仕事の生産性が高い人は、自分の強みを活かす人。

習慣化

「強み」を活かした仕事をしている人たちは、週に40時間、質の高い時間を過ごしていました。「強み」を活かせない仕事をしている人が元気に働けるのは、週に20時間まででした。また、「強み」を活かした仕事をしている人たちは、強みを活かしていない人たちに比べて、仕事にエンゲージしている確率は6倍、人生満足度が高い確率は 3倍以上にのぼりました。(トム・ラス)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-17-33-47
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
トム・ラス元気は、ためられるを読むと
自分の強みを見つけ、それを磨くことが大事だとわかります。
「強み」を活かした仕事をしている人たちは
他の人に比べ、はるかに生産性の高い仕事をしています。
彼らは人生にも満足していますし、仕事に対してのエンゲージ率も高くなっています。
仕事に強みを活かしている人は、人生をエンジョイしている幸福な人たちなのです。

また、人を雇用する際も、強みを持った人を採用したほうがよいことがわかります。
ジェネラリストばかりではなく、スペシャリストを採用し
彼らの強みを活かすことが、企業を成長させる原動力になるのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/元気は、ためられる/トム・ラス/坂東智子
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/9/9時点) 

もしあなたが、なんでも上手になることに人生の大半を費やしているなら、1つのことをとても上手になるチャンスをつぶしています。それでは、二流止まりの分野が増えるだけです。強みを活かせるかどうかは、時間の割り振り方で決まります。1時間を使うなら、才能のある分野に使ったほうが、弱点を直すことに使うより、はるかに大きな成果を得られます。弱点を直すことに時間を使うのは、重力に逆らうようなものなのです。ところがたくさんの人が、弱点を直せば多才な人間になれると期待して、それに何年、何十年も費やしています。

人生を変えたいのなら、時間の使い方を変えるのが早道です。
なんでもやってみるのではなく、自分の強みを磨くことに時間をかけるべきです。
弱点にフォーカスするのではなく、強みを伸ばすことを意識するのです。

自分が好きな分野、才能のある分野に時間を費やしましょう!
ここでピーター・ドラッカーの以下の名言を思い出しました。

成果をあげるエグゼクティブは、人間の強みを生かす。彼らは弱みを中心に据えてはならないことを知っている。成果を上げるには、利用できるかぎりの強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自分自身の強み、を使わなければならない。強みこそが機会である。強みを生かすことが、組織の特有の目的である

強みこそが機会であると信じて、そこに全力を傾けるのです。
何事かを成し遂げるためには、強みを活かすことしかありません。
私たちは、弱みによって何かを行うことはできませんから
無駄な作業には極力、時間を使わないよういしましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
トム・ラスの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: 20160413_180544-01 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント