手帳でストレスを乗り越える方法。ズルいほど幸運を引き寄せる 手帳の魔力の書評

過去のストレスを幸せそうに話す人もいますし、今現在起こっているストレスを幸せそうに話す人もいます。そして、そういうズルいほど幸せな人たちは、さらに幸せになっていきます。(春明力)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-14-19-48
春明力
氏のズルいほど幸運を引き寄せる 手帳の魔力を読んでいて
ストレスを味方にするためのヒントを見つけました。
著者の春明氏は幸せな人たちには、共通点があると指摘しています。
彼らはストレスを「ストレス」として見るのではなく
ストレスを「幸運を引き寄せるタネ」として見ているのです。
ストレスを人生を「良くなるためのサイン」だと考えることで
自分の思考と行動をポジティブに変えられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/ズルいほど幸運を引き寄せる手帳の魔力/春明力
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)

本書にはストレスと上手に付き合う方法が紹介されてます。
ストレスを感じたら、それを手帳に書き出してみるのです。
書き出して、客観的に見ることで、たいしたことに思えなくなります。

手帳に書き出したストレスを、客観的に見てみると、そんなに苦しむことじゃない場合があります。「ひどい言葉を言われた」と悩んでいた人が、手帳にその言葉を書き出してみると、意外とたいしたことがないことに気がつく。「ひどい失敗をした」と悩んでいた人も、手帳にその出来事を書き出してみると、たいした失敗じゃないことに気がつく。そんなことがよく起こります。

自分の心理状態が落ち込んでいれば、物事が余計に悪く見えたりします。
書き出すことで、気持ちが落ち着くこともありますから
嫌なことがあったら、それを冷静に整理してみるのです。

著者は自分のストレスを理解すると、行動を変えられると言います。
ストレスを感じることを見つけることで、対処法が見えてきます。
何がストレスなのかを?しっかり把握し
自分の行動を改善したり、やらないことを決めればよいのです。
睡眠不足がストレスの原因になっていれば、早寝早起きを心がけましょう。
対人関係で悩んでいたら、相手に感謝できることを探してみるのもよいでしょう。

ストレスを感じたときに、それをラッキーだと思って笑うことで
ストレスが怖くなくなります。
自分を客観視して、ストレスを小さくすることで
私たちはレジリエンスを鍛えることができます。
過去のストレスを振り返り、たいしたことではないと思えるようになると
同じようなトラブルを乗り越えられようになります。
やがてはストレスが自分を変えるための
幸福のタネに思えてくるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: anieto2k 6/52³: Estrés / Stress via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました