電子書籍のプライスダウンが始まるアメリカ、日本の電子書籍は?

ブログ

今朝の日経新聞にもこの記事が掲載されていたので
読まれた方も多かったのではないでしょうか? 
『米電子書籍に「廉価版」1冊1ドル、数時間で読破』というタイトルの記事は
アメリカの電子書籍業界の状況を教えてくれています。

記事によると、アメリカでは数時間で読めるオリジナル電子書籍「イーシングル」
台頭しているそうです。価格は1冊=1ドル弱からで
通常の電子書籍(10ドル前後)より格段に安いことがヒットの理由です。

ブームの仕掛け人はBylinerAmazonのKindle Single
アメリカの書籍マーケットの130億$のうち
約30%以上が電子書籍が占めるようになってきて
新しいサービスが続々展開されていて、ユーザーからも支持されてます。

日経の記事の中でジョン・テイマン(John Tayman)最高経営責任者は
イーシングルが人気を集める理由を説明しています。

「映画などが2時間程度で完結するのに対し
書籍は読み終えるのに何日もかかることもある。」

テイマン氏は「忙しい現代人には時代遅れ」と言いきっています。

実際、Bylinerのデジタル書籍は、通常わずか60ページ程度で。
KIndleやiPadで読みやすい設計になっていて
読者が短時間でコンテンツを読み終えてしまえる分量です。

忙しい現代人の時間の奪い合いが本当に始まっていますね。
私なども書籍は大好きなのですが、
iPhoneやiPadでのソーシャルメディアでの情報収集、発信に
自分の時間を使われはじめ、意識して読書の時間を作らないと
書籍を読めなくなってきます。
本好きの私などでも、この状況ですから
普通の方の読書時間は減少しているのではないでしょうか?
出版社のマーケティング担当者にとって
紙でも電子でも書籍を読ませる仕掛けが、大事だと思います。
日本の出版社には他の産業との時間争奪戦が始まっているという
意識が薄いのではと心配になってきます。

アメリカの格安電子書籍「イーシングル」の動きを日本の出版社も研究して
読みやすく、面白いコンテンツをリリースしてもらえるとうれしいです。
現状の日本の電子書籍のタイトルはお寒い状態が続いています。
例えば、雑誌社などは記事単位での配信をもっと積極的に行えば
新たなマーケットを生み出せるのではないでしょうか?

日本の出版社、特に雑誌社には隠れた資産が相当眠っている気がします。
是非、アクティブに「イーシングル」マーケットにチャレンジする出版社が
日本でも出てきてくれるとうれしいですね。
 
Follow Me on Pinterest 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

Loading Facebook Comments ...

コメント