快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない。 #断酒

快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない。
ジョン・D・ロックフェラーの言葉のおかげで
断酒ができたと言っても過言ではありません。

断酒を決めた7年前、お酒を毎日飲みたくて仕方がありませんでした。
ひたすら、口の乾きをコーヒーやサンペレグリノを飲んで我慢していました。
夜の食事は一人で摂るようにして、飲み仲間との交流を断ち
アルコールを自分から遠ざける努力をしたのです。
私にとってはお酒は快楽で、気持ちを昂らせてくれる不思議なドリンクでした。
いつも楽しい時間を過ごせたのですが、楽しさはその時だけで終わり
結局はそれが時間のムダ遣いに繋がり、私を成功から阻害させていたのです。

何度かお酒をやめようと思ったのですが、いつも中途半端に終わり
三週間も経つともとに戻ってしまうのです。
これでは駄目だと思い、7年前は完全に断ち切ることを決め
断酒宣言をして、アルコールから離れる生活を始めました。
毎日、お酒を飲まないとを決め、コツコツと継続したのです。

そして、そのときに目に飛び込んできたのが、冒頭のロックフェラーの言葉です。
快楽におぼれる人生ほどつまらない生活はないという言葉を
頭に徹底的に刷り込み、毎日コツコツとお酒のない生活を続けたのです。

お酒を飲まない=素面=頭がいつもクリアな状態が続く中で
私は多くの自分時間を手に入れることができたのです。
そのときに自分を精神的に高めることを多くの人から学んだのです。
コーチングを受けたり、読者会や朝活に参加する中で
今までとは違うコミュニティの方々からいろいろなアドバイスを受けました。
それらは私にはとても新鮮で、たくさんの気付きを貰えたのです!

お酒を飲んでいる時の会話も楽しかったのですが、それらは刹那的でした。
朝早く起きてポジティブに生きている人たちの言葉が、私にとっては新鮮でした。
また、自分を良い方向に導いてくれるコーチングを受けることで
自分の短所を長所に置き換える技術も学べました。
自分の長所をしっかり自覚することで余裕が生まれ
他者も認められるようになったのです。

断酒することで素面になった私は、多くの考える時間と
今までとは違うコミュニティの人と交流するチャンスを手に入れました。
人とのコミュニケーションから自分の長所が見つかり
それを武器にしながら、アウトプットを始めることができたのです。
断酒によって、自分を見つめ直せたおかげで
ソーシャルおじさんという今の私が形作られたのだと最近では思っています。

私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。
成功の秘訣は、あたりまえのことを、特別上手にすることだ。
(ジョン・D・ロックフェラー) 

ロックフェラーが言うように
小さな事をコツコツと努力することが大切だと思えるようになったのです。
断酒とブログをコツコツ続けることで、あたりまえの重要性を認識できたのです。



Photo Credit

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント