ネガティブな思考を言葉で治す方法。 #習慣化

これまでダメだったからといって、それは今日これからすることとは無関係だ。今日することが明日からの運命を形づくる。(アンソニー・ロビンズ) 

ネガティブ思考から抜け出すためには
ポジティブ言葉を積極的に使うとよいと思います。
これはあのアンソニー・ロビンズも活用している方法です。
ネガティブな言葉を使わないように心掛け
ポジティブな言葉に言い換えて、行動を起こすようにしてみましょう。

■眠い→早起きして、気持ちの良い朝を楽しもう。
■難しそうだ!→これはチャレンジだ。
■失敗したのは自分のせい。→失敗できたのもチャレンジしたおかげ。
■大きな敗北→成長材料をもらった!
■明日やればよい→今、5分だけやっておこう。
■◯◯したいけれど→今、◯◯して、その後で考えよう!!

とにかく、言葉にはパワーがあります。
この言葉のパワーを使うことで、自分をコントロールできるようになります。
言い方を換えることで自らの感じ方も変わり、感情も変わり始めます。
良い言葉は良い波動を呼びこみますから
悪い言葉は言い換えたり、逆の表現を試みることで
自分の周りの空気を変えられます!

言葉をポジティブに言い換えることで、脳は解決策を考え始めます。
ポジティブな言葉とよい質問を繰り返すことで
やる気のスイッチがオンできるのです。
「行動をしたい」ならば、「行動して夢を実現したい!」と言い換えてみましょう。
「明日ブログを書けば良い」と思ったら
「今日、ブログを書いて、出版に一歩近づこう」と言ってみるのです。
それによって、先延ばししようと思った気持ちをなくせます。
夢のイメージを脳が持つことで、行動を起こそうという気になるのです。

今日もブログを書けたのも、このイメージのおかげです。
言い訳や先延ばしなどネガティブな感情が浮かんだら
自分の夢を思い出し、ポジティブな言葉にしてみましょう。
これで、行動を起こせるようになります。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
  
Photo credit

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント