自分にとって大切なものは何なのか、普段から自分に言い聞かせていないと、周囲の人や出来事に注意力を奪われ、目標をすっかり忘れて日々を過ごしてしまうのだ。(スティーヴ・チャンドラー)


photo credit: Steve Walser Dialed In via photopin (license)

絶えず自分の目標を意識する!

自分にとって大切なものは何なのか?を忘れないために
私はいつも逆算手帳と夢リストで確認しています。
普段から目標をしっかり意識しないと
目先のタスクに時間を費やすばかりで、夢の実現が遠のきます。
情報化社会に生きている私たち現代人は
絶えずTVやiPhoneなどに時間を吸い取られています。
これを避けるためには、しつこいくらいの目標の確認が必要になります。

スティーヴ・チャンドラーの夢実現のメソッドがとても参考になるので
今日はそちらを紹介したいと思います。

私は、1日の始めに、真っ白い紙に4つの円を描く。4つの円は、それぞれ「私の1日」、「私のーカ月」、「私の1年」、「私の一生」を表している。私は、それぞれの円に、自分が手に入れたいものを書き込んでいく。書き込むことは昨日と今日で変わってもかまわない。このエクササイズでは何をやっても正解だ。

短期、中期、長期の目標を書き出し、それにフォーカスすることで行動が変わります。
スティーヴは、目標を明確にし、書か出すことで
飛行機のパイロットになった気分を味わえると書いています。
目標を書くのは、パイロットがフライト前に地図を確認するようなものなのです。
地図を見て、これから向かう場所を自分自身に言い聞かせるのです。
日々の生活では、ほとんどの人が地図を確認せずに離陸しています。
これは目的地を決めずに飛び立つようなものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分を変える89の方法 [ スティーヴ・チャンドラー ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/3/28時点) 

朝一に目標を書き出すことを習慣にしよう!

スティーヴの「4つの円」の方法なら、短時間で書き出します。
私も毎朝、長期の目標と今日の目標を書き出していますが
ほぼ10分でリストは完成します。
目標を日々確認することで、潜在意識にやるべきことが刷り込まれます。

また、同時にアウトプットを意識すると、夢の実現スピードが加速します。
夢を周りの人に話したり、ブログに書くことで
仲間のサポートを得られます。
自分の目標を明確にしたり、人に話すことで
意識がそこにフォーカスされ、達成のためのヒントや解決策が見つかります。
ヒント付きの地図を見ながら行動すると
驚くほど短期間で夢が叶っていくのです。
絶えず、目標を意識していると
ラジオの番組や、街の景色、仲間との雑談などから
夢を叶えるためのヒントが、突然見つかります。
このセレンディピティの力が夢を叶える原動力になります。

私も数年前に著者になる、海外で起業するなどの目標をリストに書き出しました。
それを毎日見返すことで、自分の意識と行動を変えられたのです。
目標にフォーカスすることで、人や情報が引き寄せられてきます。
それらがつながることで実現のエネルギーとなり、夢がいくつも叶いました。
わずか数年で著者や起業家になれただけでなく
大小様々な夢が次々に叶うようになったのです。

まとめ

自分の夢や目標を忘れないような仕掛けを作りましょう。
人は自分の目標を自分や周りに向かって、宣伝しなければなりません。
自分の意識と行動を変えると同時に潜在意識の力を借りることで
目標達成のためのヒントや解決策を見つけられます。
あとはヒント付きの地図を見ながら、行動すればよいのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
参考図書 自分を変える89の方法スティーヴ・チャンドラー著)

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る