Get found! 見つけてもらえないと意味が無い時代の10のルール

書籍インバウンド・マーケティングで書かれていたことで
最も、私の中に刷り込まれたワードが「Get found」です。
インターネット&ソーシャルメディア時代の情報大爆発の現代では
顧客やファンに見つけてもらわないと、企業や個人は存在しないのと同じという
恐ろしい時代になってきています。
逆に、ソーシャルメディアを積極的に利用することで
あなたは他の同士から見つけてもらえる確率が高まり
ソーシャル&リアルでコミュニケーションすることが
どんどんできるようになっていきます。


10  RULES OF GET FOUND!
今日は、「Get found」してもらうために
最近私が意識して努力している「10のルール」をまとめてみました。


1、ブログ等のコンテンツで他者の課題解決になるような情報発信をして
同士からまずは、見つけてもらう。
ソーシャルメディア時代はコンテンツ発信で興味関心領域が同じ同士から
見つけてもらうことが可能な時代です。
人が役立つ情報をどんどん積極発信して、パートナー同士に見つけてもらいましょう。
また、興味関心領域の同じパートナー(同士)をソーシャルメディアを使って
フォロー&交流していきましょう。
その際に、検索でも見つけてもらえる「ブログ」は
同士との交流の入り口となる超重要メディアです。


2、自分のアクションや考えを出来る限りオープンにする。
自分とな誰か?何を考えているかを知っていただくために
ソーシャルメディアでオープン可能な情報は出来るだけ発信して行きましょう。
書籍や音楽、レストラン情報等も人には役立つ立派な情報です。


3、twitter FB G+などのコンタクトポイントを多様化して
「Get found!」の確率を高める。
G+なども加えて、いろいろなソーシャルメディアで情報発信して、
パートナー(同士)との出会いのチャンスを
高めましょう。


4、継続、一度始めたら止めない。
日々更新して行くことは、自分の情報量をアップさせないと不可能です。
人に役立つ情報をアウトプットことを考えるとインプットへの姿勢が変化して
情報収集力が信じられないぐらいアップします。

5、オフ会等リアルの勉強会を実施して、パートナー(同士)に会うチャンスを作る。
出会いを通じて強力なパートナー(同士)を見つけ、交流を深める。
リアルで同士に会うと、より関係強化が図れます。
ソーシャルで出会い、リアルで交流して、ソーシャルで日々情報交換する。
この関係強化のプログラムはソーシャルメディア時代に生きるバリューだよ思います。
関心領域が同じパートナー(同士)と勉強会やオフ会を開くのはお勧めです。


6、パートナー(同士)は日本だけではなく、ワルードワイドに広げてみる。
折角、ソーシャルメディアで世界に開かれているのですから、海外のアカウントも
積極的にフォーローしてコミュニケーションしていきましょう!


7、パートナー(同士)に役立つ最新情報を日々発信する。
パートナー(同士)の顔を思い浮かべてみて、誰かが喜ぶ情報発信を心がけると
少なくとも自分をハッピーに出来ます。


8、コンテキストを意識して、コンテンツ発信力をアップする。
特にブログでは、自分の専門領域のコンテキストで情報発信した方がよいと思います。
私の場合はソーシャルメディアやセルフブランディングの情報発信を中心にしています。

9、他の人とは違う情報発信を心がける。
自分らしい、他者とは違う土俵作りが大事だと思います。

10、見つけてもらうためのネーミング作りとそれを徹底活用する。
自分らしいネーミングやニックネーム、ブログタイトルも大事だと思います。
私の場合は「ソーシャルおじさん」というブランドを徹底活用しています。
リアルでお会いした方には、ソーシャルおじさんで検索ください、
私のブログが読めますよという感じで「ソーシャルおじさん」ブランドを利用しています。

以上『「Get found」見つけてもらえないと意味が無い時代の10のルール』
書きましたが、「Get found」してもらうことで、新しい出会いやビジネスが
デザイン出来る時代が、今のソーシャルメディア時代なのです。
詳細は書籍インバウンド・マーケティングをお読みください。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました