成功を「細かい技の連続」ととらえる考えが重要です。(ジョン・C・マクスウェル)

スクリーンショット 2016-01-03 21.19.49
5分でもよいので、ブログの下書きをしておくと、そのブログを必ずアップしようと努力します。
また、この小さなスタートを朝一にしておくと、その日のうちにブログの更新ができるのです。
このように何かを終わらせたい時には、小さなスタートを切ることが大事なのです。
始めるまでは、本当に気が重たくなりますが
一旦、スタートさえすれば、人は物事をやり遂げようとします。
成功するためには、この「細かい技の連続」ととらえる考え方を身につけ
小さなことから始めることを習慣にしましょう。
たとえ、気分が乗らなくても、始めさえすれば
私たちは次につなげることができるのです。

この他にも、ジョン・C・マクスウェルありきたりの毎日を黄金に変える言葉の中には
良い言葉がたくさん紹介されていて、やる気になれます。
特に、アート・ウィリアムズの「勝率9割の公式」を読むと、努力がつらくなくなります。
一生懸命に努力するだけで、少なくとも世の中の半分の人には勝てるのです。

きわめて簡単なことだからこそ画期的なのです。実際のところ、この公式あるいは原理は、あまりにも誤解されたり見過ごされたりしているため、それだけにわかった人からは「マジック」と呼ばれるのです。さあ、心の準備はできましたか?では、その公式をお教えしましょう。一生懸命に努力することによって、アメリカ国民の50パーセントに勝つことができます。正直で誠実で何かを代表する人間になることによって、さらに40パーセントに勝てます。最後の10パーセントは、自由競争における激しい戦いです。(アート・ウィリアムズ)

日々のブログを継続することで、私は習慣化について語れるようになりました。
毎日、ブログを3本書くことで、自分のポジションを確立できたのです。
ブログを書く頻度を上げることで、私はパーソナルブランドを強化すると同時に
出版や連載など多くの果実を手に入れられたのです。
勝率9割の公式」を信じることで、書くことがより楽しくなりました。

冒頭にも書きましたが、私たち現代人にとって
細かな時間を活用することが重要になってきました。
本書に紹介されているジョン・アースキンのピアノの先生の言葉を読むと
5分の時間術によって、人生を変えられることがわかります。

それじゃ、だめだわ。大人になると、時間というのはまとめて長く取れなくなるものなの。たった数分でも、時間が取れたらいつでも練習しなさい。5分か10分でいいから、学校に行く前や昼食後や、日常の雑用の合間にね。練習を一日の全体に広げていけば、音楽はあなたの生活の一部になるわ.

14歳の時にこのアドバイスをもらったジョン・アースキン
この教えに従って、隙間時間を使って学びます。
彼はジュリアード音楽院の校長やオペラの演出家として活躍するだけでなく
コロンビア大学で文学を教え、なんと45冊の書籍を出版したのです。
彼は大学への通勤中に書籍の執筆をしていたそうです。
私も通勤中にいつもブログや連載記事を書いているので
このジョン・アースキンの実績を読むことで、行動する勇気をもらえました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: Engine Start Button via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る