2016年のダイエット必勝法。太らない体になるためにすぐにやるべき10のリスト+α 

習慣化

40代は筋肉が衰え、代謝は落ちます。仕事も忙しく、寝る時間も短い。睡眠時間が6時間未満だと食欲が増すだけじゃなく、健康リスクも高まります。できれば6時間半は寝てほしい。(石川善樹)

スクリーンショット 2016-01-04 8.18.30
週刊SPA
に、最後のダイエットで有名な石川善樹氏のインテビューが掲載されていました。
私もこの数年で体重が少しづつ増加していたので、昨年の5月にダイエットを開始しました。
このブログでファスティングとグルテンフリーを宣言し
私はわずか3ヶ月で13Kgのダイエットに成功しました。
その後のリバウンドもなく、順調に健康な生活を送れているのも
石川氏の書籍からダイエットを学んだおかげです。

ここ最近、私が意識しているのが、良質な睡眠です。
ミドル世代の健康の敵は間違いなく睡眠不足です。
無理をするとリカバリーに時間がかかり、結局は時間を浪費してしまうのです。
石川氏が指摘するように、確かに睡眠を削ると
食欲が増進し、甘い物を食べたくなります。
睡眠不足はダイエットにもよくないことがわかります。

不規則な生活は生産性を下げ、体調を崩す原因になりますから
できるだけ良質な眠りを確保しましょう。
私は夜早く眠り、朝早く起きることを心がけていますが
この頃は無理をするのをやめています。
早朝の読書や日記も布団の中で行うようにしています。
(極端な早起きをするのはやめて、体を休ませるようにしています。)
体に休息を与えた方が、生産性が上がることに気づいたのです。

普段の習慣の中でやせる工夫をしましょう。例えば、土日の寝だめは厳禁。平日と同じように起床しないと、生活リズムが乱れ、食べすぎや運動不足に繋がります

また、土日もできるだけ普段と同じ生活をするようにしています。
早寝早起きを心がけた方が、気持ちがダラけず、今の私にはよいようです。

体重も和食と野菜中心の食事にしたために、理想の体重をキープしています。
食事のコントロールと軽いエクササイズ、規則正しい生活を送ることで
私は健康な心と体を維持できているのです。

石川氏は今回のSPAの記事の中で、
太らない体になるために即やるべきことリストを10個紹介しています。
どれも大事ですから、ダイエットを始めたい人は、ぜひリストを意識してください。

(1)睡眠を6時間半はとる
(2)土日は平日と同じ時間に起床する
(3)食事は和食中心にシフトする
(4)間食にはナッツやヨーグルトをとる
(5)食間を3~4時間空けない
(6)飲み会の前におにぎりを食べる
(7)階段は駆け上る
(8)最寄り駅から10分遠回りして帰る
(9)デブと付き合わない
(10)ダイエットを宣言する

ここから、私のダイエット法をを少し紹介します・
毎朝、私はナッツやシード類とヨーグルトを摂っています。
基本ランチは食べずに、夜は野菜と和食中心のメニューを食べています。
グルテンフリーの生活を意識し、揚げ物も一切食べなくなりました。
とんかつ屋さんやパン屋さんには近寄らなくなることで
自然と和食のお店に入るようになりました。

また、駅ではエスカレーター、エレベーターを使わなくなり
階段を駆け上がるようにしています。
ジムに行くのではなく、何気ないエクササイズを習慣にすることで
自分の筋肉とやる気を日々鍛えています。

あなたが2016年のダイエットに成功したいなら
今日からこの10のリストを参考にするとよいでしょう。
また、石川氏のサイトのDi理論を参考にするとさらによいと思います
これを活用することで、体重のリバウンドを防げます。
詳細は前回のこのブログをお読みください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Toothpick food via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント