「やめる」リスト、NotToDoリストを書くと、自分を本気で変えたくなります。

習慣化

「これからの時間をどう使うか」のほうが、ずっと大事。(水口和彦)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-11-00-55
photo credit: Nikon Ranger STOP via photopin (license)

私は自分の人生を大切に生きようと決め、10年前の44歳の時に大きな決断をしました。
40代後半からの人生をどう生きるかを徹底的に考えたのです。
その際、私は自分の「やめる」リスト、「NotToDo」リストを作ることにしました。
その一番最初に、断酒と大きく書いたことを今でも覚えています。
(当時の私はアルコール依存症でお酒に時間を支配されていました。)
夜更かしをやめる、浪費をしないなどもリストに書いて
自分のライフスタイルを改善していくことにしたのです。

多くの人はやりたいことリストや夢リストを書きますが
実は「やめる」リスト、「NotToDo」リストを書くことも同時にすべきです。
これで、自分の時間を見直せ、夢の実現のための時間を確保できます。
時間、お金、友達の3軸で「NotToDo」リストを作ると自分の人生の棚卸ができます。
みんながやっているからやるという発想では、自分の人生を生きられません。
みんながやっているから、私はやらないという逆張り思考をとってみたのです。

断酒することを決め、リストを書き始めたら、自分の悪い習慣がたくさん見つかりました。
不健康な食事、ルーズな時間管理、感情をコントロールできないなど
自分の欠点が次々見つかったのです。
時間泥棒をしない!怒らない!とリストに書くことで
自分のダメな点に気づけ、そこにフォーカスできました。
それを日々見返すことで、悪い習慣を良い習慣に置き換えられるようになったのです。

今でも夢リストを書く際に、「NotToDo」リストも見直しています。
自分のルールを強化することで、夢を叶えるための時間を持てるようになります。
最近は、私の中で無理をしないがキーワードになっています。
(ただ働くのが好きなので、ここはまだまだです!)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リストマニアになろう! [ ポーラ・リッツォ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/1時点) 

今では104歳まで生きると決めたので、やらないことが以前より増えました。
特に、自分の健康には留意しています。
ジャンクフードは食べない!
コンビニに近寄らない、無駄遣いしない!
薬には頼らない!
小麦を食べない!
コーヒーを飲み過ぎない!
夜は無理して働かない!
衝動買いをしない!(私の浪費はこれが原因です)
エレベーター、エスカレーターになるべく乗らない!など
自分を良くするためにいくつものリストを追加しています。

感情が乱れると熟睡できないので
他者と比較しないなども最近リストに付け加えました。
ソーシャルメディアを見すぎると周りを意識しすぎるので
Facebookの滞在時間も減らしています。
ネガティブな投稿や記事を読まないようにすることで、自分のための時間を増やせます。
当然、ネガティブな人と付き合わないことも大事です。
彼らの愚痴や妬みのパワーに影響を受けると、自分のモチベーションを下げてしまいます。

「やめる」リスト、「NotToDo」リストを書くと今の自分のダメさ加減がわかります。
この時間を持つことで、自分を本気で変えたくなります。
ぜひ、夢リストを書く時に、こちらも書いてみてください!

今日もお読みいただき、ありがとうござました。

 ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: Thank you with stars via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. 北斗一誠 より:

    私はやりたいことをやる時間を増やすために、
    「NotToDo」リストを作ってみたいと思います。
    素晴らしいアイデア、ありがとうございます。