1分間瞑想を習慣化して、幸せな時間を増やそう!

瞑想を実践すると、「EQ(感情調整能力)が高まる」「思いやりが深くなる」と言われますが、それは瞑想によって脳にある「背内側前頭前野」が活性化するからです。この「背内側前頭前野」という領域は、「自分や他人の思考や感情に気づき、理解する能力」を司っているそうです。(吉田昌生)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-21-10-23
吉田昌生
氏の1分間瞑想法書評ブログを続けます。
私たちは瞑想によって、EQを高めることができ、豊かな人間関係を築けます。
瞑想を習慣化することで、以下の2つの恩恵を手に入れられます。
■感情や思考をコントロールしやすくなる
■他人の感情に共感する力が高まり、よい人間関係を築くことができる

私たちは瞑想することで、「自分の感情に気づき、調整する力」と
他人の感情に気づき、共感する力」を高められるのです。
自分の感情をコントロールすることで、私たちは悩まなくなります。
また、他人の気持ちもわかるようになり、共感する力を養えます。
コミュニケーション能力を高めることで
ビジネスやプライベートでの人間関係をよりよくできるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1分間瞑想法 [ 吉田昌生 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/4時点)

瞑想によって、私たちは自分の感情に振り回されなくなります。
自分の思考パターンを変化させることで、嫌な感情を追い出せます。
私たちは無意識のうちに、嫌なことをついつい考えてしまいますが
瞑想でそれに気づくことで、このネガティブな思考を止められるようになるのです。

イヤな思いや感情は、無意識に、自動的に起こります。そして、それに巻き込まれていることに気づいてさえいません。しかし、「気づいた瞬間」に自分と、「思考」や「感情」との間に、少しだけ「スペース」が生まれます。すると、ネガティブな「思考」や「感情」も、少し離れたところから傭撤して見ることができるのです。

瞑想を続けているうちに 「自分が今、何を感じているのか?」
「何を考えているのか?」を、客観的に見ることができるようになります。
自分の思考を自覚することで、感情に振り回されなくなるのです。
瞑想を習慣にすることで、過剰なストレスや悩みの原因を取り除けます。

過去の偏った「モノの見方」によって、過剰にストレスを感じているのなら
見方や思考を変えることで、それらを軽減できます。
うつなどの心の病も瞑想を続けることで、癒やされるのです。
瞑想の効果は脳科学的にも証明され、最近では認知療法の枠組みでも採用され始めています。

見方をポジティブに変えることで、今、すでにある幸せに気づけます、
幸せな気持ちにしっかりとフォーカスし、それを味わうことで、
私たちはより豊かな人生を送れるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
1分間瞑想法の関連記事はこちらから
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: Blue Skyz Studios Yoga on Hollywood Beach via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る