や行動を変えたい人には
ぜひ、チャレンジしていただきたい一冊です。
スクリーンショット 2015-01-08 22.49.10
人は思考や意識を変えることで、気分や行動を変えれるのです。
どんどん思考を深めていくことで、情報が集まってきます。
似たような思考の人やポジティブな人が集まり始めると
引き寄せのパワーが加速して、人生が変わり始めるのです。

「引き寄せの法則」のおかげで似たような思考があなたの元に集まり、思考はますます強力になる。そして強力になればなるほど現象化が近づけば近づくほどそのときに覚える感情も比例して大きくなる。あなたが望む対象に焦点を定め、「引き寄せの法則」によって似たような思考がどんどん引き寄せられると、「引き寄せの法則」のおかげで似たような思考があなたの元に集まり、思考はますます強力になる。そして強力になればなるほど現象化が近づけば近づくほどそのときに覚える感情も比例して大きくなる。

結局は、対象に関心を向け、そこに明るい前向きな感情を持てば
人生がどんどん面白くなるのです。

今までの人生は過去の思考と行動の結果です。
それを変えたいなら、まずは自分の思考をポジティブに変え
明るい気持ちで世の中を捉え直すことです。
素点を変えることで見えている景色は変わります。
思考と感情が素晴らしければ、良い道が用意されているはずです。

今日のあなたの人生は、これまであなたが抱いてきた思考と感情の結果である。あなたの未来は今日、あなたが立っている視点によって生み出される。

この言葉を信じて、ちょっとだけ実験してみましょう。
自分の感情をコントロールして、視点を変えるのです。
焦点を当てる対象を今までとは変えて
自分の未来を明るい気分でデザインしてみましょう。

あなたが望む対象に焦点を定め、「引き寄せの法則」によって似たような思考がどんどん引き寄せられると、あなたの感情はますます明るく肯定的になる。だから対象への関心を増やせば、創造のスピードを速めることができる。あとは「引き寄せの法則」が働いて、あなたの思考の対象のエッセンスを引き寄せてくれる。わたしたちは「欲する」とか「望む」という言葉を、「ある対象に関心あるいは思考を向け、同時に明るい前向きの感情を体験する」という意味で使うことにする。ある対象に関心を向け、そのことに明るい前向きな感情だけを覚えるなら、その対象はすぐにあなたの経験のなかに現れるだろう。

「ある対象に関心を向け、そのことに明るい前向きな感情だけを覚えるなら、
その対象はすぐにあなたの経験のなかに現れるだろう」
というルールに
一度気づいたら、もうこれで大丈夫です。
1日の多くの時間を明るい感情で過ごせるようになります。
自分の感情を上手にコントロールできるようになると
満足感が高まり、幸せでいられるのです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
  

photo credit: ⊙△⊙ via photopin cc

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る